「水魚の交わり」劉備と諸葛亮の関係を分かりやすく紹介


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

水魚の交わり

 

自分にふさわしい状況や人間関係を得て、いきいきとした様子について「水を得た魚(みずをえたうお)のよう」という表現があります。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

実はこの慣用句は三国志での逸話が語源となっています。劉備(りゅうび)が水と魚にたとえた諸葛亮(しょかつりょう)との関係について、『三国志演義』をもとに紹介します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「水魚の交わり 三国志演義」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:裴松之が注をつけていなかったら『三国志演義』は生まれなかった!?

関連記事:諸葛亮孔明はどんな人物像を考察してみた。正史と三国志演義では違う?


劉備、軍師を探す

関羽

 

官渡(かんと)の戦いのあと、劉備ははなればなれになっていた義兄弟の関羽(かんう)張飛(ちょうひ)と合流し、荊州(けいしゅう)劉表(りゅうひょう)に保護されていました。

 

後継者を決めた劉表

 

劉表に新野(しんや)の領主を任された劉備。曹操(そうそう)の勢力を打倒し、漢王朝を再興するにはこれからどうしたらいいかを考えます。そこで気づいたのが人材でした。

 

劉備の下で働くと決めた趙雲

 

確かに劉備の配下には、関羽や張飛、そして趙雲(ちょううん)と超一流の武人がそろっています。ただし、武闘派ばかり。知略にとんだ軍師がいなかったのです。

 

徐庶

 

劉備は超一流の軍師を求めて歩き回り、ようやく徐庶(じょしょ)という人物を見つけ出します。

 

剣を持って戦う徐庶

 

徐庶は曹仁(そうじん)の「八門金鎖の陣(はちもんきんさのじん)」をあっさり破ってしまうなど、劉備の期待にこたえます。

 

程昱(ていいく)

 

しかし、曹操の軍師である程昱(ていいく)の策略により、徐庶は曹操軍に行ってしまいます。徐庶は去り際に、諸葛亮という人物を訪ねるよう劉備に言い残します。


三顧の礼

諸葛孔明を自分のもとに入れたくて堪らない劉備

 

劉備は、襄陽(じょうよう)の庵に住む諸葛亮を軍師として勧誘することに決めます。しかし、1度目ならず2度目までも、諸葛亮は不在で会えずに新野に帰ったのでした。何度も劉備自らが行かなくてもいいのではないかという声も上がってきますが、劉備は次も訪問するときっぱり。

 

3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備

 

そして、3度目の訪問でついに諸葛亮と対面することができます。これが世にいう「三顧の礼(さんこのれい)」です。このとき劉備は40代半ば、諸葛亮はそれよりも20歳近く若い年齢でした。

 

孔子と儒教

 

儒教の思想では、年長者が自分より年下の人にこれだけ礼を尽くすというのは、かなり異例のことだったのです。諸葛亮の壮大な「天下三分の計」を聞き、ますます諸葛亮にほれ込んだ劉備。

 

孔明

 

そして諸葛亮も最大の礼を示してくれた劉備に仕えることを決心したのでした。


水魚の交わり

張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟

 

劉備は軍師として諸葛亮を迎え入れると、四六時中ともに過ごすようになり。面白くないのは劉備を長年支えてきた臣下たち。特に関羽と張飛でした。新参者であるうえ、劉備に3度も足を運ばせた諸葛亮。

 

水魚の交わり

 

しかも本当にそこまでの才能を持った人物なのか疑わしい。どうしてそこまで優遇するのかと2人は不満を口にします。それに対して劉備はこう答えます。

 

水魚の交わり

 

「孔明を迎え入れた今の自分は、水を得た魚のようなものなのだよ。だからそんなことはもう言わないでくれ」兄者がそこまで言うなら、と関羽と張飛は不承不承ながら理解を示します。


赤壁の戦い

呉と蜀を倒しに南下する曹操軍

 

諸葛亮という稀代の軍師が加わった劉備軍ですが、すぐに曹操軍が圧倒的な兵力をもって押し寄せてきます。さすがに策略でどうにかできる兵数差ではないため、諸葛亮は、劉表の息子の劉琦(りゅうき)が太守を務める江夏(こうか)に逃げるよう、劉備に進言します。

 

劉備に仕える張裔

 

この提案を劉備は受け入れますが、自分をについていきたいという領民も一緒に連れていくと言います。諸葛亮は足手まといになるのでやめるべきだといさめますが、彼らを捨てていくことは信義にもとると譲りません。

 

孔明

 

策としては下策だが、この誠実さこそ君主としての美点であると、諸葛亮はあらためて劉備の度量の広さに感服します。諸葛亮の策や、趙雲と張飛の活躍により、劉備軍はなんとか襄陽にたどり着きます。

 

呉蜀赤壁の戦い

 

しかし、いずれは襄陽にも曹操軍が迫ることは必至。そこで諸葛亮は呉と共同戦線を張るために、単独で首都の建業に乗り込み、同盟を締結。何かと理由をつけて自分を殺そうとする周瑜(しゅうゆ)の策略をあしらい、呉軍が赤壁で曹操軍に大勝するアシストをやってのけます。

 

入蜀

孔明

 

これで曹操軍の勢いをとりあえず止めるできたので、次は天下三分の計を実現するために、中国南西部の(しょく)を自領とするように諸葛亮は劉備に進言します。同じ劉家だし、自分から攻め入るのはちょっと……、

 

龐統

 

としり込みする劉備を諸葛亮やほかの家臣たちがなんとか説得。途中、やはり劉備の軍師となっていた龐統が落鳳坡(らくほうは)という運命的な場所で命を落とすという出来事がありながらも、諸葛亮が救援に駆けつけて蜀への侵攻を成功させます。

 

皇帝に就任した曹丕

 

その後、曹操の息子の曹丕(そうひ)が魏の皇帝に即位したことに対抗するため、劉備は蜀の皇帝に即位。諸葛亮は丞相となります。

 

 

劉備の死

劉備と孫権

 

赤壁の戦い直後から劉備軍と孫権軍の間で争いが絶えなかった荊州。その守備を任されていた関羽が呉の策略によって死んでしまいます。悲憤慷慨(ひふんこうがい)した劉備は呉の討伐を決意。

 

陸遜

 

戦うべき相手は魏です、おやめくださいと止める諸葛亮を振り切り、劉備は大軍勢を率いて呉に攻め込みます。

 

劉備の臨終に立ち会う孔明

 

しかし、陸遜(りくそん)を相手に大惨敗を喫し、意気消沈して白帝城(はくていじょう)で病に臥せってしまいます。

 

劉禅と孔明

 

自分の死期が近いことを悟った劉備は、諸葛亮を呼んでこう伝えます。「息子の劉禅(りゅうぜん)に皇帝としての器があったなら、補佐して支えてあげてほしい。

 

山頂に陣を敷いた馬謖

 

その器がなかったら、お前が代わりに皇帝となれ」また、配下の馬謖ばしょく)は、それほどの能力ではないのに大言を吐くので、重用してはいけないという言葉も遺します。劉備の死後も、諸葛亮は忠義を守って蜀を切り盛りします。

 

馬謖の失敗に嘆く孔明

 

しかし、魏の打倒を目指した第一次北伐で諸葛亮は馬謖を抜擢。その馬謖が街亭の戦いで致命的なミスを犯して、撤退を余儀なくされます。劉備の遺言を思い出し、後悔をする諸葛亮。

 

泣いて馬謖を斬る諸葛亮

 

それでも軍法を守るために、愛弟子の馬謖を死刑に処したのでした。

 

三国志ライターたまっこの独り言

たまっこ f

基本的に大雑把だけど、会う人会う人を魅了してしまう劉備と、ずば抜けて頭がいいけど、近寄りがたい印象の諸葛亮。やっぱり馬が合ったのではないかとなんとなく思います。

 

孔明 劉備の剣とハンコ

 

水魚の交わりって、劉備うまいこと言うな!と妙に感心してしまいます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:林冲の性格は三国志演義の張飛にそっくり!林冲の性格を分かりやすく解説

関連記事:三国志演義に記されたあり得ない脚色「槽を食む三頭の馬」

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

 

関連記事

  1. パワハラをする張飛
  2. 黄巾賊
  3. 李典
  4. 姜維、孔明
  5. 孫権の跡継ぎ9歳の孫亮
  6. 曹植

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 2019年 11月 15日

     はじめまして、晃と申します。

     諸葛亮の出廬から街亭の戦いまでの要点をしっかりとまとめられており分かりやすかったです。

     諸葛亮は近寄りがたい印象があるけど、話しあってみると案外分かり合える男かもしれませんね。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP