よかミカンの三国志入門
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

潼関の戦いを勝利に導いた鍾繇その隠れた功績を紹介




馬超

 

西暦211年の潼関(どうかん)の戦い、詳細に見ると曹操(そうそう)の軍略がズバリ当たった戦いです。

しかし、その功績は曹操だけの手柄ではありません。

まったく目立たない所で曹操の勝利をアシストした存在がいたのです。

それは、許褚(きょちょ)丁斐(ていひ)?、いえ、そのどちらでもなく鍾繇(しょうよう)でした。

あの鍾会(しょうかい)の父として知られ、曹丕(そうひ)の時代に相国(しょうこく)まで昇った鍾繇

知られざる功績について紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:鍾繇(しょうよう)とはどんな人?関中の守備を任され、西方の憂いを絶ち、曹操の勢力拡大に貢献した文官

関連記事:三國無双のイケメン武将・魏の鍾会にまつわるエピソードがすごい

 

 

曹操の関中平定の下準備を施した鍾繇

 

鍾繇は楚漢戦争時代(そかんせんそう)劉邦(りゅうほう)を苦しめた名将、鍾利昧(しょうりまい)の子孫であると言われます。

荀彧(じゅんいく)荀攸(じゅんゆう)郭図(かくと)などと共に孝廉(こうれん)で推挙され、その後三公府に招聘(しょうへい)され

廷尉正、黄門侍郎(こうもんじろう)になります。

 

当時、後漢王朝は董卓(とうたく)の独裁により洛陽(らくよう)を放棄して長安(ちょうあん)遷都(せんと)していました。

これは、洛陽以東の群雄に対する後漢の影響力を大きく低下させると同時に

李傕(りかく)郭汜(かくし)の出身母体である涼州を含む関中軍閥の勢力を拡大させました。

 

なにしろ、李傕郭汜には政治などまるで分らず、食べ物が無くなれば

適当な城邑(じょうゆう)に襲いかかり、略奪(りゃくだつ)殺戮(さつりく)を繰り返すというヒャッハー状態

これにより長安周辺は無法地帯になり、力だけが支配する暴力の巷になります。

 

そんな中で鍾繇は、献帝(けんてい)を長安に置いておく危険を認識し、

策謀を用いて遷都を行い、李傕郭汜の手から献帝を引き離しました。

これ以前、鍾繇は曹操が長安に派遣した使者を李傕が抑留しようとするのを

弁護して無事に帰れるようにし、曹操から注目されていたので、

献帝が許に落ち着くと次第に重く用いられるようになります。

 

 

関中統治を曹操に命じられ超法規措置で混乱を収拾

関中統治を曹操に命じられ超法規措置で混乱を収拾

 

曹操が献帝を擁しても、洛陽から西の騒乱は収まりませんでした。

しかし、当の曹操も呂布(りょふ)袁紹(えんしょう)、黒山賊の討伐に忙しくなり

そこまで手が回りませんでした。

そこで、鍾繇に侍中(じちゅう)の地位を保持したままで司隷校尉(しれいこうい)を兼務させて

持節(じせつ)を与え関中方面の軍事と内政を任せたのです。

 

曹操は関中という土地の複雑さを考えて、鍾繇には法に拘束されない

大幅な権限を与えて、思い切ってやるように発破をかけました。

長安に入った鍾繇は、その頃、勢力を二分していた馬騰(ばとう)韓遂(かんすい)を呼び出して

曹操に従う事のメリットと叛いた時のデメリットを説きます。

二人は、鍾繇の説得に応じて人質を差し出し曹操の指揮下に入りました。

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  

官渡の戦いをアシストし河東の反乱を鎮圧する

 

西暦200年、曹操が袁紹と官渡の戦いを開始すると

鍾繇は関中から馬二千頭を供出し、曹操の補給を助けます。

曹操は鍾繇を前漢の蕭何(しょうか)に準えて賞賛しています。

 

西暦202年、袁尚(えんしょう)は河東の匈奴単于(きょうどぜんう)呼廚泉(こちゅうせん)を扇動して

平陽で反乱を起こさせます。

これに対し鍾繇は平陽城を包囲して攻撃を開始しますが、

袁尚は、郭援(かくえん)高幹(こうかん)を派遣し平陽の救援に向かわせました。

しかし、郭援の勢いが盛んな事から部下は怖気づき

撤退(てったい)を進言するものが出ます。

 

鍾繇「我が軍の不利は分かっている、だからこそ退却する事は出来ない

我々の動向は関中の軍閥も気にし、どちらに付くか迷っている所だからだ

今、平陽を投げ出して退却すれば、関中軍閥は雪崩(なだれ)を打って郭援に味方し

我々は無事に生還する事も難しくなるだろう

また、敵将の郭援と私は縁戚だ、あやつの性格は知り尽くしている

落ち着いて戦えば、必ず退ける事が出来る」

 

鍾繇は、このように言い張既(ちょうき)に命じて馬騰(ばとう)に説いて郭援に対抗させます。

実は馬騰は、袁尚に説得されて鍾繇を裏切るつもりでしたが、

「ここで活躍しておけば曹操の覚えもめでたく重く使われるだろうが、

叛いて敗れれば、これまでの功績が水の泡になる」張既に説得され変心、

息子の馬超(ばちょう)龐徳(ほうとく)等1万の軍勢を派遣して、郭援が平陽城の途中の

汾水(ふんすい)を渡る途中を狙って攻撃し、これを撃破します。

 

衛固の反乱を鎮圧して荒れ果てた洛陽を再興

衛固の反乱を鎮圧して荒れ果てた洛陽を再興の地図

 

西暦205年、河東の軍閥の衛固(えいこ)が、高幹(こうかん)張晟(ちょうせい)張琰(ちょうたん)と結んで叛きます。

この時には、衛固が主体というわけではなく并州を収めていた高幹が、

曹操が烏桓(うかん)討伐で不在になった隙をついて上党太守を捕虜にして壷関(こかん)を閉鎖

それに呼応する形で、衛固も蜂起したのです。

 

反乱は河北から関中に渡る大規模なものになり、多くの郡県が落とされますが

鍾繇は慌てず、張既に命じて馬騰を招集、自らが大将になって衛固を破りました。

その後、反乱の首謀者、高幹も楽進(がくしん)李典(りてん)、鍾繇、張既、杜畿(とき)賈逵(かき)の連携で

追い込まれ呼廚泉の援軍も得られずに孤立、曹仁(そうじん)に壷関を落とされると

荊州に逃げのびようとしますが、上洛都尉王琰(おうたん)に殺害されました。

 

扇動の源である袁氏も滅び、高幹が消え反曹的な勢力が消滅した所で

鍾繇は今後の事を考え、董卓の乱の後、廃墟になっていた洛陽の再興に着手し、

関中に避難していた住民を帰還させると同時に、逃亡者や犯罪者も

罪を許して入植させる事によって、人口を回復させました。

 

後の潼関の戦いでは、曹操は洛陽を経由して軍を潼関に進めたので

鍾繇が洛陽の人口を回復させた事が非常に役に立ったのです。

 

潼関の戦いを誘発した鍾繇

馬超と龐徳

 

西暦211年、漢中の張魯(ちょうろ)討伐に先立ち、鍾繇は関中軍閥に命じて、

改めて人質を鄴に送る事と張魯討伐に参加する事を強制しました。

この時、関中の内省担当の衛覬(えいき)が、鍾繇のやり方は関中軍閥を追い詰めて

反乱を誘発すると反対しますが、曹操は鍾繇のやり方を採用します。

結果は、衛覬の見通しの通りになり、曹操は一万単位の兵力を失いますが

鍾繇は変わらず重用されていました。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

潼関の戦いは、関中に軍閥が割拠する限りはいつかは起きる戦いでした。

仮に衛覬の言い分を100%受け入れても、どこかで必ず反乱は起きたでしょう。

だからこそ曹操は、鍾繇を咎めず、変わらず重用したのだと思います。

 

鍾繇がいなければ、関中における反乱は、さらに曹操を苦しめていただろうと

推測され、それは官渡の戦いや漢中攻略戦にも影響を与えたでしょう。

後の諸葛亮の北伐に至るまで、魏が蜀に対して有利な状況を保てたのは

ひとえに鍾繇の手柄と言えると思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:鍾会の蜀討伐案と羊祜の呉討伐案の違いってなに?

関連記事:【劉備・曹操・孔明英雄亡き後】軍事面で活躍した人物は鍾会、鄧艾それとも諸葛誕!?正史三国志・魏書からご紹介

 

転職活動に役立つ特集記事 三国志と転職

 

 

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 「わしの樊噲じゃ」盗賊達を震え上がらせ、曹操の命を救った許褚の武…
  2. 【空海KU-KAI】空海が修行した長安青龍寺によかミカンが行って…
  3. 曹爽討伐に成功後の司馬懿の対応が神ってる
  4. 趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの?
  5. 呉の大都督、周瑜の魅力がありあまり過ぎて困る7つの理由
  6. 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!
  7. 【すっきり解説】曹操の元に徐庶が留まり続けた理由
  8. 関羽と法正、正反対のイメージの二人の意外な共通点

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 井伊直弼とは何者?英雄・冷酷な独裁者?
  2. 2分で分かる合肥の戦い その2 孫権の度胸の良さとは!?
  3. 後北条氏滅亡は氏政の判断ミスだった?
  4. 北条早雲の死因、戦国長寿大名の最期とは?
  5. 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?
  6. 涙なしには語れない桃園の結義

三國志雑学

  1. 鄧禹と兵士
  2. 問題を解決する楊脩
  3. 魏延の謀反を察する孫権
  4. 関羽に無視される孫権
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志編集長 kawauso

おすすめ記事

【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに馬謖を追加しました なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは? 小栗忠順にも弱点があった?策におぼれた小栗に訪れた結末とは? 【袁家ファン必見】袁家はどうやって名門になったの?汝南袁氏の基礎を築いた袁安(えんあん)が超苦労人だった 孫権の妻たちは意外と知られてない? 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽 【真田丸】三谷幸喜ならやりかねない?実は生きていた真田信繁!!頴娃にある伝・真田墓に訪れてみた 【捜神記】火星にときめいた人向け!1800年前の三国志時代にも肉眼でスーパーマーズが見えていた

おすすめ記事

  1. 韓非が作った故事成語「矛盾と守株」の真の意味とは?
  2. 太史慈vs許褚どっちが強いか今夜比べてみた!?
  3. 【応仁の乱】11年間続いた応仁の乱の幕開け御霊合戦とは
  4. 戦国策【東周策】欲望で大国を釣るの巻
  5. 【冷気骨に徹る】秋風五丈原、そんなに寒かったの?
  6. お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!
  7. 【感動!】公孫瓚が白馬義従を結成した経緯がドラマチック
  8. 後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP