キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三国志トランプ】人物の顔がイメージと違って爆笑

よかミカンさん はじめての三国志ライター




学生時代のよかミカン

 

学生時代、ほとんど話したことのない級友が中国旅行のおみやげに「三国志トランプ」を買ってきてくれたことがあります。

私が三国志好きなのを知っていて、わざわざ買ってくれたんですよ!アリガタヤ~!

最近そのトランプ(上海文化用品総公司製)を取り出してしげしげと眺めていたところ、なんだか描かれている人物の顔がおかしくて、

面白すぎました!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国時代には「撃壌」という遊びが流行していた!?

関連記事:三国志演義の翻訳本比較してみた!どれを読めばいいの?

 

 

なぜだか悪人顔の人たち

孫夫人の三国志トランプ

 

こちらは曹操(そうそう)曹丕(そうひ)のツーショット写真です。

曹操がなんだか福々しいのがまず可笑しいのですが、曹丕曹操に全く似ていないゴツゴツとした悪人顔のおじさんになっていて、

よけい可笑しいです!

曹丕、中国ではそんなに悪人キャラなんでしょうか……

 

 

こちらは孫夫人(そんふじん)です。見るからにきつそうな顔つきの女性ですね……。

三国志演義で、劉備(りゅうび)との新婚初夜に武装した腰元をはべらせて劉備をびっくりさせていることがこの顔つきの元になっているのでしょうか。

 

三国志トランプの周瑜

 

これは周瑜(しゅうゆ)ですが、何かを企んでいそうなものすごい悪人顔です。

三国志演義で、孫夫人を劉備に嫁がせると偽って劉備を捕らえようと企んでいるからこんな顔にされたのでしょうか。

 

 

これは魏延(ぎえん)馬岱(ばたい)のツーショット写真です。

三国志演義では謀反人扱いになっている魏延がちょっと男前に描かれていて、へぇ中国では魏延はそういうイメージかと驚いたのですが、

魏延を斬った忠臣役の馬岱のほうがやや悪人顔になっていてさらにびっくりです。

そして、この二人が♠6と♠7で仲良く並んでいるのがさらにびっくりですね。

 

 

イメージを増幅されすぎている人たち

 

三国志トランプの孟達

 

こちらは孟達(もうたつ)の顔です。なんだか小物顔ですね。

魏に降ったり蜀に戻ろうとしたり、司馬懿(しばい)を甘く見て失敗したりしたところが小物顔の原因でしょうか。

 

 

これは于禁(うきん)です。情けない表情に描かれていますね。

ずっと魏に忠誠を尽くしていたのに、切羽詰まって関羽(かんう)に降伏し、その後 魏に生還して馬鹿にされたことが、この表情の原因でしょうか。

そこまで情けない人ではないんではないかと思うのですが……。

三国志トランプの于禁

 

こちらは劉璋(りゅうしょう)です。“ワシ困っちんぐ”みたいな顔してますね。

自力で張魯(ちょうろ)に対抗できないから劉備に助けを求めた挙げ句、劉備に益州をとられたことが、この表情の原因でしょうか。

 

 

こちらは夏侯惇(かこうとん)です。

右目に矢が当たった時に、矢を引き抜いた拍子にとれてしまった目玉を食べちゃったという逸話が描かれています。

それはいいのですが、なんだか表情が楽しげな気が……?

“うほっ、目玉っ! いただきだっ!”

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

えっ、この人こんな顔!?

三国志トランプの孫策

 

こちらは孫策(そんさく)です。

ゲームでイケメンのイメージがあっただけに、ショッキング映像。

 

三国志トランプの魯粛

 

こちらは魯粛(ろしゅく)です。

なんだか若くて可愛らしい顔ですね。

もっとオジサンのイメージがありました。

 

三国志トランプの鄧艾

 

こちらは鄧艾(とうがい)です。

猫背っぽくて貧相に見えます。

軍事的天才で蜀攻略の大功労者なのに……。

 

三国志呂布

 

こちらは呂布(りょふ)です。

なんだか半端な男前ですね。

京劇風のビジュアル系ハンサム呂布か、真・三國無双風のゴリマッチョ呂布か、どちらかに振り切ってほしかったです。

 

三国志トランプの張遼

 

こちらは張遼(ちょうりょう)です。

こんなまあるいフォルム……?

真・三國無双や蒼天航路で、もっと甲(かぶと)やひげがジャキーンってなってるイメージがありました。

 

三国志トランプの馬超

 

こちらは馬超(ばちょう)です。

「錦馬超」なんていうあだ名があるからかっこいいはずなのに、いまいちハンサムっぽくないですね……。

 

三国志トランプの趙雲

 

こちら趙雲(ちょううん)です。

なんだか子供のようです。

私の実家にある金太郎(きんたろう)人形に似ています。

 

三国志トランプの貂蝉と糜夫人

 

こちらは貂蝉(ちょうせん)糜夫人(びふじん)のツーショット写真です。

貂蝉は呂布をハニートラップにかけて董卓(とうたく)を殺させた人なので、すごい美人かと思っていたのですが、この絵ではそうでもないような……?

糜夫人のほうが美人っぽく見えます。(角度のせいかもしれませんが)

民話だか劇だかで、貂蝉が悪女で関羽に斬られるという話があるそうなので、その影響で貂蝉が屈託ありげな顔になっているのかも。

ちなみに、貂蝉は♠Qで、関羽が♠Kです。

 

三国志トランプの王允

 

こちらは王允(おういん)です。

なんだか若々しくてかっこいいです!

私は横山光輝(よこやまみつてる)三国志の影響で王允にはおじいちゃんのイメージを抱いていました。

三国志演義で活躍するのは50代半ばですから、若い人は若いし老ける人は老けるという微妙なお年頃ですね。

黒髪で颯爽とした王允、いいんじゃないでしょうか!

 

イメージ通りな人たち

三国志トランプの公孫瓚

 

こちらは公孫瓚(こうそんさん)です。

堂々として強靱そうで知恵もありそうです。

正史ベースではこんな人なのではないでしょうか。

(強靱すぎて我が道を行き孤立する末路)

 

三国志トランプの黄忠

 

こちらは黄忠(こうちゅう)です。

三国志演義の黄忠のイメージそのまんまですね。

弓が得意で誇り高いおじいちゃんです。

 

三国志トランプの董卓

 

こちらは董卓です。

これは素晴らしい董卓ですね!

横山光輝三国志の董卓が全くおデブじゃなかったり、蒼天航路の董卓が筋肉質だったりするのが私にはいまいち納得いかなかったんですよ。

あれではヘソ蝋燭が何日ももたないのではないかと。

(董卓の死後、遺体のヘソに灯芯をさした人がいて、何日も燃え続けたという逸話があります)

私はコーエーのゲームみたいなおデブ董卓が好きです。

このトランプの董卓は、おデブなうえに、朗らかな笑顔じゃありませんか。素晴らしい!

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

三国志トランプの絵柄は、昔ながらの連環画(絵の下に簡単な文章がついている絵本)のような絵柄になっています。

現代的な絵じゃないから面白いです。

 

また、日本と中国でのキャラクターイメージの違いも垣間見ることができ、興味深いです。

ご興味のある方は、中華街や通販でもいろいろ売っていますので、探してみて下さい!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:吉川三国志にも劣らない!曹操が関羽を漢寿亭侯に任命した理由が粋すぎる!

関連記事:諸葛孔明も学んだ三国志の天文学とはどんなモノ?

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 




よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2
  2. 司馬懿と魏延 【防御力倍増!】三国志野戦陣営の造り方を解説
  3. 三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?
  4. 孫権と三国アヒル 権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権
  5. かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生
  6. 異民族に好かれる董卓 新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった
  7. 丁奉(ていほう) 徐盛と丁奉は自らの才覚で成り上がった将軍だった?その共通点は?
  8. 司馬懿 【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 対立する西郷隆盛と大久保利通
  2. 曹操
  3. 木戸松子
  4. 「魏」の旗を持った兵士
  5. 亡くなる卑弥呼
  6. 荀攸と曹操
  7. 楊彪を司空に任命させる董卓

おすすめ記事

  1. 鍾毓(しょういく)の進言が的確すぎる!曹叡や曹爽に撤退の進言をした魏の臣
  2. 孫呉の二代目丞相・顧雍に迫る!正史三国志・呉書からみた丞相の実績 呉民衆の意見に耳を傾ける顧雍(こよう)
  3. 徐栄(じょえい)とはどんな人?曹操と孫堅を破った董卓軍の隠れた名将 董卓と呂布
  4. 愛されすぎてことわざになった人・張飛(ちょうひ)編 張飛と劉備
  5. 「見てる媒体」から「見たい媒体」へ脱皮宣言!はじ三公孫瓚特集 はじめての三国志編集長 kawauso
  6. 【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって下を帥いん 曹操

三國志雑学

  1. 司馬懿と諸葛亮孔明のトランプ勝負
  2. 華雄と呂布
  3. 関羽
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. オオクニヌシ(日本神話)
  2. 新選組の土方歳三
  3. 司馬懿
  4. 甄氏(しんし)
  5. 西夏の旗の兵士
  6. 英雄たちの宴(三国志)

おすすめ記事

張昭 VS 孫権 孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は? 【西郷どん】おゆうとはどんな人?大久保一蔵(利通)を支えた愛人 佐久間象山は狂人吉田松陰をどう評価した 周瑜と孫策 孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介! 西郷どんの恩返し奄美大島貿易拠点構想 宦官の趙高(キングダム) 【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話 三国志ライター黒田レン 【歴史嫌いな中高生必見】春秋戦国時代はいつ始まってどこで終えたの? 邪馬台国と魏の兵士 新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR)

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP