広告募集
HMR

はじめての三国志

menu

三国志の基礎知識

131話:新宰相・蔣琬(しょうえん)により変貌する蜀

この記事の所要時間: 249




蔣琬

 

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)の死は、

蜀の存在意義を根本から揺るがしました。

劉備(りゅうび)、孔明と繋がれた北伐、纂奪者である魏を滅ぼし

正統な蜀漢王朝を中原の大地に立てるという大義は、一体どうなるのか?

それに応えるべく、後継者蔣琬(しょうえん)は蜀の指示系統の変革を目指します。

 

前回記事:130話:孔明無言の帰還と魏延の最後

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




蔣琬 北伐を延期しつつも守りを固める

蔣琬

 

孔明の遺言で後継者に指名され蜀の政治の重責を担った蔣琬は

まず孔明が執念を見せた北伐の延期を決定します。

これは独断ではなく、明らかに孔明の遺言でしょう。

 

もちろん、ただ延期するのでは漢の後継者という自負だけで保たれた

蜀の根本原理が崩壊しますから、自らは攻めないが準備は万端に整え、

イザという時には出撃できるような国防体制を取りました。

 

同時に魏と敵対し、呉とは連携を取るという外交方針も、

孔明時代と変わらず堅持し続けます。

つまり、魏を滅ぼさない限り、蜀漢の正統性はないという

ギリギリチキンレースは続行する事にしたのです。




蔣琬は、権力集中型の丞相府を廃し、尚書省を復活させるが・・

蔣琬

 

蔣琬は、このように遺言を忠実に守りつつも、行政組織としては、

孔明が自身に権力を集中する為に創始した丞相府を廃止し、

尚書省を復旧させています。

 

こうして蔣琬自身が尚書令になり副官に費禕(ひい)を置いて

尚書僕射(しょうしょぼくしゃ)にし、後継者を明確にしました。

 

しかし、戦時に、これだけではコントロールが効かないと考えた蔣琬は、

西暦238年、結局、大将軍府を開いて自ら大将軍に上り、同時に、

録尚書事(ろくしょうしょじ)を兼務して尚書の事も総攬しました。

 

こうして、尚書令には費禕を引き揚げ、尚書僕射には、

董允(とういん)を引き上げています。

さらに蔣琬は、西暦239年大将軍から大司馬に上ります。

こうして蔣琬は前線である漢中に赴任し、成都の費禕と

国政の仕事を分担しつつ活動するようになります。

 

大司馬は前漢における三公の一つで後漢では大尉でした。

蔣琬としては、孔明が生涯こだわった丞相の独裁ではなく、

ゆくゆくは三公+丞相の合議制を新しい蜀の体制としたかったのでしょう。

 

すくなくとも、孔明のような天才が一人で国をリードするのではなく

手堅い能吏が複数で蜀の体制を維持する方向へ蔣琬は国の舵を切ります。

 

将軍の配備を決定し、守りを厳重に固める

蔣琬と姜維と王平

 

蔣琬は、孔明の遺言に従い、蜀周辺の守備の体制を決定します。

国防軍の大半は、益州の北方である漢中に駐屯させて、

いつでも中原に撃って出れるポーズを堅持します。

 

そして宿老の呉懿(ごい)を車騎将軍、王平(おうへい)を安漢将軍。

馬岱(ばたい)を征西将軍として漢中に配置、廖化(りょうか)張翼(ちょうよく)

胡済(こさい)、姜維(きょうい)のような諸将を北方の魏に備えて配置し

鄧芝(とうし)を東方担当として呉との国境を守らせ、南蛮に対しては、

馬忠(ばちゅう)、張嶷(ちょうぎょく)を配置して守備しました。

 

この体制は、蜀漢が滅びるまでの二十数年間、

人間の入れ替わりはあっても殆ど踏襲される事になりました。

 

調整型の英雄だった蔣琬

蔣琬

 

蔣琬は、孔明の死が、劉備入蜀後に乗り込んできた荊州襄陽閥と

地元の士大夫層である益州閥のバランスを崩してしまう事を恐れていました。

蔣琬や、その周辺の人物に対して、様々な讒言が飛び交っても、

それを相手にしなかったのは無私な蔣琬の性格もありますが、

何より、「ここで派閥同士の争いを生じさせてはならない」という

蔣琬のバランサーとしての考えがあった事は明白でしょう。

 

蔣琬流の北伐、

劉禅

 

一方で蔣琬には、北伐の志を引き継ぐという考えもありました。

彼は、時間がかかり補給も難しい陸路を取らずに漢水を利用して

東進し魏興(ぎこう)や上庸(じょうよう)を攻撃する計画を提案していますが、

水路は撤退が難しいと反対意見が強かった上に、蔣琬自身も持病があって、

延び延びになってしまい、ついに劉禅(りゅうぜん)の詔で

北伐は中止に追い込まれてしまいました。

後任の費禕は北伐に消極的であり、本格的な北伐の再開は姜維が253年に

再開するまで、19年程も間が空く事になります。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

蔣琬によって、諸葛亮亡き蜀の体制は、ほぼ確定されます。

彼の手腕の如何では、派閥争いに端を発する北伐推進派と

国力温存派に蜀臣が割れた可能性もありますから、

難しい時期に上手くバランスを取った人だと言えるでしょう。

 

さて、以降は、孔明亡き後の魏、呉、その他の地域について

見ていく事に致しましょう。

 

次回記事:132話:もうやりたい放題!曹叡の乱心で魏の暗黒時代へ突入

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?

関連記事:孔明の北伐の目標はどこだったの?

関連記事:孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【三国志のエチケット】口臭は人間関係もビジネスも台無しにする?
  2. 【ネタバレあり】映画ドラゴンブレイドを三国志ライターkawaus…
  3. 昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒…
  4. 112話:怒れる劉備は70万の大軍で呉を攻める
  5. 【キングダム】龐煖(ほうけん)が戦死する理由を史実をもとにネタバ…
  6. 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時…
  7. 36話:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布
  8. 49話:許攸の寝返りが曹操を勝利に導く

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 秦国六大将軍、胡傷(こしょう)は王翦の師匠だった!?
  2. 孔明の北伐が成功したら三国志どうなったの?
  3. 三国志演義と正史・汴水の戦いを比較
  4. 【キングダム】用心深い男、王翦の幸せな最期を大胆予想
  5. キングダム 527話 ネタバレ予想:話槍と鉄槌
  6. 【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かなかったばっかりに・・・・

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

孔明の罠初登場(笑)新野で曹操軍を翻弄 コーエー三國志の李儒は何であんなにパラメーターが高いの? 譙周(しょうしゅう)とはどんな人?劉禅に降伏するのが得策であると説いた政治家 馬騰(ばとう)とはどんな人?馬超のパパで知られる荒れ地の猛将 【三国志の友情パワー】孫堅四天王の熱き友情を紹介 【遊侠列伝】さすが親分!!遊侠人のリーダー郭解が人に慕われた理由ってなに? 【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)について 王元姫(おうげんき)とはどんな人?司馬昭の妻となる道理を重んじる女性

おすすめ記事

  1. 【三国志と梅雨】じめじめ季節のお役立ち情報も紹介
  2. こんなに厳しい!三国志の時代の宴会のマナーが超複雑
  3. 曹操くんポカーン。こやつ何を言ってるんじゃ?古代中国の方言から現代中国の方言まで徹底解説!
  4. 関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?
  5. 魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた名臣】
  6. 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴
  7. キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実在したの?
  8. 周公旦(しゅうこうたん)とはどんな人?周王朝の基礎を固めた功臣

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP