簫何(しょうか)とはどんな人?内政なら私にお任せ!影で劉邦を支え続けた漢の三傑の一人

漢の丞相へ





項羽 劉邦

 

劉邦は項羽(こうう)から漢中王に任命され、漢中へ向かう事になります。

劉邦が漢中王に任命された際、簫何は長年の功績を認められ、

丞相に任命され、劉邦軍の内政の全てを任されます。

こうして丞相になった簫何も劉邦に従って漢中へ赴きます。

 

関連記事:項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

関連記事:孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3

関連記事:楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん




尋常ではない人物K

韓信 処刑

 

劉邦軍の古参の将軍である夏侯嬰(かこうえい)は、漢中に向かう途中、逃亡罪で死罪になる

罪人たちを見かけます。

その中に面構えが尋常じゃない人物を見かけ、夏侯嬰は彼の罪を取り消し、

話を聞くことにします。

その後夏侯嬰は簫何にその人物を推挙します。

簫何は夏侯嬰が推挙した人物としばらく話すと、この人物が尋常ではない

軍略の持ち主であることが分かり、彼を劉邦に推挙します。

劉邦は夏侯嬰と簫何二人が、尋常ではない人材として推挙してきた人物を

すぐに役職を与えます。

しかしその人物は翌日脱走します。




千年に一人の逸材Kを捕まえろ

韓信 項羽

 

簫何はKが脱走した事を知ると彼を捕えるため、急いで後を

追いかけます。

事情を何も知らない劉邦は、簫何が脱走した事を激怒すると共に

今後の展望に不安を覚え絶望します。

簫何はKを捕え、自らの幕舎に連れて帰ります。

劉邦は簫何が帰って来た事を知ると激怒し、「なぜ脱走したのだ」と

怒鳴りつけます。

簫何は劉邦の話を全て聞き終わった後「王よ。私は

この者を捕えに行っただけなのです。」と弁明します。

劉邦は「嘘をつくな。こんな奴を捕まえに行くなら他の奴でも

出来るだろう」と再度怒鳴ります。

すると簫何は「王よ。この者は千年に一度の逸材です。この者を逃せば

王は天下を取る事は出来ないでしょう。

どうか彼と話して、その才能に納得いただけたら

大将軍の位を与えてください」と頭を下げて懇願します。

劉邦は彼が頭を下げて懇願している姿に驚き、本当に才能があるのか

Kと話し込みます。

するとKは劉邦軍の今後の軍事面での展望と戦略を語り始めます。

この話を聞いた劉邦は大いに感心し、彼を簫何の言う通り、

大将軍へ任命します。

 

はじさんクイズ(ちょいむず)

三国志クイズ

 

いつも突然やってくるはじさんクイズが始まりました

今回は少し難しいですよ。

簫何と夏侯嬰が推薦した千年に一度の逸材Kとは一体誰でしょう。

次の三択から選んでくださーい。

ヒントは背水の陣を敷いたあの方です

1韓信(かんしん)

 

2灌嬰(かんえい)

 

3韓王信(かんおうしん)

 

さてこの中から選んでください

 

 

韓信 将軍

 

正解は1番の韓信です。

そうなんです。韓信を逃がさないため、簫何は彼を追って行ったのです。

 

韓信 PR

 

漢軍の兵士に毛が生えた程度の役職しかもらっていなかった韓信が

簫何の推薦により一気に大将軍へと大出世します。

こうして韓信を手に入れた劉邦軍は大躍進を遂げていきます。

 

関連記事:史上最高の天才将軍 韓信(かんしん)は性格にかなり問題あり?

関連記事:【真田丸】真田信繁も背水の陣を敷いた?国士無双と謳われた天才武将・韓信との共通点

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

楚漢戦争時代簫何のように内政を重視して、行っていた人物はいないと思います。

張良や陳平、項羽軍の軍師范増達は軍略や策謀にかけては

素晴らしい才能を持っています。

しかし内政となると彼らはそんなに非凡な能力をもっていないと思います。

簫何は内政をしっかりと行い、劉邦軍が飢え無いようにしっかりと

補給経路を作り、安定した食料補給を行います。

また簫何は、人を見る目もしっかりと持っており、

韓信が脱走したと知ると丞相自ら追って連れ戻しているのはすごいです。

現在の世で表すなら、大臣が普通の自衛隊員が仕事を辞めると聞いて、

引きとどめる様なものです。

現在の世の中では絶対にありえない光景ですね。

 

【次のページに続きます】




次のページへ >
< 1

2

3 4>

関連記事

  1. 織田信長
  2. 劉備にアドバイスをする法正
  3. 諸葛瑾と幼い頃の孔明
  4. 豊臣秀吉 戦国時代

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP