なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占いと衰退した理由

中国の夢占いの方法とは?




 

古代中国の夢占い=夢の解釈の仕方には、

大きく分けて3つの方法があったようです。



(1)  直解

 

呼んで字のごとく、夢の中で見た出来事がそのまま現実に起こるとする見方です。

 

殷王朝の第22代王であった武丁はある夜、説(えつ)という名の聖人

と出会う夢を見て、その人物を臣下の者に探させました。

 

すると、道路工事に従事する労働者に同じ名を持つ者が見つかり、

会ってみると夢で見た聖人と同じ顔をしていました。

 

説と話をした武丁は、彼が本当の聖人であることを知り、

彼に傅(ふ)という苗字を与えました。

 

武丁は傅説(ふえつ)の補佐を得て、衰えていた王朝を復興したということです。



(2)  転釈

 

直解は最も素朴な夢占いの方法として最も早い時代から行われていました。

 

しかし当然ながら、その方法ではほとんどの夢が解釈できません。

夢というものは脈絡がなかったり、前後の繋がりがおかしかったりするからです。

 

そこで考えだされたのが「転釈」と呼ばれる方法です。

 

「転釈」は見た夢をまず決まった形式に転換し、その上で解釈して

そこから予兆を読み取ろうと言う方法です。

 

このことによって夢の解釈が自由になり、

夢占いをする者の活躍の場を増やしました。

(3)  反説

photo credit: Autumn leaves via photopin (license)

photo credit: Autumn leaves via photopin (license)

 

転釈は夢を診断する自由度を高め、夢占いの幅を広げましたが、

明らかに事実に反する夢を見た場合、それを解釈するには限界がありました。

 

そこで考えだされた手法が「反説」です。

 

反説とは字を見ても分かる通り、

夢を反対に、あるいは逆転させて解釈するという方法です。

 

これによって、一見悪い兆候であるように見える夢からでも、

吉兆を読み取ることができる、というわけです。

 

こう書いてしまうとなんだか「なんでもあり」って感じですよね。

 

しかし、日本でも「正夢」と「逆夢」なんていう言葉がありますし、

夢占い(夢診断)というものは元来そういうモノなのかもしれません。

 

夢占いは漢の時代以降、衰退

王騎 キングダム

 

春秋戦国時代には専門の官職が置かれるほどさかんに行われていた

夢占いですが、漢の時代以降は衰退してしまいます。

 

後漢時代の思想家である王充(おうじゅう)は、その著作である

『論衡』の中で、夢占いを俗信として大いに批判。

 

また、同じく後漢時代の思想家である王符(おうふ)も、

その著書『潜夫論』において夢占いの方法を10種類に分類し、

そのいずれもが夢を曲解させる原因として批判しました。

 

夢占いを批判的に見る風潮が広まる中、

夢占いを専門とする官職は廃止、あるいは地位降格されるに至り、

やがて夢占いそのものが衰退していったと考えられています。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達?

関連記事:史上最強の交渉術を備えた縦横家ってどんな人?

関連記事:始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

 

なぜ夢占いは衰退したの?

 

古代中国の夢占いが衰退した背景には大きく2つの要素があったと考えられます。

ひとつは、諸子百家のひとつである道家(老荘思想)の影響です。

 

道家の思想において有名な「胡蝶の夢」という話があります。

 

蝶になる夢を見た男が、自分は人間になった夢を見ている

蝶なのではないか、と疑うというのがというものです。

 

この「胡蝶の夢」に見られるように、老荘思想では夢というものを曖昧で、

解釈のしようによっていかようにも解釈できるとされています。

 

 

そうした老荘思想の考え方が広まると共に、夢というものの信ぴょう性

そのものを疑う人が増えていったと考えられます。

 

もうひとつは、『易』の存在です。易を体系化した古典的経典である

『易経』は、儒家の思想の基本とされる『五経』のひとつとされます。

 

儒家思想の広まりと共に、易が中国における占いの中心的存在となっていきました。

この易に押される形で、夢占いは衰退していったものであると考えられます。

 

 

関連記事:老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた

関連記事:老荘思想(道家)ってどんな思想?|ありのままに?

関連記事:キングダムの時代に開花した法家の思想

 

三国志ライター 石川克世の独り言

石川克世

 

漢代以降衰退してしまった中国の夢占いですが、

夢そのものに関する記録や記述は、その後の時代の史書にも数多見出すことができます。

占いの元としては使われなくなっても、やはり夢は気になるものだったのでしょうね。

それでは、次回もお付き合いください。

再見!!

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー

—あなたの知的好奇心を刺激する諸子百家—

諸子百家 バナー

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—





よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

自己紹介:

小太郎さん(スキッパーキ オス 2歳)の下僕。

主食はスコッチウイスキーとコーヒーとセブンイレブンの野菜スティック。

朝風呂が生きがいの小原庄助的ダメ人間。ヲヤジ。

< 1

2

関連記事

  1. 2つの持論を展開する費禕
  2. 魏の曹操孟徳
  3. 劉邦
  4. 周瑜はナルシスト
  5. 蜀の姜維
  6. 皇象(こうしょう)仙人

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP