編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての変

袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめてみた

この記事の所要時間: 454




袁術と孫策

 

三国志の群雄の中で、多くの人材に恵まれた人物と言えば誰でしょうか?

人間磁石と呼ばれた劉備?、才能さえあればオールOKの曹操?

それも正しいですが、実は袁術(えんじゅつ)なのです。

歴史上、袁術陣営には、他の群雄が喉から手が出るほど欲しい人材が、

何人も、通りかかっていました。




小覇王 孫策(そんさく)

孫策

 

言わずと知れた、呉の小覇王です。

父、孫堅(そんけん)が袁術の配下だった関係で、父の戦死後は、

袁術の配下として、一生懸命に働きます。

袁術の没落後には、江東で独立して、小覇王として、

三国の一角である呉の基礎を打ち立てます。

 

孫策

 

呉志では、袁術に愛想を尽かし独立したとされていますが、

事実は違い、袁術が死ぬ前まで関係は良好であった

というような話もあります。




美周郎 周瑜(しゅうゆ)

周瑜

 

赤壁の戦いの事実上の功労者の周瑜(しゅうゆ)も、孫策と義兄弟の契りを結んだ際に、

袁術のスカウトを受けていますが、周瑜は丁重に断っています・・

やっぱ、孫策(そんさく)のほうがいいんだってさ!!

 

関連記事:孫策・周瑜の断金の交わりを生み出したのは袁術のおかげだった!?

関連記事:孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!

関連記事:【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!

 

剛毅な山師 魯粛(ろしゅく)

魯粛と袁術

 

 

周瑜と非常に仲が良く、その縁で袁術にスカウトされています。

こちらは、史書によると、一次的ではありますが、

袁術に仕えて、彼の没後に、呉に移動したと取れる節があります。

演義では優柔不断ですが、正史では、関羽を言い負かして、

領土を取りかえすなど勇気のある剛毅な人物です。

 

関連記事:周瑜はどうやって時代を超越した軍師・魯粛を手に入れたの?

関連記事:稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い?

関連記事:呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!?

 

光武帝に連なるプリンス、劉曄(りゅうよう)

陳宮

 

劉曄は、魯粛の親友で、また、袁術が任命した盧江太守の劉勲

兵を預けたり孫策との戦いでアドバイスしたりしているので、

客将として袁術に仕えていた節があります。

 

山賊の鄭宝が劉曄を祀り上げて利用しようとしても、

宴会で騙しこれを斬殺して兵を吸収するほど、胆力があります。

 

袁術が長生きしていないので、彼は、孫策が劉勲を破って、

盧江を吸収すると、曹操の人材募集に応じて、蒋斉、胡質と共に、

魏に仕えてしまいます。

 

胡質は、征東将軍、楊陵亭侯、劉曄は大鴻臚で、東亭侯、

蒋済は、魏王朝で大尉、領軍将軍、昌領亭侯、といずれも、

魏の重臣に登る程の才能を示しました。

 

惜しい、袁術、もう少し長生きしていれば・・

 

袁術に仕えるのを頑なに拒否、何夔(かき)

袁家ヒストリー02 袁安

 

何夔は揚州の出身ですが、どういうわけか袁術が大嫌いでした。

袁家の縁者である事からスカウトしても拒否、197年に、

袁術が、大将軍橋蕤と共に、何夔が立て籠る城を脅迫しても、

再び拒否します。

最後には、曹操に仕えて、家臣の最高の爵位である列侯に昇進します。

袁術のどこが、そんなに嫌だったか分かりません・・

 

袁術にも曹操にも尊重された袁渙(えんかん)

彭越

 

 

袁渙(えんかん)は、謹厳率直な性格で、人を人とも思わないような

袁術にすら尊敬された武将です。

しかし、袁術が呂布(りょふ)に敗れた時、袁渙は捕虜になります。

さらに呂布が曹操に滅ぼされると、他の諸将が土下座して、

曹操を迎えるのに、袁渙は卑屈にならず、対等な口を聴き、

曹操に尊敬されます。

袁術軍に絶望的に不足している内政官僚であり、

諫義大夫兼丞相軍祭酒・郎中令兼行御史大夫事という要職を歴任します。

惜しい、、袁術が呂布に負けなければ、袁渙を失わなかったのに・・

 

数年頑張っても劉繇に勝てなかった恵衢(けいく)

基礎 孔明の後継者姜維03 魏延

 

袁術が勝手に任命した揚州刺史ですが、孫賁、孫静

と共同して、曲阿の劉繇を攻撃しますが数年掛けても歯が立ちません。

これを受けて、袁術は孫策を送り込み、これが孫策が江東に地盤を持つ

契機と言う事になります。

 

なんでしょう、この位の無能加減が、袁術の配下として安心します。

 

太守にするんじゃなかった・・九江太守、陳紀(ちんき)

趙達

 

元々、袁術は、孫策を九江太守にしようとしていましたが、

何故か、陳紀を太守にしてしまいます。

後に、袁術は、太守にするんじゃなかったと言ったそうなので、

それなりの手柄しかないでしょう。

 

太守になる前に病死 鄭泰(ていたい)・・

陶謙

 

何進(かしん)に招聘された特に、計略に優れていたとされる武将。

董卓(とうたく)の危険性に気づいて、ありとあらゆる計略を駆使して、

これを除こうとするが果たせず、李傕、郭汜が長安に入城すると

袁術の下に逃れて配下になります。

 

袁術が、鄭泰を楊州刺史に任命し、そこに赴任する途中病死

おまけに弟の鄭渾(ていこん)は袁術は長くないと見切りをつけ、

袁術が丁重に迎えたのに仕えるのを拒否して、曹操の下へ・・

 

脅迫しては、拒否され、丁重に迎えては去られ、

もう袁術、何がなんだか・・

 

息子を人質にされても袁術には仕えない 陳珪と陳登親子

陳登

 

袁術は、陳珪が自分同様に名門なので、楊州を支配すると、

これを配下に加えようと、文書で招聘するが、陳珪は拒否。

息子陳応を人質にされても拒否!

陳珪と陳登親子は、劉備を徐州から追い出した、

呂布(りょふ)に心ならずも仕えますが気持ちは曹操にありました。

呂布が袁術と同盟を結ぼうとするとこれを破談させています。

 

さらに婚姻を破談された、袁術が激怒して呂布を攻めると、

袁術の配下の、賊上がりの楊奉と韓暹を扇動して、

寝返らせ袁術軍を壊滅させます。

 

息子の陳登は、曹操に南の事は任せたと言われる程の人物、、

あーあ、この親子の一人でも袁術に仕えていたら・・・

 

関連記事:陳登(ちんとう)とはどんな人?劉備や曹操に認められた大才の持ち主

関連記事:【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ちんとう)はじさん臨終図巻

関連記事:陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の政治家

 

あの天才軍師の叔父、諸葛玄(しょかつ・げん)

諸葛一族

 

諸葛玄は、あの天才軍師の諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)の叔父です。

彼は、袁術の独自の命令で、豫章(よしょう)太守とされ、律儀に任地に赴きます。

しかし、後漢朝廷は、朱皓(しゅこう)を豫章の太守に任命して、

二人は任地でブッキングします。

ここでも、律儀な諸葛玄は、争わず、旧知の劉表を頼り襄陽に去ります。

この時の一行には、少年孔明も含まれているので、袁術が諸葛玄を

太守にしないで、手元に置いておけば、孔明は袁術の配下になった・・

という可能性も、百万が一、否定できないのです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

以上のように、袁術には人材がいないのではなく、

絶えず、目の前を通り過ぎているのですが、何故か袁術が嫌いだったり、

登用しても役に立たなかったり、袁術の死後、活躍したりと、

あまりにも、武将運が無さ過ぎるのです。

 

本日も、三国志の話題をご馳走様でした。

 




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.1
  2. 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術
  3. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1
  4. 【はじめての孫子】第12回:卒を視ること嬰児の如し、故にこれと深…
  5. 赤壁の戦いは計略の宝庫
  6. 【これだけ読めば大体わかる】山崎賢人主演!キングダム実写化の内容…
  7. 歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い
  8. 曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 122話:孟達の心変わり!孔明の失敗と司馬懿の復活
  2. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.3【完】
  3. 三国志ベストコンビネーション賞!感心・感動したコンビ10選
  4. 三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」
  5. 桓範(かんはん)とはどんな人?同郷の後輩曹爽の危機を救う為、逆転の策を献じた謀臣
  6. 張松(ちょうしょう)の裏切りがなければ劉備の蜀制圧は不可能だった?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

関銀屏(かんぎんぺい)とはどんな人?まさに三国志界のジェダイの騎士 3月レキシズルバーSP「はじめての三国志」をやってきたよ 超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表 漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの? 【危険】謀略の天才だった陳平の批判がエグすぎる 張繍と賈詡は曹操に降伏したのは本心からではなかった!? 王連(おうれん)とはどんな人?蜀の経済を支え、国庫の充溢を果たした名官僚 合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは?

おすすめ記事

  1. 孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?
  2. あの曹操が箱入り娘ってどういうこと!?華容道って、なに?
  3. 【三国志演義】孔明が残した錦嚢策(きんのうのさく)って一体なに?
  4. 忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10
  5. 初心者にも分かる!陸遜と諸葛亮孔明の関係性
  6. 舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪?
  7. 意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐統の容貌
  8. 陳泰(ちんたい)ってどんな人?司馬昭の親友でもあり正義感が強く清廉な将

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP