これは本物…?稀代の奇人変人・禰衡のやらかしエピソード集


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

HAJISANセキュリティシステムの禰衡

 

『三国志』には

「なんなんだコイツは…」と思わせる人物も

たくさん登場しますよね。

 

正直、

主役である劉備(りゅうび)曹操(そうそう)孫権(そんけん)の3人についても

「えぇ…」と引いてしまうようなエピソードが

ゴロゴロ転がっているくらいですから、

奇人変人がたくさんいても

仕方の無いことなのかもしれませんが…。

 

しかし、そんな中でも

ダントツで「コイツ頭おかしい!」

と叫びたくなる男が1人。

その名も禰衡(でいこう)

 

今回は、彼の類稀なる

奇人変人ぶりについてご紹介します。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:奇人・変人・露出狂?曹操をコケにして歴史に名を刻んだ禰衡(でいこう)

関連記事:楊脩(ようしゅう)は何故、曹操に殺されたの?曹植と禰衡にも愛された才能の持ち主

 


 

魏の主力メンバーをディス!曹操ももちろんディス!

魏の主力メンバーをディスる禰衡

 

曹操が献帝(けんてい)をゲットして

手元に置いてウハウハしていた頃、

その男はふらりと許に現れました。

 

禰衡、24歳。

見知らぬ土地に来て

誰に頼ることも無くフラフラしていた若者・禰衡。

 

そんな彼を見かねて

ある親切な人が声をかけます。

陳羣(ちんぐん)司馬朗(しばろう)のところに挨拶をしに行かないのかい?」

すると禰衡、

あなたは私を屠殺野郎(とさつやろう)

酒商人に挨拶しろと言うのか(笑)

とお返事。

 

いきなりキレッキレです。

しかし、彼のディスは止まりません。

「曹操とか大した器じゃないっしょ(笑)」

荀彧(じゅんいく)は見てくれだけはいいから

弔問にやるにはぴったり(笑)」

趙融(ちょうゆう)は厨房でお料理でもして

客をもてなしているのが良いんじゃないの(笑)」

(つまみ食いし放題だし、

デブな趙融はさぞかし喜ぶだろうね)

 

まぁ見事にディスるディスる。

陳琳(ちんりん)もビックリの毒舌っぷり。

しかし、『三国志演義』では

もっとディスってます。

 

荀攸(じゅんゆう)は墓守

程昱(ていいく)は門番

郭嘉(かくか)は文章読み上げ係

張遼(ちょうりょう)は太鼓持ち

許褚(きょちょ)は家畜のお世話係

楽進(がくしん)は詔読み上げ係

李典(りてん)は郵便配達係

呂虔(りょけん)は刀鍛冶

満寵(まんちょう)は酒粕もぐもぐ係

于禁(うきん)は左官屋

徐晃(じょこう)は屠殺屋

夏侯惇(かこうとん)は五体満足(笑)将軍

曹仁(そうじん)は守銭奴(曹洪(そうこう)と勘違いしている)

他?…服着て飯食ってるだけの奴ばっかでしょ(笑)

 


 

曹操、禰衡に興味を持つ

曹操、禰衡に興味を持つ

 

臣下たちをブチギレさせる

禰衡の噂は曹操にも伝わります。

 

「…禰衡とか言う奴は

人の悪口ばかり吹聴して回っているが、

実は奇人のふりをした大人物かもしれない。」

そんなことを考えていた曹操を後押しするかのように

孔融(こうゆう)も禰衡をプッシュ。

曹操はさっそく禰衡を召し出してみます。

 

ところが、

禰衡は「ぼくちん気が狂っちゃったので♪」と拒否

ちょっとカチンときた曹操ですが、

孔融があまりに一生懸命フォローするので

その無礼を許します。

 

実は孔融は禰衡に褒められた数少ない人物。

自分を認めてくれた禰衡に

なんとか報いたいと思ったのかもしれません。

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  

惜し気なく全裸を披露

曹操に惜し気なく全裸を披露する禰衡

 

禰衡が太鼓を打つのがうまいと聞いた曹操は、

再び禰衡を招聘(しょうへい)します。

今度は素直に応じる禰衡。

見事な腕前を披露する禰衡に

曹操はもちろん周囲も感嘆しきり。

 

しかし、

ちょっぴり打ち間違えてしまった禰衡は、

服を着替えてくるように命じられます。

すると禰衡、

何を思ったのか

その場で服を脱ぎ捨てて全裸になり、

おもむろに生着替えを披露。

 

曹操は

禰衡にかえって恥をかかされたわ

と寛容に笑っていたそうです。


 

いい加減ブチギレた曹操に追い出される

いい加減ブチギレた曹操に追い出される

 

お…?

曹操と禰衡、

意外とうまくやっていけるのでは…?

そう思われた2人でしたが、

ついに曹操の堪忍袋の緒が切れる事件が発生します。

 

孔融に勧められて

曹操の家を訪ねることになった禰衡。

曹操は禰衡の訪問を

ワクワクしながら待っていました。

 

ところが、

「変な奴が1人、

無礼なことをわめき散らしています…」

と門番が申し訳なさそうに報告しに来たので覗いてみれば、

ボロ布をまとった禰衡が

どっかり座って杖で地面を叩きながら

聞くに堪えない罵詈雑言(ばりぞうごん)を並べ立てているではありませんか!

曹操もこれにはブチギレ

 

しかし、ブチギレた勢いで禰衡を殺しては

自分の評判が落ちてしまうと考えた曹操は

劉表(りゅうひょう)の元に厄介払いをすることにします。

 

後日、禰衡のために送別会を開くと

臣下たちは皆寝たふり。

彼らの姿を見た禰衡は号泣。

なぜ泣いたのかと尋ねられると

棺桶と屍の間を通るのだから、

号泣するのが礼だろう

と答えたそうな…。


  

 

 

劉表も持て余し、黄祖にもキレられて…

劉表も持て余し、黄祖にもキレられて亡くなる禰衡

 

劉表の元に送られた禰衡は

しばらく真面目に働きました。

 

特に文才を認められた禰衡は、

劉表の手紙などについて担当していたようですが

次第に毒舌アクセルを踏み込んでいったので

劉表はもちろんその臣下たちからも

疎ましがられるようになります。

 

その後は黄祖(こうそ)の元に身を寄せた禰衡ですが、

やっぱりここでも調子に乗ってしまったために

ついには処刑されてしまったそうな。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

とてもじゃないけど

手に負えない奇人変人の禰衡ですが、

一体誰に仕えるのがピッタリだったのでしょうか…?

というかそもそも

彼は一体何がしたかったのでしょうか?

 

彼について知れば知るほど

謎が深まるばかりです…。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:禰衡大喜び?刑罰はフンドシ一丁で受ける決まりだった魏

関連記事:元祖そこまで言って委員会!孔融と禰衡の議論がカオス

 

【記事の見落としゼロ】はじ三配信スケジュール
配信スケジュール

 


 

関連記事

  1. 司馬懿
  2. 五虎大将軍の趙雲
  3. 亡くなる孫堅
  4. はじめての変

    曹操が遺言で見せた女性への愛情

    西暦220年、三国志の風雲児、曹操(そうそ…

  5. 賈詡(賈ク)
  6. 苛ついている曹操

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP