諸葛亮孔明とはどんな人物なの?三国志初心者に分かりやすく解説

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

諸葛亮孔明とはどんな人物(1P目)


諸葛孔明は貧乏だった?(kawa註)2018/11/15 追記

劉禅と孔明

 

劉備の息子の劉禅を補佐して、事実上の蜀の支配者として政治と軍事を切り盛りした孔明。

 

孔明

 

本当なら、これだけの権力があれば賄賂でも何でも取り放題で大金持ちになれそうですが、意外な事に孔明は貧乏でした。

 

諸葛亮孔明

 

孔明は劉禅に自分の財産として桑を800株、痩せ田が15傾あり、食べるには困らないし、仕事上必要な手当は十分受け取っており、家にはめぼしい財産とてなく、死んでから隠し財産が出てきたりして、陛下にご迷惑をかける事はありません。

 

孔明インタビュー

 

このように語り自分に財産がない事を誇っているのです。

 

孔明

 

どうして、諸葛孔明が貧乏自慢をしていたかと言うと、蜀の国が実力に見合わない戦争を魏に仕掛けていて、その分、蜀の人民に重い税金を掛けていたからでした。

 

孔明

 

人民には重税を掛けて、孔明一人が大金持ちでは誰も納得しないですし、孔明を信用して全てを任せた劉禅が人民に侮られてバカにされてしまうでしょう。

 

孔明

 

孔明は、人民と同様に私も財産は蓄えておりません、同じく慎ましく倹約していると言いたかったのです。


赤壁の戦いと諸葛亮孔明

呉蜀赤壁の戦い

 

劉備・孫権連合軍と曹操軍が「赤壁」の地で激突した戦い。この戦に諸葛亮孔明も陰ながら参戦しています。

 

孔明 劉備の剣とハンコ

 

劉備が夏口(現在の湖北省漢口)へと到着すると諸葛亮孔明は「事態は急を要する。私は江東の孫権の元へ行き、助けを求めましょう」と言い残します。

 

呉の孫権

 

当時、孫権軍は柴桑(現在の江西省九江)に軍を展開、戦局を見守っていました。諸葛亮孔明が柴桑に着くと孫権と会い、現在の状況を説明。ある軍事作戦を提案します。

 

劉備と孫権同盟

 

「孫権殿が東で兵を挙げてくれれば、私ども劉備軍は漢水の南に集結。曹操から天下を奪いとることができましょう」当時の曹操軍の勢いは凄まじく、北方をすでに制圧、南下して荊州を破り、世間を震撼させました。劉備軍は立ち向かうことができず、やむなく逃げてきたのです。

 

続けて、諸葛亮孔明は2つの選択肢を提示。

「もし連合軍が実現すれば曹操軍を打ち破ることができるでしょう。しかし、叶わなければ、我々は曹操軍の一大臣にまでグレードダウンしてしまいます」

 

すると孫権がなぜ劉備軍は降参しないのかと反論。これに対し、諸葛亮孔明は「劉備様は地位が高く、投降などということは全く考えていない」と劉備の強さをあえて強調。孫権は怒りましたが、劉備軍のヒットポイントがどれほどか計れない以上、こちらに攻められては困ると心配します。

 

孫権と三国アヒル

 

孫権が冷静になって、分析し直すと

 

1.曹操軍は劉備軍を追って相当体力を消耗している。そして夜通し追いかけてきたのだろうから、兵も士気が下がっているはず。

2.北の曹操軍は水に不慣れである。よって、劉備軍と我が孫権軍の水軍をもってすれば、打倒曹操も不可能ではないという結論に達します。

 

三国時代の船 楼船

 

ほどなく孫権軍は周瑜、程普、鲁粛と3万の水軍を赤壁へと派遣。両軍はついに砲門を開きます。

 

むち打ちで裁かれる黄蓋

 

一方の諸葛亮孔明は軍を率いて親玉・劉備と合流、ほどなく曹操軍は黄蓋の「火攻め」によってひん死のダメージを受けます。

 

魏曹操と魏軍と呉軍

 

追い打ちをかけるように兵士の間で流行病も蔓延して、曹操は北へ撤退を開始します。ここに劉備・孫権連合軍の勝利が確定したのです。このように劉備・孫権連合軍の橋渡し役を行ったのは口が達者な諸葛亮孔明。現在の外務大臣のような存在として赤壁の戦いに加わっていたのです。


荊南四郡を奪取する諸葛亮

孔明 東南の風

 

赤壁の戦いは映画にもなりましたが、実はその後があります。曹操が北に遁走したということは荊州の地を取るチャンスでした

 

劉備と孫権

 

そこで劉備軍は「荊南四郡」を奪ってしまおうと画策します。西暦208年のことでした。

 

孔明

 

まず劉備は諸葛亮孔明の地位を「軍師・中郎将」にまで上げてやります。ついに諸葛亮孔明、レベルアップです。権力を握った諸葛亮孔明は「零陵」、「桂陽」、「長沙」の税収をちょろまかし、軍資金を調達します。

 

龐統

 

しかし、劉備はホウ統を耒陽令に留め、役職を与えませんでした。

 

龐統

 

そこで、諸葛亮孔明は「彼は大物の予感がする。昇進させるべきでしょう」とアドバイスすると劉備は諸葛亮孔明と同じ軍師・中郎将に任命。

 

龐統

 

諸葛亮孔明の予想は的中し、ホウ統は才能を遺憾なく発揮するのでした。

 

西暦211年。益州牧(市長のようなもの)の劉璋がおどおどしているうちに劉備軍は荊州に進軍。益州の地が射程圏内に入ります。北朝鮮にとっての日本海のようなものです。

 

龐統

 

すると諸葛亮孔明が劉備に進言。

「今がチャンスです。荊州を関羽・張飛・趙雲にまかせ、ホウ統を連れて大将自ら益州に乗り込みましょう」

 

ほどなく大将・劉備は益州入城を果たします。劉璋は部下が劉備のスパイと思い、処刑。

 

劉備に仕える張裔

 

劉備と劉璋は仲たがいし、これを理由に劉備軍は成都へと攻め込みます。西暦214年。劉備が成都へ入ったことを聞いた諸葛亮孔明。

 

龐統と的盧

 

戦いの最中、仲間のホウ統が流れ矢によって命を落とします。

 

はじめてのプロ野球 関羽

 

荊州を守っていた関羽・張飛・趙雲は劉備と合流し、成都を完全に制圧。劉璋は敗北します。

 

孔明

 

こうした成果の影には諸葛亮孔明の軍事作戦がありました。その結果、彼は「金250キログラム、銀500キログラム、そして50万両に錦」まで劉備から授かります。そして役職は「軍師将軍」となり、劉備が出兵するときは成都の防御を任されるまでに出世します。

 

親バカな諸葛孔明

 

事実上、国家の首都をまかされたようなものですから、現代でいうところの東京都知事ぐらい有名な人物でした。諸葛亮孔明、2回目のレベルアップです。

 

曹操

 

西暦217年。

兵力を回復した曹操が満を持して漢中へと進軍、漢中は益州の目と鼻の間です。曹操軍と劉備軍とのバトルは避けられませんでした。

 

孔明

 

このとき諸葛亮孔明はこんな詩を詠んでいます。「男子は戦場、女子は運に恵まれている」と軍師ながら戦うしかない状況を嘆いています。あわよくば戦わずして勝利を得たかったのでしょう。

 

法正に敗れる夏侯淵

 

西暦219年。漢中の戦いは劉備軍がビクトリーで幕を閉じます。

 

蜀の皇帝に即位した劉備

 

劉備は自ら「漢中王」を名乗り、諸葛亮孔明の軍事作戦は成功裡に終わりました。


南蛮討伐のリーダーになった孔明!

孔明君のジャングル探検

 

西暦225年の春。諸葛亮孔明は南蛮討伐へと向かいます。ここまで来ると大佐クラスです。アメリカ合衆国大統領も一目置くような存在です。そのうえ劉禅から「黄金の武器と鎧に音楽隊、そして60人の精鋭」までプレゼントされます。

 

孟獲

 

そして不毛の地で孟獲(もうかく)らとやり合います。そこでは馬謖(ばしょく)を使うことを提案。南蛮を武力ではなく心理作戦で治めることにします。

 

7回捕まり孔明にボコボコにされる孟獲

 

孟獲を捕らえては放すということを7回も繰り返し、ついに万策尽きたというところまで孟獲を追い込むのです。12月にほぼ南蛮を平定した諸葛亮孔明、無事に成都へ帰還を果たします。こうして北伐の基礎固めが整いました。


諸葛亮孔明 VS 司馬懿

曹丕

 

北伐の契機は魏の皇帝・曹丕の死でした。

 

曹叡

 

子の曹叡が後を継いだものの経験が浅く、魏を統治しきれないと諸葛亮孔明は踏んだのです。

 

北伐でやりあう曹叡vs孔明

 

西暦229年の春。諸葛亮孔明は陳式を武都(現在の甘粛省成県)と陽平(現在の甘粛省文県)に派遣します。そこを治めていた郭淮は兵を救出し、撤退。陳式は2つのエリアを獲得します。

 

魏の武将をまとめた趙嚴(ちょうげん)

 

翌年の秋、魏軍が漢中へと攻めてきます。

 

祁山、街亭

 

漢中は曹操が取ろうとして劉備に取られた場所、魏軍としては喉から手が出るほど欲しい要衝の地だったのです。

 

雨の中進軍する曹真

 

魏軍の司馬懿は西から攻め、諸葛亮孔明は籠城作戦をチョイス。このとき、大雨が30日に渡って降り続け、魏軍はやむなく撤退します。

 

魏延と孔明

 

同じ年、諸葛亮孔明は魏延と呉懿を派遣し、魏軍の費曜と郭淮を倒します。なんと漢中を取りにいったはずの魏軍は、諸葛亮孔明によって返り討ちに遭ってしまうのです。続けて、魏延、高翔、呉班の三人を派遣。司馬懿に追い打ちを駆けます。

 

夜の五丈原で悲しそうにしている孔明

 

ところが、今度は諸葛亮孔明が天に召されてしまいます。世にいう五丈原の戦いです。こうして諸葛亮孔明は軍師だけでなく、将軍としても十分に役割を発揮し、死後をも司馬懿を怖がらせる存在とした世に語り継がれます。

 

諸葛亮孔明はどのように埋葬されたのか?

劉禅

 

蜀軍が成都に戻ると劉禅は諸葛亮孔明を「忠武侯」に任命します。日本の警察でもよくある殉職による二階級特進です。

 

孔明

 

本人の遺言により、遺体は漢中の定軍山に埋葬されます。墓が造られ、棺はその下に収められました。諸葛亮孔明は生まれが貧しく、大した財産もありませんでした。800株の桑の木と小さな土地があるだけ。衣服は朝廷から支給されていましたから、自給自足できたのです。

 

彼は死ぬ間際にあって、服は普段着でよい。豪華な着物はいらない。穴を掘って、棺をそっと収めてくれれば、それでいいと言ったそうです。しかし、蜀の各地では「諸葛亮孔明廟」が建てられ、崇められました。時期になると地元の農民たちがお祭りを開き、諸葛亮孔明の死を弔いました。

 

蜀の法整備を実施

鄧芝が孔明にアドバイス

 

軍師として名高い諸葛亮孔明ですが、蜀の法整備にも力を入れていました。劉備が漢中王となって以来、法による支配を実施。特に刑罰に関しては厳格で、何も定めずにむやみに処刑を行えば民の反感を買うとして注意を払いました。

 

孔明

 

刑の執行に際しても慎重でなるべく長い猶予を与えるよう努力したそうです。法が乱れれば、政治も乱れ、国内は混乱に陥ると考えたからです。しっかりとした法整備することで民も安心して暮らせるようになるという思想が彼のシナプスとニューロンにあったのです。

 

コードネーム諸葛亮孔明、その軍事作戦とは?

 

諸葛亮孔明は軍によって治めるとき注意していたポイントがあります。それが道徳的思想です。

 

孔明

 

道徳的に正しい方向で戦略を練らなければ、必ず失敗すると考えていたのです。攻めるにも守るにもそれなりの大義がなければ、ただのクーデターになってしまいます。

 

孔明VS曹操

 

曹操に対抗し、孫権と手を組んだ赤壁の戦いでも筋の通った理論を展開していたからこそ、孫権を仲間に加えることができたのです。

頭が切れる人物でないと外交は務まらないという証でしょう。

 

 

参考文献:

正史三国志/陳寿・[注]裴松之
諸葛孔明/植村清二
諸葛孔明上・下/陳舜臣
三国志人物事典/渡部精一
三国志ビジュアル百科/渡邉義浩
三国志/吉川英治

 

※本記事は、東方明珠が執筆を担当しました。

2018年11月15日にkawauso編集長が注釈を加えました。

2019年6月17日上海くじらが注釈を加えました。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:お勧めしません!部下をダメにする諸葛孔明の管理術

関連記事:天才軍師の条件ってなに?諸葛亮孔明・司馬懿仲達・黒田官兵衛・大村益次郎に共通している条件とは?

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝





< 1

2

関連記事

  1. 張飛にお酒はだめだよ
  2. 荊州争奪戦
  3. 曹操のムスコ達アイキャッチ2

    デザイン担当:よりぶりん

    集まれ曹操の25人の息子たち・その3

    曹操の13人の妻と25人の息子たちを、一挙…

  4. 長坂の戦い 張飛

    デザイン担当:よりぶりん

    三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで)

    ゼロからはじめる三国志、5秒でわかる三国志通称〇三五三…

  5. 残忍な曹丕

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP