ライセンシー募集
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

はじめての魏

魏が好きな皆さんへ!五分でわかる曹魏の逸話を紹介【三国志逸話列伝】

この記事の所要時間: 39




于禁と李典

 

曹操(そうそう)をはじめとして魏の武将達は色々な逸話を残しております。

そこで今回は魏(ぎ)の武将達が残した逸話の数々を紹介していきたいと思います。

 

関連記事:呉が好きな皆さんへ!五分でわかる孫呉の逸話を紹介【三国志逸話列伝】




曹操の逸話【花嫁泥棒】

曹操&袁紹花嫁泥棒

 

曹操は幼少期から色々な悪事を働いており、

青年になってからは当時まだ仲が良かった名家出身の袁紹と共に、

数々の悪事を働いております。

ある日曹操は近隣で結婚する夫婦の噂を聞きます。

彼はこの噂を聞くと袁紹に「本初(ほんしょ=袁紹の字)花嫁パクリに行かないか。」と

誘います。

袁紹もまだ若かった為、「そうだな。やるか。」とノリノリで答えます。

こうして二人は花嫁を奪う計画を立て実行に移します。

曹操はまず花嫁が寝ている寝室に侵入します。

この時袁紹はどうしていたかというと、外で騒ぎを起こして見張りの目を自分に

ひきつけておりました。

曹操は花嫁を担ぎ上げ袁紹と共に垣根を越え、

難なく垣根を越えて走り始めます。




曹操の機転により何とか捕まらずに済む

曹操 油断

 

袁紹は垣根を越えた際に足を痛めて蹲ってしまいます。

追手は大声をあげて彼らの元に近づいていたため、

曹操は大声を出し「花嫁を奪った奴はここにいるぞ!!」と呼びかけます。

この声を聴いた袁紹はびっくりして、足の痛みを忘れて大急ぎで走り始めます。

こうして何とか二人は逃亡に成功しましたが、

袁紹はこのことがあってから曹操の事を嫌いになったそうです。

 

関連記事:世説新語に書かれている曹操と袁紹の花嫁略奪がシュールすぎ(笑)

関連記事:思ったよりエロい?…三国志時代の女性の下着

関連記事:【三国志の疑問】女性を巡る男の戦いはどこまで真実なの?史実と演義を比較

 

許褚の逸話【馬超をビビらせる】

許チョ

 

曹操親衛隊の隊長としてその名をはせていた許褚(きょちょ)

関中の軍閥である馬超や韓遂(かんすい)らが反乱を起こした際、

曹操は馬超軍に責め立てられ命の危機にさらされます。

 

許チョ

 

この時許褚が自らを盾にして曹操を守り切ったおかげで、

危機的状況を何とか脱することに成功します。

その後馬超は韓遂と共に曹操と会見を行います。

この時馬超は曹操が出てきたら彼を討ち取ろうと考えておりました。

しかし曹操の隣でガンを飛ばしてくる巨体の武将がおりました。

馬超はこの巨体の武将の威圧に気づき曹操に

「そういえばあなたの親衛隊に巨漢の猛者がいると聞き及びましたが、

どこにいるのでしょうか。」と尋ねます。

すると曹操は「われの後ろにいるのがその男だ」と

指をさすと先ほどから馬超にガンを飛ばしている武将でした。

馬超は許褚の気に飲まれてしまい、

曹操を討ち取ることができずにこの会見を終えております。

 

関連記事:許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る

関連記事:馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い

関連記事:まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた!

 

郭嘉の逸話「兵は神速を貴ぶ」その1

郭嘉

 

郭嘉(かくか)は曹操軍の軍師で曹操に様々な献策を行い勝利に導いています。

曹操は河北の統一に向けて、袁家の兄弟討伐の戦に明け暮れておりました。

袁紹の長男である袁譚(えんたん)を処断することに成功しましたが、

次男袁煕(えんき)と三男袁尚(えんしょう)は鳥丸族の元へ逃げ込みます。

曹操袁家の兄弟を討伐すべく鳥丸族討伐を提言します。

曹操の配下達は、劉表の元に逃げ込んだ劉備が北上してくる可能性を危惧し、

反対します。

しかし郭嘉は「劉表はこれまで何度も北上する機会があったが一度も攻めてこなかった。

劉備がいくら劉表に進言しても攻撃は仕掛けてくるまい」と予言めいた進言を行います。

 

郭嘉

 

この郭嘉の進言を聞いた曹操は鳥丸族討伐を決意します。

 

「兵は神速を貴ぶ」その2

郭嘉

 

曹操は北伐を開始すると中華の北端である易県に到着します。

郭嘉はこの地に到着するなり曹操に

「今、輜重は多くかの地へ到着するにはかなりの時間を要します。

そのためこの輜重は後続の兵に任せて、われらは軽騎兵を率いて進軍するべきだと

思います。孫子も戦いは短期決戦で終わらせるのが最良であると述べており、

兵は神速を貴ぶものです。」と進言します。

曹操は郭嘉の進言を受け入れ輜重を後続の軍に任せて、

自らは軽騎兵をもって鳥丸族の元へ進撃していきます。

この郭嘉の進言のおかげで戦は大勝利に終わりますが、

袁家兄弟を捕まえることはできませんでした。

 

郭嘉

 

また郭嘉はこの戦が原因で病を得ることになり、

鳥丸族討伐戦後に亡くなってしまいます。

 

関連記事:郭嘉(かくか)の死因は結核だった?【はじさん臨終図巻】

関連記事:赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは?

関連記事:【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

魏の武将の代表的な名言を取り上げてみました。

まだまだ魏の武将や蜀の武将達、呉の武将達の逸話がございますので、

発見し次第取り上げていきたいと思います。

「今回の三国志の逸話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじさんでお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」
  2. 楊修(ようしゅう)とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲…
  3. 夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した…
  4. 曹操が行った大改革って何?|パイを奪うより自分で焼け!
  5. 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介
  6. 李通(りつう)とはどんな人?義侠心に溢れた魏の知られざる勇将
  7. 偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計
  8. 郭淮(かくわい)ってどんな人?蜀軍との戦いに明け暮れた魏の重鎮の…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後漢にやってきたローマ使節
  2. 呉の大都督、周瑜の魅力がありあまり過ぎて困る7つの理由
  3. 楽毅の猛攻に神対応!籠城の天才、斉の田単(でんたん)
  4. はじめての三国志 4コマ劇場 「難攻不落の門」
  5. 許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー
  6. 4話:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/3〜4/10】 【センゴク】なんで西の覇者・毛利家は織田信長と敵対し続けたの? もうやめて…!劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去 【秦の最強武将・白起】無敵の白起将軍の残念な最後 【歴史嫌いな中高生必見】春秋戦国時代はいつ始まってどこで終えたの? 鮑信(ほうしん)とはどんな人?自らの命を犠牲にして曹操を助けた曹操の数少ない友人 五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前まで遊牧民のプライドと一族を守ろうとした馬超

おすすめ記事

  1. 鍾毓(しょういく)とはどんな人?風格のある人柄で秀才の誉れ高い魏の臣
  2. 三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた?
  3. 諸葛亮孔明、司馬懿仲達、名前はどこで区切るの?
  4. はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホープ
  5. ネタバレ注意!政の配下となった李斯の最期が残念すぎる
  6. 孔明と一緒に蜀の政権を支えた熟考型の人材ってどんな人?
  7. 軍略にも才能を発揮した蒋済(しょうさい)の進言集
  8. 三国志史上で一番絵が上手なのは誰だ!?ヒント、姓は曹です

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP