魏延の戦績はほぼ無敗?三国志での魏延の輝かしい戦績を紹介


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

蜀の魏延

 

一貫して忠義に厚い武将の魏延(ぎえん)

魏延の戦績という面では、どんな成果を上げていたのでしょうか。

時系列で見ていきましょう。

 

自称・皇帝
当記事は、
「魏延 戦績」
「魏延 最強」
「魏延 功績」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魏延への嫌がらせ人事に込められた諸葛亮の愛

関連記事:魏延がいれば陳倉の戦いは勝てた?それとも負けた?史実の北伐を解説

 


 

魏延対韓玄戦:勝ち

韓玄(かんげん)

 

魏延(ぎえん)の戦歴は自らのボスを「斬る」ことから始まります。韓玄(かんげん
)
長沙(ちょうさ)のボスで魏延は友達の黄忠(こうちゅう)を救うために殺しています。理由は敵の関羽(かんう)との戦いにありました。

 

五虎大将軍の黄忠

 

韓玄は黄忠に「内通の疑い」がかかったためです。ボスのいなくなった長沙の地は魏延の手によって蜀のものとなります。これを機に魏延は曹操(そうそう)派から劉備(りゅうび)派に寝返るのです。

 


 

魏延対劉璋戦:引き分け

劉璋(りゅうしょう)

 

劉璋(りゅうしょう
)
は新しいボス・劉備(りゅうび)の親戚です。そのためボスには開戦の口実が必要でした。あの赤壁の戦い(せきへきのたたかい)で調子に乗ったボスは親戚のいる益州攻略(えきしゅうこうりゃく)に乗り出します。

 

ある日、魏延のボスは劉璋に兵糧(ひょうろう
)
を送るよう頼みました。同盟を組んでいた孫権(そんけん)から助けを求められたためです。しかし、劉璋の送った兵や物資は半分しかありませんでした。次第にボスは劉璋を疑い出します。

 

そこで事件が起きるのです。

 

張松

 

劉備の暗殺計画が劉璋に漏れ、スパイの「張松(ちょうしょう
)
」が殺されます。まもなく成都(せいと)を攻める魏延たちですが、魏延は抜け駆けをします。そこを黄忠に助けられ、戦のあとで処罰されかけるのです。

 

よりによって、長沙で助けたと思っていた黄忠にです。しかし、ボスは武将を打ち取ったことを根拠に魏延を救っています。まさに魏延のボスに対する忠誠心が命を救ったのでした。

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝


 

魏延対孟獲戦:勝ち

孟獲

 

(しょく)が現在の雲南省(うんなんしょう
)
に出兵したときのストーリーです。この戦いでは諸葛亮(しょかつりょう)の策に魏延が従ったことで勝ちを得ました。

 

朶思大王、孟獲

 

おそらく実直な魏延は策を嫌っていたのでしょう。孟獲(もうかく)軍は右サイドを攻めると魏延軍は左サイドを攻めるという逆をつく戦法でした。

 

魏延と孔明

 

ところが、孟獲軍は智謀知略には長けていませんでしたから、最後には退散します。いわば魏延と諸葛亮の共同ミッションが成功した形になりました。

 

魏延対兀突骨戦:勝ち

兀突骨

 

象にまたがって攻めてくる兀突骨(ごつとつこつ
)
軍。鎧には刀も矢も通じません。

 

秘密は油を塗った藤のツルで編んだ鎧でした。油で湿らせた鎧であれば、火攻めにすればよいと見抜いた諸葛亮。魏延にアドバイスを授け、地雷を使って殲滅させます。ここでも魏延と諸葛亮の連携プレーが光りました。

 

3勝目の獲得です。


  

 

 

魏延対張郃戦:引き分け

やらかす諸葛亮孔明

 

ここでは諸葛亮が失態を犯します。

 

張郃(ちょうこう)討伐には豪傑・魏延を当てるべきという仲間のすすめを絶って、馬謖(ばしょく)を立てます。案の定、馬謖は敗れ、魏延に助けられるという形で戦は幕を閉じます。

 

張コウ 張郃

 

これによって天水、南安、安定の地が曹操の手に落ちます。

 

馬謖の失敗に嘆く孔明

 

「泣いて馬謖を切る」のことわざが誕生した瞬間でした。名言の影に魏延ありです。

 

泣いて馬謖を斬る諸葛亮

 

蜀軍の規律を維持するため、諸葛亮は救出された馬謖をやむなく斬るのです。

 

魏延対王双戦:勝ち

 

王双(おうそう)は曹操サイド。対張郃戦の流れで曹操軍は蜀軍を追いかけます。

 

蜀の魏延

 

「深追いはするな」とはよくいったもので、王双は追撃によって魏延に殺されます。諸葛亮の策があっての成功ですが、曹操軍の勢いを止めることになります。

魏延が討ち取っていなければ、蜀はもっと早く滅びていたでしょう。

 

魏延対馬岱戦:負け

負けた魏延

 

魏延の最期はあっけないものでした。諸葛亮は死の間際にあって魏延以外の武将を枕元に集めます。

 

楊儀と魏延

 

もし、魏延が「楊儀(ようぎ)」に従わない場合は五丈原の戦い(ごじょうげんのたたかい
)
から撤退するように言い渡すのです。まさか死んだ後も諸葛亮の手の上で踊らされるとは思わなかったのでしょう。

 

仲間の急な撤退に疑念を抱いた魏延は撤退専用の端を壊してしまいます。今こそ攻めるときだと……。しかし、楊儀は別ルートで退避。追いついた魏延に向かって、楊儀は「漢中を譲る」と誘い、油断させます。

 

「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱

 

背後にはチャンスを待つ馬岱。罠にまんまとかかった魏延は、ここで命を落とします。

 

楊儀

 

さて、気になるのは楊儀の命運。

 

蒋琬(しょうえん)に諸葛亮の後継の座を奪われると地位を平民に落とされ、流罪となります。最後は自ら命を絶つのでした。

 

関連関連:魏延の死因は占い師が予言していた?魏延の最期と死因を分かりやすく解説

関連関連:魏延と楊儀は火と水!相性最悪な二人の末路

 

三国志ライター 上海くじらの独り言

三国志ライター 上海くじら

 

4勝1敗2分け、というのが魏延の戦績です。

 

人によっては違った評価をすることもあるでしょう。しかし、ときは戦乱。

負けは「死」を意味するのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もしも、諸葛亮の後継者が魏延だったら三国志はどうなる?

関連記事:夷陵の戦いの時に魏延はどうしていた?その後に影響があったかもしれない爪痕

 

【古今東西の英雄の「最期」は千差万別】
英雄の死因

 

 

【動画】三国志演義が見下される理由


 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

関連記事

  1. 孫権
  2. ホウ徳(龐徳)
  3. 呂布に従う陳宮
  4. 三国志の計略と孔明
  5. 南蛮一の軍師・孟節(兵士を裏切る)




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP