キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志で人気の陸遜の経歴を振り返ってみよう!

陸遜




陸遜

 

三国志の中でも謎めいた美青年として登場する「陸遜(りくそん)」は、

兵法に通じており、魅力ある人物です。

 

シュミレーションゲームでは、容姿端麗で、

武力もあり、知力・政治力・統率力・魅力共に一級品です。

どんな場面でも活躍できるのが陸遜(りくそん)なのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜が赤壁の戦いに参加したらどうなっていた?【if三国志】

関連記事:陸遜はなんで改名をしたの?陸議と魏書では記載されているイケメン陸遜の改名に迫る

 

 

孫氏と陸氏の因縁

ミカンを投げられる陸遜

 

陸遜の名前が初めて登場するのが、袁術(えんじゅつ)と陸康(りくこう)の戦いの時です。

もともと友好関係にあった両者でしたが、

袁術(えんじゅつ)からの兵糧の援助を断り、敵対関係になってしまったのです。

 

陸康(りくこう)は、一族の血を守るために親戚縁者の一部を故郷の呉郡に帰すことに決めます。

その際、一族を率いたのが陸遜でした。

 

陸遜は幼い頃に父を失い、同族の陸康のもとに仕えていましたから、

陸氏の当主の血筋ではないのですが、

陸康の子の陸績(りくせき)が若かったために、陸遜が取りまとめ役となったのです。

 

そんな陸康の城を包囲し、落城させたのが、袁術の先鋒役だった孫策(そんさく)でした。

陸康は落城後に病没しています。

 

 

呉郡を孫氏が支配する

孫策

 

その後、長江を渡り、呉郡にも孫策の軍勢が攻めてきます。

当時、江東の大勢力は劉繇(りゅうよう)でしたが、

孫策の進撃を食い止めることができず、揚州一帯は孫策に制圧されてしまいます。

 

呉郡の太守だったのは許貢(きょこう)ですが、

孫策をこのまま放置するとたいへんな脅威になると考え、朝廷に訴え出ました。

その密書を孫策が手にいれ、許貢は処刑されてしまいます。

 

すると、許貢の子や食客が、父の仇を討つべく、孫策の暗殺を画策。孫策は襲撃され、

その傷がもとで、わずか26歳という若さで病没してしまうことになるのです。

 

孫策の跡を継いだのは、弟の孫権でした。こちらは18歳です。

呉郡の四姓という異名を持つほどの有力豪族だった陸遜は、

この時になって初めて孫氏に仕えることになります

陸遜21歳の頃の話です。

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

順調に出世し、孫策の娘を正妻とする

孫策の娘を正妻とする

 

陸遜は県政を取り仕切り、その施策で干ばつに苦しむ県を救い、

山越族を討伐し、兵として吸収していくやり方で大きな功績をあげていきます。

 

陸遜の才能を認めた孫権(そんけん)は、兄・孫策の娘を陸遜に嫁がせます。

これにより、憎しみあっていた陸氏と孫氏は、固い絆で結ばれることになったのです。

 

孫権にとっては自らの地盤を固める意味合いもあったのでしょう。

陸遜と孫策の娘の間に生まれた子が、後に父の汚名を晴らし、

呉の大国柱となる陸抗(りくこう)になります。

 

総指揮官としての才能を開花

総指揮官としての才能を開花した孫策

 

陸遜の名を広く知らしめたのが、222年の「夷陵の戦い」です

関羽(かんう)を失い、領土であった荊州を奪われた蜀の劉備は(りゅうび)、

その恥辱を雪ぐため、主力を率いて孫権の領土に侵攻してきました。

 

周瑜(しゅうゆ)も亡く、魯粛(ろしゅく)も呂蒙(りょもう)も亡くなった状態で、

この迎撃の総司令官に任じられたのが陸遜です。

陸遜は勇み立つ味方を抑え続け、ワンチャンスで劉備を火計でもって撃退しました。

 

劉備は数万の兵を失い、失意の中、白帝城で病没します。

孫権はこの功績を称え、陸遜に輔国将軍の称号を与え、

荊州の牧に任じ、江陵侯に封じました。大出世です。

 

元祖・二刀流

元祖・二刀流の陸遜

 

陸遜はその後、魏の侵攻も防ぎ、孫権から絶大な信頼を受けることになります。

そして、荊州の最前線で軍部の総司令官をしながら、

さらに国政にも大きな影響力を持つ丞相の地位にまでのぼりつめていきます

 

軍事・国政の両方を取り仕切ったのです。

まさに元祖二刀流の活躍ぶりですね。

 

蜀の中心人物である諸葛孔明(しょかつこうめい)とまったく同じような存在感です。

陸遜がいる限り、呉が揺らぐことはないだろうと考えらえていたはずです

 

三国志ライターろひもとの独り言

三国志ライターろひもとの独り言

 

しかし最終的には、老害に侵された孫権の後継者争いに巻き込まれ、憤死することになります。

孫氏が呉郡に確かな根を張り、皇帝にまでなれたのは、

まさに陸遜がいたから可能だったのではないでしょうか。

 

三国志正史を記した陳寿は、陸遜を「社稷の臣」と評価しています。

類まれなる才能を発揮し、最期まで忠義を貫いた陸遜を悪く言う人は少ないでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫堅時代に陸遜がタイムスリップをしたら孫堅にどんな助言をする?【if三国志】

関連記事:陸遜の逸話を紹介!さらに陸遜のことが好きになる!

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操 【典韋vs許褚】曹操護衛隊隊長のナンバーワン決定戦!!
  2. 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!
  3. 荀彧 【官渡決戦間近】曹操軍の陣中で慎重論と積極論を進言をしていた代表…
  4. 五斗米道(はじめての三国志) もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だっ…
  5. 楊貴妃 楊貴妃と玄宗が愛を育んだ温泉地華清池によかミカンが行ってみた
  6. 絶世美女 貂蝉 三國無双では女性が戦闘しているが本当に史実でも戦っていたの?
  7. 陸遜 陸遜はどんな性格だったの?大都督の時代と晩年時代の性格
  8. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮 【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみで…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 司馬懿と魏延
  2. 弩(ど)を発射させる蜀兵士達
  3. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  4. 蜀の馬超
  5. 孫皓に対して戒めの手紙を書く陸抗(りくこう)
  6. 項羽と劉邦
  7. 責められる陸遜
  8. 孔子の弟子であり文学が得意な子夏
  9. 織田信長

おすすめ記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十七話「消された種子島」の見どころ紹介 おんな城主 直虎
  2. 【告知】諸葛亮孔明 VS 韓信夢の対決実現!前夜祭の両者インタビュー
  3. 豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗殺者 はじめての三国志 画像準備中
  4. 曹洪の手紙が美文のお手本『文選』に載っていた!しかしその実態は…!
  5. 【三国志ライター黒田廉が行く】始皇帝と大兵馬俑から始皇帝がおこなった政策を覗いてみたよ
  6. 【袁術特集】孫家に吸収された袁術の子孫たちはどうなったの?

三國志雑学

  1. 孔明
  2. 曹丕と曹操
  3. 朝まで三国志 劉備
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 船冒険する諸葛直 船
  2. キングダムの王騎
  3. 真田丸
  4. 城の前を掃除する孔明
  5. 鎌倉時代の侍
  6. スーパーDr華佗

おすすめ記事

【春秋左氏伝】まるで孫子!曹劌(そうけい)の戦車戦の神采配 騎射の術に長けた騎馬兵士 中華十弓は実在したの?仁淡兄弟は中華十弓に入れるの? おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ」の見どころ紹介 司馬懿 民話に出てくる司馬懿がまるで昔話のいじわる爺さんレベル! 成廉、魏越、呂布 僕陽の戦いで見る八健将(はちけんしょう)の実力に迫る! 程普 程普(ていふ)ってどんな人?孫家三代に仕え、数々の戦を戦った孫呉の重鎮 三国天武とはどんなアプリゲーム? 龐統と的盧 的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP