魏呉蜀の読み方は?領地の場所や有名な武将・軍師って誰?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

新解釈・三國志 NO斬首と叫ぶ孔明 孔明、周瑜

 

12月11日にいよいよ上映された『新解釈・三國志』皆さんは、もう御覧(ごらん)になられたでしょうか?

今回の映画で三国志に興味が出て、調べてみようと思った方も多いかと思います。

 

赤壁の戦い

 

コメディ要素満載で笑えた『新解釈・三國志』ですが、2時間という尺の中で三国志の中盤の赤壁の戦いまでやったので、三国志の主役である()()(しょく)については本当に簡単にしか触れていない状態でした。

 

羅憲

 

そこで、はじめての三国志では、映画に登場する魏・呉・蜀のそれぞれの国の成り立ちの違いについてザックリ解説しましょう。




 

魏呉蜀って何?ザックリ解答

 

魏、呉、蜀とは1800年前の中国に存在した国の名前です。

大体、中国全土の70%を魏が、20%を呉が10%を蜀が持っていると思えば間違いないでしょう。

魏は曹操が、呉は孫権が、蜀は劉備がボスだと思って下さい。

 

黄巾賊の反乱が起きた後、中国は群雄割拠となり、10以上の勢力が各地に出現して争いましたが、その中から、曹操、孫権、劉備が抜け出して、西暦220年頃には、おおよそ3ヶ国にまとまります。

結局、この3国から天下統一を成し遂げる勢力は出現せず、魏を乗っ取った司馬氏が蜀と呉を滅ぼし西暦280年に天下を統一します。

以上、ザックリと魏呉蜀について解説しました。

 

魏とはどんな王朝?

魏の曹操孟徳

 

魏は、映画では小栗旬(おぐりしゅん)が扮した曹操が建国した国です。大金持ちながら宦官(かんがん)の孫として蔑まれた曹操ですが、小男ながら知恵が回り時勢を読む力に優れ、反董卓連合軍の解散後、中国14州の1つ兗州を支配。

 

新解釈・三國志 門番する不真面目な黄巾賊

 

その後、青州黄巾賊を下して配下に加え、長安から逃れて来た後漢皇帝を保護、その威光を最大限に利用し、

 

呂布にとどめを刺すよう曹操に献策する郭嘉

 

袁術(えんじゅつ)袁紹(えんしょう)呂布(りょふ)、というライバルを次々と打ち倒していきます。

 

赤壁の戦いで敗北する曹操

 

そして中国14州の9州を支配した所で、赤壁の戦いで手痛い敗北を喫しました。

 

【熱き戦いの記憶をコンパクト化】
三国志主要戦図一覧

 

魏の領地

洛陽城

 

魏の領地は三国が成立した西暦229年時点で

 

1.幽州(ゆうしゅう)

2.并州(へいしゅう)

3.青州(せいしゅう)

4.冀州(きしゅう)

5.豫州(よしゅう)

6.雍州(ようしゅう)

7.司隷(しれい)

8.兗州(えんしゅう)

9.荊州(けいしゅう)(北半分)

 

このように魏は、中国14州の2/3を領有し圧倒的な国力を持ちました。

 

邴原(へいげん)が立ち上げた学問所に子供の生徒たちが集まる

 

人口は443万人、役人は6万~14万人で、兵力は40万~50万人です。魏の兵力と人口は、呉と蜀を合わせたよりも大きく、元々、中国文明が発展した地域を支配していたので、文化の水準も高い国でした。

 

司馬懿

 

結局、曹操は存命中に天下統一が出来ず、孫の時代に、家臣の司馬氏(しばし)に国を乗っ取られ晋が建国されますが、晋は魏の国力が母体なので、天下統一に魏が果たして役割は大きいと言えます。

 

関連記事:魏のラストエンペラー曹奐(そうかん)魏の最後はどうやって迎える事になったの?

 

魏の有名な武将・軍師

そばを食べる曹操、夏侯惇、荀彧、曹丕、郭嘉、典韋

 

夏侯惇(かこうとん)

夏侯淵(かこうえん)

張遼(ちょうりょう)

張郃(ちょうこう)

楽進(がくしん)

于禁(うきん)

司馬懿(しばい)

李典(りてん)

徐晃(じょこう)

許褚(きょちょ)

典韋(てんい)

 

荀攸と荀彧

 

荀彧(じゅんいく)

郭嘉(かくか)

荀攸(じゅんゆう)

賈詡(かくか)

程昱(ていいく)

陳羣(ちんぐん)

 

呉とはどんな王朝?

呉の勢力を率いる孫策

 

呉は、孫権の兄である孫策(そんさく)が建国の(いしずえ)になりました。元々は、孫策や孫権の父である孫堅が袁術という群雄の配下として活躍していましたが、孫堅の死後、息子の孫策は袁術からの自立を図り揚州へと転戦していき、周辺の豪族を滅ぼしたり、味方につけたりして勢力を拡大していきます。

ほっぺたに矢を受ける孫策

 

しかし、孫策は強引な領土拡大で土地の豪族の恨みを買って襲撃され、矢傷が元で急死。その後は、『新解釈・三國志』でも登場した孫権が、孫策が残した家臣を引き継いで国をまとめていきます。

 

呉魏に臣従したり抜けたりを繰り返す孫権

 

そうして揚州の支配を固めた頃に、曹操が降伏勧告を出してきて、呉は降伏派と抗戦派に別れて争いますが、孫権は劉備と共に戦う道を選びました。

 

関連記事:呪い!?赤壁の戦いで魏軍を襲った疫病の正体とは?

関連記事:4671名に聞きました!赤壁の戦いの最大の功労者は誰?の集計発表!

 

呉の領地

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

呉の領地は、三国が鼎立(ていりつ)した229年時点で

 

揚州(ようしゅう)

交州(こうしゅう)

荊州(けいしゅう)(南半分)

 

この3州で、魏に次いで2番目の勢力を誇ります。

人口は230万人、役人は3万2千人、兵士は23万人と記録されています。

 

大船団を率いて呉を攻める王濬(おうしゅん)

 

呉は長江を挟んでいる性質上、水軍が発展していて魏は侵略するのに、どうしても水戦を挑む事になりましたが、北方の魏の兵士は、船に慣れていませんでした。『新解釈・三國志』でも、水に慣れていない魏軍に疫病が発生した描写がありますが、疫病自体は史実で、それらもあり赤壁で曹操を破り存続します。

 

酒癖が悪い孫権

 

しかし、それで安心したのか孫権は次第にボンクラ化していき、晩年は後継者争いで国力も人材も失われ、魏を継いだ晋により西暦280年に滅ぼされました。これにより、西暦184年の黄巾の乱を始まりとする三国の動乱は96年で統一されるのです。

 

関連記事:【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>
  • コメント: 1

関連記事

  1. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  2. 夏侯覇の妻は誰?
  3. 歳をとっても元気な孔明
  4. 郭嘉
  5. ドケチな孔明

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 板倉
    • 2020年 12月 24日

    しょうもない理由。これは的確過ぎる表現。確かにしょうもない理由だった(笑)




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP