呂布特集
コメント機能リリース


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

関羽は本当に反権威の人だったのか?

関羽

 

 

 

昔から、張飛(ちょうひ)関羽(かんう)の性格は対照的とされていて、張飛は上の人間にへつらい

下の人間に厳しく当たる権威主義的性格とされ、逆に関羽は上の人間を憎み

下の人間には寛容な反権威主義的な人だと言われてきました。

しかし、本当にそうなのでしょうか?正史の三国志を読んでみると、

反権威に見える関羽も、実はそこそこ権威主義者に見えるのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:関羽を倒さなかった黄忠に、よかミカンが異議アリ?

関連記事:周倉(しゅうそう)と関羽はどんな関係だったの?三国志の上司と部下事情

 

 

曹操は否定するが漢王朝の権威には従う関羽

 

西暦200年、劉備(りゅうび)曹操(そうそう)暗殺計画に加担し、それがバレる前に袁術(えんじゅつ)討伐へ向かい

さらに徐州に取って返し、徐州刺史の車冑(しゃちゅう)を殺して小沛を陥れ、関羽には

下邳(かひ)を防衛させて備えますが、曹操に撃破され劉備袁紹(えんしょう)を頼り逃亡し、

関羽は逃げきれずに、曹操の軍門に下ります。

 

そこで、関羽は顔良(がんりょう)を斬るなどの手柄を立て曹操は漢寿/亭侯(かんじゅ・ていこう)に封じています。

結局、関羽は劉備の下に帰ると宣言しているので曹操は否定していますが

曹操がくれた漢王朝の位は否定していない事になります。

 

嬉々として漢の封侯を受ける関羽、ちょっと権威主義的かも・・

もっとも、全ての権威を否定すると義兄弟である劉備の漢王室の血筋も

否定しないといけなくなりますから、いかに実質は曹操の傀儡(かいらい)とはいえ

漢の封侯を拒否しないのが権威主義的だとは言えないかも知れません。

 

 

新参者の黄忠と同列に並ぶのを拒否する関羽

 

西暦219年、定軍山で夏侯淵(かこうえん)を破り、漢中から曹操の勢力を追い出した劉備は

自分の先祖の劉邦(りゅうほう)の故事にならい漢中王(かんちゅう)を名乗り、苦楽を共にした自分の部下に

功績に応じて爵位を与え始めます。

一応、献帝(けんてい)には即位の件は連絡していますが事後承諾みたいなものでした。

 

その中でも、夏侯淵を斬る大きな手柄を挙げた黄忠(こうちゅう)後将軍(ごしょうぐん)にして報います。

こちらは、前後左右将軍(ぜんごさゆうしょうぐん)という位で、それぞれ張飛馬超(ばちょう)、関羽、黄忠

受ける事になりました。

 

ところが、ここで諸葛亮(しょかつりょう)が劉備に苦言を呈します。

新参の黄忠と古参の関羽を同列にすると関羽が怒り受けないだろうと言うのです。

案の定、自分と黄忠が同列と聞いた関羽は

「あんな老いぼれと一緒は嫌だ」とゴネ、結局、費詩(ひし)の説得で

渋々受けるという流れになります。

  はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

関羽の怒りは本当に実力だけに向いていたのか?

 

関雲長(かんうんちょう)は、プライドが高い性格なので、どこの馬の骨とも知らない黄忠が

自分と同じ地位である事を悔しく思ったのだと一般には説明されます。

でも、本当にそうでしょうか?ちょっと孔明(こうめい)のセリフを見てみましょう。

 

「黄忠の名望は素より関羽、馬超(たぐい)ではありません。

しかし今、にわかに同列にしようとしておられます。

馬超や張飛は近くに在って親しくその功を見ており、

きっと聖旨を理解するでしょうが、関羽が遠くに聞けば

恐らくは、きっと不愉快になりましょう。

よからぬ事ではありませんか!」

 

黄忠は馬超や関羽より格下の名声しかないので、

関羽と同じ地位にしては、その活躍を知らない関羽は、

きっと機嫌を損ねるだろうというのです。

 

ここで、孔明は声望を問題にしていますね。

単純に実力だけではなく、家柄から来る名声も関羽は気にし

黄忠と同列に並ぶのを嫌がるだろうと言っているのです。

そう黄忠が強いかどうかだけでなく、名声において

馬超や自分に及ばない事を関羽は問題視しているわけです。

これって、かなり権威主義的ではないでしょうか?

 

 

関羽は馬超の家柄と名声に遠慮している

 

ちょっと時間を遡って、馬超が劉備に投降した時を見てみましょう。

214年、曹操に敗れて根拠地を追われ、張魯(ちょうろ)からも見限られ落ちぶれた馬超は

劉備が成都を包囲している事を知って手紙を送って降伏の意志を伝えます。

 

劉備は喜んで馬超を迎え、情報を聞いた劉璋(りゅうしょう)は恐れを為し間もなく降伏しています。

この頃に荊州を守っていた関羽は、孔明に手紙を出し馬超の人となりを尋ねます。

要は「自分と比べて馬超はどうであろうか?」という事でした。

 

関羽の泰山(たいざん)より高いプライドを承知している孔明は、

「馬超は、彭越(ほうえつ)黥布(げいふ)に匹敵する勇者で張飛と並ぶ人物ですが

髭殿(ひげどの)には一歩及ばないでしょう」

このように関羽を持ち上げて、関羽の自尊心を満足させました。

余りに嬉しすぎて、関羽は来客に手紙を見せびらかしたそうです。

 

この遠慮がちで少し卑屈な関羽の行動に、kawausoは馬超の毛並みの良さに対する

関羽の鬱屈(うっくつ)した負の感情を感じてしまいます。

ここには、馬超の先祖が後漢の名将、馬援(ばえん)である事や、馬援の娘が馬皇后として

二代皇帝、明帝(めいてい)の皇后になっている事に対する名門への引け目が存在していたのでは

ないかと思われるのです。

 

逆に黄忠は強いかも知れませんが、出自は南陽の出身としか分かりません。

関羽同様に士大夫ではない可能性もあり、関羽としては、気後れする必要がなく

遠慮なく「老いぼれ」と言えたのではないでしょうか?

つまり、馬超は家柄から来る名声があるから、手柄がなくとも認めるが

黄忠はそうではないじゃないか!と関羽は言いたいのです。

 

孫権には反抗している?

 

「ちょっと待って、関羽は孫権(そんけん)が嫁をくれと言った縁談(えんだん)も蹴っているけど

あれは反権威的じゃないの?」そんな意見もあるでしょう。

 

しかし、孫呉というのは孫堅(そんけん)の前は士大夫階級ではなく

孫権魯粛(ろしゅく)に「あなたは曹操に降伏し侯で無くなったら一生庶民で終る」と

言われて開戦を決意した位でした。

 

今は立派に着飾っていても、元は魚醬(ぎょしょう)臭い海運事業者の(せがれ)

関羽は考えていたでしょうから、何も気遅れする必要はないのです。

そうでなくても状況次第で、魏についたり離れたりする孫権を、

軽蔑(けいべつ)していたのは間違いなさそうですしね。

 

陸遜(あなど)ったのも無名だから・・

 

関羽が樊城(はんじょう)襄陽(じょうよう)を包囲している頃、陸遜(りくそん)(へりくだ)った手紙に安心し

後方の警戒を解いたのも有名な話です。

この頃、陸遜は呉では知られていても国外では無名でした。

もし、相手が呂蒙(りょもう)なら関羽も手紙程度で油断しなかったでしょうが

やはり無名=大した事がない人物という権威主義的な

色眼鏡から陸遜の力量を誤ったと考えられます。

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

馬超の戦歴ついては、潼関(どうかん)の戦いで曹操を追い詰めたのがピークで

蜀軍に入ってからは、特筆するような手柄を立てていません。

一方の黄忠は、定軍山で夏侯淵を討ち取って漢中(かんちゅう)を領有し、

(しょく)が長期政権を維持する事を可能にする大手柄を立てました。

 

関羽が反権威であるなら、むしろ黄忠が実力で後将軍になる事は賛成し

馬超が左将軍になるのは「手柄もないのに」と反対すべきです。

しかし、事実は逆になっているので、関羽は家柄や名声も含めて人を見ていた

ある程度の権威主義者だったと結論するしかありません。

 

もっとも張飛のように、下の人間には容赦なく過酷な刑罰を与えるような

露骨な権威主義者ではないので、関羽も生身の時代は人の子であり

そこそこ権威主義だった、そういう事ではないかと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:関羽と法正、正反対のイメージの二人の意外な共通点

関連記事:関羽はお金の神様?風水における関羽像について

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1  

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 土いじりをする劉備 劉備の経歴を調べたら実は貧乏ではない!挙兵までの劉備の姿を暴け!…
  2. 伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓
  3. 曹茂 呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選
  4. 孫権に攻められ戦死する黄祖 2分で分かる合肥の戦い その2 孫権の度胸の良さとは!?
  5. 典論を掘る曹丕 【魏皇帝】曹丕は有能なのに「イマイチ」だと扱い始めたのは誰?
  6. 袁術と呂布 【袁術の戦いを振り返る】徐州・豫州の戦いには人間ドラマが盛り沢山…
  7. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第13部
  8. 【はじめての西遊記】ウキッ!と登場、孫悟空(そんごくう)って何者…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 大村益次郎 幕末
  2. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン
  3. 魏から蜀に下る姜維
  4. 嬴政(始皇帝)
  5. 上杉謙信
  6. 馬超の兜にフォーカス
  7. 徐晃と許チョと曹操
  8. 魏の文官・李孚(りふ)

おすすめ記事

  1. 三国志の時代にも暗号があった!陰書と陰符
  2. 金栗四三と春野スヤはどんな結婚生活を送っていたの? 金栗四三 いだてん
  3. はじめての三国志Kindle Unlimited読み放題サービスを紹介するよ!
  4. 福山藩主としての阿部正弘は領民には迷惑な君主だったの? 玉乗りをしている阿部正弘
  5. 届け!お手紙、三国時代には郵便制度があった!? 兵士
  6. 明智光秀の辞世の句とは?本能寺の変を正当化させるためだった? 燃える本能寺

三國志雑学

  1. 郭嘉
  2. 甄氏(しんし)
  3. 孔明のテントがある野外のシーン
  4. 三国志 麻雀


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 近藤勇と関羽
  2. 孔明もコペルニクスに似ていた
  3. 袁術と一緒にはちみつを楽しむ袁燿(えんよう)
  4. 弩(ど)を発射させる蜀兵士達

おすすめ記事

豊臣秀吉 戦国時代 【センゴク】羽柴秀吉はどうやって関白に就任することができたの? まだまだあるよ!諸子百家シリーズ 陰陽家・農家・小説家 劉備と酒を交わす曹操 【劉備の逸話】大耳児のネーミングは曹操?大耳児の由来から劉備の逸話を紹介 董允 董和(とうか)とはどんな人?孔明に認められた蜀の貴重な人材 こいつらが悪役達だ! 【水滸伝】こいつらが憎っくき悪役達だ!! 羅憲 三国志で映画にしてほしいシーンベスト10 曹植 神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介 真田丸 いまさら聞けない真田丸って一体何なの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP