広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志ライターkawausoが魏を斬る!蜀が中華統一をする方法

この記事の所要時間: 451




kawauso

 

三国中、最弱の国力だった蜀漢、事実として五度に渡る(六回とも)

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)の北伐でも遂に魏を倒せず、

西暦263年に蜀は滅亡の憂き目にあってしまいます。

では実際、蜀は魏を倒す事は出来なかったのでしょうか?

今回はkawausoが大胆な仮説を連ねて蜀漢、必勝の策を提案しますよ。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




北伐失敗の原因を追えば、欠点は自ずと明らかになる

空腹の兵士

 

・失敗の原因1 ・・・食糧補給の困難

 

北伐失敗の大きな原因は、初っ端の街亭での馬謖(ばしょく)の失敗もありますが、

より長期的な原因としては、食糧不足があると言えるでしょう。

第四次、第五次北伐では、それも木牛・流馬を活用したり屯田を使う事で

解消できましたが、その頃には司馬懿(しばい)が魏軍の前面に出てきていて、

持久戦を決め込み、三十六計、逃げるに如かずになってしまったのです。

 

・失敗の原因2・・・呉との連携不足

 

劉備(りゅうび)の時代にこじれた呉との関係も孔明と鄧芝(とうし)の尽力で、

なんとか修復できたのですが、双方の連携と言えば蜀の北伐に合わせて、

呉に合肥を攻めるように要請するとか、石亭の戦いでの魏の敗戦に乗じて、

北伐の軍を起こすなど消極的な協力に終始しました。

折角の同盟ですから、ここは共同軍で行くべきだったと思います。

 

・失敗原因3・・・第三局の活用に乏しい

 

どうも、孔明は独力で魏を倒すという意識が強すぎて、

魏の背後にも敵はいるという事を失念しているようです。

例えば、幽州の奥には遼東の公孫淵(こうそんえん)という油断ならない野心家がいます。

また、烏桓(うかん)族のような精強な騎馬民族もいます。

 

さらに西には涼州という、これまた呂布(りょふ)馬超(ばちょう)を出した

最強の騎馬民族、羌族の生息地があるではあーりませんか?

これらを孔明が上手に活用すれば、戦局は大きく変化したでしょう。




蜀漢必勝プラン1 孔明江水を渡り、呉軍と共同戦線を張る

三国時代の船 走舸

 

では、kawausoが、蜀の必勝プランを提案します。

まず、食糧補給の観点から、漢中から秦嶺山脈を通過して魏領に出るのは

不採用にし、巴郡から大船団を組んで江水を遡るプランを採用します。

江水は、そのまま遡上すれば、長江に合流、呉の帝都である建業まで行けるからです。

 

しかも途上には、白帝城、夷陵(いりょう)、長坂、赤壁、合肥(がっぴ)、

石亭という、魏、呉、蜀の主要な主戦場が並んでいます。

 

三国時代の船 楼船

 

つまり、何が言いたいのか?と言えば、孔明は蜀軍を率いて江水を遡上し

実際に呉と共同戦線を張るという事なのです。

 

これで遠距離ゆえの連携不足を解消する事が出来ます。

どうだい?ワイルドだろォ~

 

江水遡上プランは、キングダムの時代、司馬錯も採用し楚を撃破

三国時代の船 蒙衝

 

江水の遡上は荒唐無稽ではなく、キングダムでは六大将軍の一人

秦の司馬錯(さく)大将軍が巴から船団を組んで江水を遡り

楚の黥中(げいちゅう)を討った記述があります。

 

唯一の問題は、敗戦した時の撤退の困難ですが、呉と共同して戦う事にすれば

呉の食料及び城をアテに出来るので困難は解消できます。

 

呉が協力を渋るようなら、合肥を共同で攻めるように持ちかければ

あのポイントは、魏から建業に突き付けられた匕首ですから、

孫権(そんけん)は必ず大喜びで賛成すると断言できます。

 

陸遜

 

ついでに戦下手の孫権を引っこませ、陸遜(りくそん)と手を組んでの

共同戦線なら難攻不落の合肥も落とせるかも知れません。

 

蜀漢必勝プラン2 姜維を使い、涼州の羌族を纏める

姜維

 

姜維(きょうい)は天水の名門豪族の出身で、自身が北伐をやるようになってからは、

もっぱら、涼州で戦端を開き食糧調達や兵力の調達をしていますから、

羌族の信頼が厚い人物であると考えて疑いありません。

 

魏延と姜維

 

ただ、北伐開始時の年齢は、27歳と若輩なので戦闘能力は未知数、

ですので、ここはベテランの魏延(ぎえん)を上司に付けてバランスを取ります。

こうして、西涼で羌族を募兵して精強な騎馬兵を組織し、

あとの運用は魏延に一任してしまいます。

 

魏延は人の指図ではなく、武人の本能で動く男ですし、

漢中の防衛ラインの構築なども非凡なので、攻めも守りも

曹真(そうしん)には引けを取らないと思います。

 

これにより、蜀は南では呉との共同戦線、北では魏延と姜維が、

羌族の騎馬兵を組織して、長安を窺うという二正面作戦が出来ます。

 

漢中は、王平を配置して、万が一にも安心

王平 四龍将

 

万が一、窮地に立った曹真が漢中を突破して成都を陥れない

とも限らないので、ここは、後に曹爽(そうそう)を興勢(こうせい)の役で

撃破する王平(おうへい)を守備軍隊長としてガッチリ配置します。

おまけで劉敏(りゅうびん)と鄧芝と馬忠(ばちゅう)も念の為に付けておきましょう。

これで、漢中の守りは万全だと言えるでしょう。

 

関連記事:王平(おうへい)ってどんな人?馬稷の山登りを止めようとした蜀の武将

関連記事:【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた?

 

蜀漢必勝プラン3 公孫淵に使者を送り、背後の鄴を狙わせる

三国時代の船

 

呉と蜀の共同戦線が動き始めたら、海路を通って襄平に使者を出し、

野心家の公孫淵に、魏の背後にあたる鄴(ぎょう)を襲うように誘いを掛けます。

あの男の事ですから、どうせ言を左右にしてグズグズ言い見返りを吊上げます。

面倒くさいので、最初から鄴から以北の地を全て与えると言っておけばいいでしょう。

 

本当に公孫淵が動くか未知数ですが兵を整えて、進軍の真似事でもしてくれれば、

大成功、曹叡(そうえい)は背後に気を取られて、迂闊に親征も出来なくなります。

ま、公孫淵に関しては、魏を料理してから、返す刀でバッサリいけば、

それで済む事ですから、褒美の大きさは問題にはなりません(悪)

 

最後の隠し玉、袁燿を使い烏桓族を味方に・・

烏桓

 

公孫淵はイマイチですが、かつて袁紹(えんしょう)に手を貸して

北方四州の平定に功績があった烏桓族は、どうしても味方につけたい所です。

 

光武帝劉秀part1 04 劉秀

 

後漢の光武帝(こうぶてい)も烏桓突騎(うかんとっき)を味方につけて

河北平定の力にしました。

それくらいに、烏桓を味方につけるのは重要なのです。

え?それが出来たのは袁紹の一族で、袁家が滅亡した今、

烏桓族は容易に従わないだろうって?

 

何を寝ぼけた事を言っているんです、いるじゃあないですか!

 

袁術(えんじゅつ)が滅びた後、孫策(そんさく)を頼って郎中まで出世した

袁家の御曹司、袁燿(えんよう)が!彼を上手い事操縦して、

ゆる~く袁家の直系の血を引く人物として烏桓族に送りこみ、

袁家の遺恨を晴らすと宣言させれば、きっと烏桓族だって、

もう一度、力を貸してくれるでしょう。

 

え?同じ袁家でも、袁紹と袁術が同じじゃない事くらい、

烏桓族は、見ぬいてしまうだって?

 

・・・ちぇっ! じゃあ、いいよ、ケチ!!

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

さて、このようにすれば、魏は、北は公孫淵+烏桓突騎の襲撃の脅威、

南は、呉蜀連合軍の北上、西では、姜維と魏延の西涼騎馬軍団の東進という

トリプルの脅威に曝される事になります。

 

いかに司馬懿が名将でも、一度に3つの戦場に出現できる筈もなく、

これで長安なり、洛陽なり鄴が陥落すれば、日和見をしている魏領内の

儒教官僚の反曹勢力の内乱も期待できます。

 

こうして、魏を滅ぼした後は、蜀が長安を呉が洛陽を根拠地にして、

中華を二分して、雌雄を決するも良し、東西王朝を続けるも良しでしょう。

 

本日も三国志の話題をご馳走様です。

 

・三国志ライターろひもと理穂が考える

どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂の考察】

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 何で曹操は漢中で劉備に負けたの?
  2. 曹操と劉備はどうしてライバル扱いなの?【三国志の素朴な疑問】
  3. 墨家(ぼっか)が滅んだ理由と創設者 墨子はどんな思想だったの?
  4. 【真田丸】三谷幸喜ならやりかねない?実は生きていた真田信繁!!頴…
  5. 麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍
  6. 【シミルボン】衝撃!あの孔明にパシリの時代があった?
  7. 甘寧の子孫はその後どうなったの?呂蒙の地位にも劣らぬ大出世した子…
  8. 闕宣(けっせん)とはどんな人?勢力は小さくても強かった自称皇帝闕…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part1
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【4/10〜4/16】
  3. 【袁術特集】孫家に吸収された袁術の子孫たちはどうなったの?
  4. 就職戦線異状だらけ!かなり大変だった三国志時代の就職
  5. 袁紹と袁術の仲が悪くなった理由は劉虞が原因か!?【黒田レンの考察】
  6. 呉の太子四友とはどんな人?権力闘争に敗れ失脚していくエリート

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

天下統一後の始皇帝が行った偉大な政策をご紹介 「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 秀吉のDIY?墨俣城(すのまたじょう)って本当に一夜で造られた? 樊噲(はんかい)とはどんな人?肉屋の主人から劉邦の親衛隊隊長として楚漢戦争を戦い抜いた豪傑 王濬(おうしゅん)とはどんな人?呉を平定し、三国時代の終焉させた功労者【晋の将軍列伝】 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった! 【3分でわかる】魏・蜀・呉はどうやって兵力を手に入れていたの? いまさら聞けない真田丸って一体何なの?

おすすめ記事

  1. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part2
  2. 桃園三兄弟の別れ 関羽の死から夷陵の戦いまでを辿る
  3. 曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る
  4. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチが作ったものだった!?(HMR)
  5. 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!後篇
  6. 卑弥呼の謎!曹爽と卑弥呼には関係があった!?
  7. 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?
  8. 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった!

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP