編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

もう誰も信じられない?実は袁術と絶交していなかった孫策!

この記事の所要時間: 512




先読み袁術

 

やたらに袁術(えんじゅつ)を持ちあげている事で定評がある

はじめての三国志ですが、それには正当な理由があります。

それは、kawausoが公路(こうろ)さんを好きだから・・ではなく、

 

ろひもと理穂

 

ライターろひもとが、袁術を主人公にした小説を書いているからです。

それはさておき、今回のはじさんは、実は袁術と絶交なんかしていなかった

小覇王、孫策(そんさく)について書いてみたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情




袁術&孫策の絶交説は、補則記事による孫策Age↑の策略だった

陳寿

 

陳寿(ちんじゅ)が書いた三国志ですが、信憑性を重視した結果、

それはコンパクトで、味も素っ気もない読物になった事は以前説明しました。

 

※裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに!

裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに!

 

その後を受けて、三国志を増補するように命じられた

裴松之(はいしょうし)は陳寿が捨てた様々な三国志関係文献を復活させ、

現在の三国志演義に繋がる面白い読物に三国志を造り変えましたが、

その中で極端な人物アゲの文書が紛れ込んだのです。




趙雲を盛った趙雲別伝、郭嘉を盛った傅子等が代表

趙雲 子龍

 

それは、例えば、趙雲(ちょううん)をイケメンで義理堅い

スーパー武将に替えてしまった趙雲別伝や、郭嘉(かくか)

予言者のような軍師にしてしまった傅子(ふし)などが挙げられます。

それは、裴松之の補則記事なのですが、後世の人が面白さ優先で、

それらの補則を本伝以上にクローズアップした結果、史実の当人以上の

スーパーマンを生み出してしまったのです。

 

※趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した趙雲別伝

 

【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した別伝

 

※【郭嘉伝】ファン大ショック!郭嘉の功積はだいぶ盛られていた?

 

【郭嘉伝】ファン大ショック!郭嘉の功積はだいぶ盛られていた?

 

袁術をSage↓した書物、江表伝

朝まで三国志 袁術

 

では、孫策と袁術を絶交させた書物とは、何かというと、それは江表伝です。

三国志、呉志の孫策伝の補則には、この江表伝がふんだんに使われていますが、

信憑性に問題があり、最初から呉の人々を褒め称える理由で描かれているので

皇帝を詐称した逆臣扱いの袁術は、孫策との関係が深い分、意図的に

悪人に描かれ、愛想を尽かした正義の人孫策が絶交を突きつけたという

フィクションを生み出しているのです。

 

内容は、絶交ではなく、注意を促しているだけ?

袁術 伝説 ゆるキャラ

 

呉書の孫策伝には、西暦197年に袁術が皇帝を詐称し

孫策は、書を送って批難し絶交したとあります。

その絶交の書を裴松之は、呉録(ごろく)より見つけて出典としているのですが、

内容が絶交の書としては、かなりマイルドなのです。

 

① 劉備(りゅうび)・劉繇(りゅうよう)が破れ、

曹操(そうそう)が飢えに苦しんでいる今こそ、

天下の有志を集め、薄汚い連中を誅殺するチャンスなのに、

ここで帝位を奪おうとするなど天下の望みに背いている。

 

② 殷(いん)の湯王(とうおう)が暴君桀(けつ)を討ったのも、

周の武王が暴君紂王(ちゅうおう)を討ったのも彼等が悪事を行ったからだが、

幼君(献帝)には何の悪事もない、それでは、正義を主張できないだろう。

 

③ 董卓(とうたく)は、帝位を奪わなかったが、それでも天下の人は怒り、

弱い中原の兵で辺境の強兵を撃破したのだ。

今日、中原の人は戦に慣れていて敵は強く、あなたは強いとは言えない。

敵を弱め、自身を強めるには兵力だけでは不足である。

(天下の人を納得させる大義が必要であるという意味)

 

④ 天下を得るには、天下の人々の協力と天の賛同が必要だ。

事実、過去の帝王の興業には全て瑞兆があり、天下の人の助けがあったが、

あなたにはそれが無い、にも関わらずいきなり皇帝を称するなど前代未聞だ。

 

⑤ 陳勝(ちんしょう)、項羽(こうう)、王莽(おうもう)、

公孫述(こうそんじゅつ)なども帝王を称したが、

いずれも終わりを全うしたとは言えない。

 

⑥ あなたにやってもらいたいのは、帝王を補佐した

周公(しゅうこう)や召公(しょうこう)の役割だ。

帝位は劉氏にあるべきで、そうして初めて忠臣として名を残す事が出来る

聡明なあなたなら、分かってくれるだろうと思う。

 

⑦ 袁家は五世を宰相に出した名門であり、社稷(しゃしょく)を思って

漢室の深き恩に報いる事と、天下の人を書生のように扱う事では、

どちらが正しいか冷静に考えるべきであると思う。

 

※社稷は五穀を祀る祠、転じて国家そのものを意味する

 

⑧ 賢者というのは、為すべき事を知り、行動を抑制して弁えるから

聖人として尊敬されるのであって、無計画に暴走してしまえば、

公的にも私的にも不利になるだけで賢者の執る道ではない。

 

⑨ 占いを勝手に解釈して、行動を起こしても後で後悔する結果になるのは

歴史が証明している事である

 

以上の事は、聡明なあなたにとっては釈迦に説法だとは思うが、

万が一の備忘録として心に留めておいて欲しいのだ。

良薬は口に苦いし、良言は耳に逆らうが、どうか聞き入れてもらいたい。

 

どうみても絶交宣言とは程遠い内容・・

朝まで三国志 kawauso

 

kawausoが見る限り、これは孫策から袁術への絶交状と言うよりは

「今、即位してもろくな事はないから自重してくれ」という

アドバイスにしか見えないのです。

 

特に①に至っては、孫策は、曹操、劉備、劉繇を漢室に背く

逆臣認定しており、これは袁術のスタンスと同じである事が注目されます。

陳寿が、絶交宣言と書いてあるので、つい、ああ絶交したのだと

思ってしまいますが、内実はこうであり、これでもって

孫策が袁術と絶交したとは到底言えないと思います。

 

なんだかんだで、最期まで袁術を攻撃していない孫策

孫策

 

そもそもとして、もし袁術と孫策が絶交していたとすれば、

袁術は、陳で曹操軍に撃破されたり、劉備と徐州を争っている時期もあるので

その間に袁術を撃破する事も出来た筈です。

 

しかし、孫策は会稽(かいけい)攻略に邁進しているだけで北に興味を示しません。

袁術も孫策を警戒している様子はなく、本当に絶交して敵対していたのだろうか?

と疑問を感じる行動をしています。

 

もちろん、江東を支配する地位になった孫策は袁術の操り人形ではありませんが

憎悪する対象でもなく、北は袁術に南は自分がという腹積もりだった

そんな風に感じてならないのです。

 

197年の詔は飛ばしだった?存在しない呂布・陳禹・孫策連合軍

呂布

 

西暦197年、夏、朝廷は皇帝を詐称した袁術を討てと

呂布(りょふ)、陳禹(ちんう)、孫策に命じています。

これだけ読むと、さも、三者が連合して袁術討伐軍を起こしたようです。

 

ところが三軍の一角を占めている陳禹は、命令そっちのけで

孫策の領地を奪取せんと企て、孫策が銭塘に出てくると、配下の万演(まんえん)を

長江南岸に派遣し孫策の領地の周辺に居る、祖郎(そろう)や焦已(しょうき)、

厳白虎(げんはくこ)に官位を授け、孫策の留守を襲わせようと計画して、

孫策に気づかれ逆襲されています。

 

陳禹は、妻子及び兵力4千人を孫策に奪われて逃げ延び、

袁紹(えんしょう)を頼って故安都尉に任じられています。

 

あれ?何を仲間割れしているんだろう?

そもそも陳禹は漢室の勢力の筈なのにどうして漢室とは距離がある

袁紹の下に逃げてしまうのか?

そもそも、孫策と仲間割れして罪には問われないのか?

 

色々な疑問が湧きますが、これはつまり命令は

朝廷からの空手形に過ぎない事を意味しているのではないでしょうか?

 

つまり、献帝からの命令とは、

「漢室に忠誠を尽くす気があれば袁術を討て」という緩い内容に過ぎず、

孫策、呂布、陳禹を拘束する力はありません。

ただの紙っぺらに過ぎないのです。

 

最初から、孫策、呂布、陳禹の同盟軍などなく、孫策は袁術討伐に、

同意したわけでもないので、自分のシマを荒らした陳禹を撃破しただけ、

そして部外者の呂布も何のリアクションもしていないのでしょう。

 

関連記事:もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!?

関連記事:こんな立派な悪党は藏覇(ぞうは)ぐらい!鬼神呂布に勝ち曹操を感激させた漢の生涯

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

最初に言いましたが、江表伝は呉の建国の基礎を築いた孫策を、

称える為に書かれています。

つまり、孫策を称える上で皇帝を詐称した袁術は邪魔な存在であり

どこかで孫策に糾弾させる必要があったのです。

 

その為に史書の内容を曲解して、さも孫策が袁術と絶交し、

漢の忠臣の孫策が逆臣の袁術を討つという筋立てにしたかったのでしょう。

しかし事実は江表伝であっても、司空曹操、衛将軍、董承(とうしょう)、

益州牧劉璋(りゅうしょう)が力を合わせて袁術を討とうとするも、

その前に袁術は死んだ、という尻切れトンボに終わっています。

 

その後、孫策は、袁術の遺族を保護した劉勲(りゅうくん)を晥(かん)城に

撃っていますが、残された袁術の兵力を吸収してその遺族を保護したのは周知の通りです。

それでも孫策と袁術は絶交状態であると言えるのでしょうか?

 

関連記事:孫策の独立理由に疑問!袁術は孫策に対して本当にケチだったの?

関連記事:劉繇(りゅうよう)が凄い!袁術の宿敵?そこそこ頑張った英傑の生涯

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?
  2. 曹操の塩対応に張松ブチ切れ!曹操が冷たく扱ったのは傲慢ではなく驚…
  3. 知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる!
  4. 【キングダム528話】趙峩龍(ちょう・がりゅう)って本当に強いの…
  5. 劉馥(りゅうふく)ってどんな人?魏の地方行政官なのに無人の合肥を…
  6. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計
  7. 【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!…
  8. 【はじさん書評倶楽部】人生の勝算(NewsPicks Book)…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 悲惨!呉のエクスペンダブルズ甘寧のストレス爆発人生を振り返る
  2. 劉繇(りゅうよう)が凄い!袁術の宿敵?そこそこ頑張った英傑の生涯
  3. 鍾会の蜀討伐案と羊祜の呉討伐案の違いってなに?
  4. 鄧艾(とうがい)ってどんな人?苦労人のド根性人生に迫る
  5. 秦国六大将軍、胡傷(こしょう)は王翦の師匠だった!?
  6. 【センゴク】織田信長の宿敵・朝倉義景はどうやって撃破されたの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

孫皎(そんこう)とはどんな人?孫氏一族の文武兼備な将軍。しかし関羽の呪いで…… 賈詡は一流の政治家でもあった!?降伏の進言をして名軍師と呼ばれた天才の生涯 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介 【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想 【初めての戦国史】尼子氏再興作戦決行!!しかし・・・・ 封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説 92話:劉備を徹底的に追い詰める張任 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?

おすすめ記事

  1. 李儒(りじゅ)とはどんな人?董卓の恐怖政治を参謀として支えた謎の軍師
  2. 45話:象対蟻か?袁紹vs曹操
  3. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました
  4. 【三国志で例えるよ】初心者でも『エドワード黒太子』が分かる。西洋史の基礎&豆知識!
  5. 【古代中国の伝説の聖剣】欧冶子が作った宝剣がとんでもない高価なモノだった!?
  6. 中国史における農民反乱についての考察
  7. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2
  8. 涙なしには語れない桃園の結義

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP