コメント機能リリース
馬超


はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【キングダムをより楽しむ】河了貂と蒙毅が解説「軍師はどうやって誕生したの?」




河了貂

 

キングダムには、武の象徴である将軍と、智の象徴である軍師が出てきます。

前者は信(しん)や、麃公(ひょうこう)、蒙武(もうぶ)のような存在、

後者は、李牧(りぼく)昌平(しょうへい)君河了貂(かりょうてん)がいます。

 

王騎 キングダム

 

また、王騎(おうき)や、廉頗(れんぱ)のように軍師を置かずに

全てを決する、両方を合わせ持つ存在もいますが、それは例外的な人でしょう。

そこで、素朴な疑問ですが、軍師はいつから始まったのでしょうか?

今回は、河了貂と蒙毅(もうき)に出てきてもらい解説します。




素朴な疑問1 軍師はどうして発生したの?

河了貂と蒙毅

 

河了貂「おっす!皆んな、河了貂ナリww」

 

蒙毅「皆さん、こんばんは、蒙毅です。

本日はよろしくお願いします」

 

河了貂「今日は、キングダム初心者の素朴な疑問に

あたし達が、バシッと一肌脱ぐよ!」

 

蒙毅「僕の知りうる限りの事をお伝えしますね」

 

河了貂「ところでさ、蒙毅、あたし達は軍師なんだけど、

どうして、軍師という職業は発生したんだ?」

 

蒙毅「いい、質問だね、河了貂、、それには、中華社会の

移り変わりが影響しているんだけど、手短に説明するよ」




戦争の大規模化と分業から軍師は生まれた

陸遜 兵士

 

 

蒙毅「太古の昔、戦争の主体は武人だけだった、、

戦争自体も、血縁がある一族が行い、難しい指示を

出さなくても、ある程度のコントロールが出来たんだ。

戦争の規模も小さく、流れる血も少なかった・・」

 

河了貂「ふーん、今でも山の民がやっているような、

一族同士が戦うスタイルか・・

確かに、それなら軍師は要らない」

 

蒙毅「そう、でも、その内に鉄器が普及して、

生産力が上がるとそれまで人が住めない土地も、

灌漑などで水を引いて、人が住めるようになった。

生産力の向上は、余分な物資を産み、お金を使った市場が

登場して、社会は便利になり、人口は増えて行った」

 

河了貂「人口が増えると戦争の規模もデカくなる」

 

蒙毅「ああ、、そうして、それまで、同じ一族同士が、

住んでいた村にも、他所者が流入して意志の疎通が、

取りにくくなった、いわゆる都市化だね」

 

河了貂「そうだとすると、将軍は、血縁がない他人を

率いて戦う事になるね、こりゃ大変だ」

 

軍旗、銅鑼、太鼓、狼煙、が意味するものとは?

兵馬俑 クロムメッキ

 

 

蒙毅「それもそうだけど、率いる兵の数が段違いになった。

僕らが産まれる少し前の長平(ちょうへい)の戦いでは

秦の白起(はくき)将軍は趙の兵士40万人を

少年兵200名を除いて穴埋めにして殺した。

でも、40万などという大軍を一人の将軍が指図するなんて

出来ると思うかい?」

 

河了貂「え?・・あたしは、ちょっと無理っぽい・・」

 

蒙毅「ボクだって無理だ(苦笑)実際には誰にも出来ない

そこで、中華の軍隊は、将軍、部隊長、什、伍、卒のように、

役割を分けて、将軍からの命令伝達を下へ順番に伝えるようになる」

 

河了貂「そっか! それに使われるのが、軍旗、銅鑼(どら)、

太鼓、それに伝令や、狼煙(のろし)だ!」

 

蒙毅「御明察、それらのアイテムは、大規模化した

軍隊を指揮する為に発明されたんだ。」

 

関連記事:白起(はくき)ってどんな人?|キングダムでお馴染みの六大将軍

関連記事:麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍

関連記事:【キングダム】秦の旧六大将軍と新六大将軍を大胆予想!

 

王騎が趙軍の動きを察知したのも軍旗や狼煙

祁山、街亭01

 

蒙毅「王騎将軍が壮烈な最期を遂げられた馬陽(ばよう)の戦場は

深い森だったから、誰も広い視界を持てなかった。

そこで、将軍が使ったのが軍旗や狼煙だった。

残念ながら、李牧の四万の軍勢の移動速度を見抜けず、

隙を突かれて、趙の三大天、龐煖(ほうけん)に討たれてしまったけど・・」

 

河了貂「あんなに強かった王騎将軍でさえ

僅かな隙から李牧に破れるんだ、、軍師は、

常に味方の為に最善を尽くさないといけないな」

 

蒙毅「うん、王騎将軍の死は、その事を

僕達軍師に伝えてくれていると思う」

 

軍師は、偏りがちな将軍の思考を正す為にいる

郭嘉

 

蒙毅「戦場では、数十万の軍隊が、一秒も止まる事なく動いている。

しかも自軍のみではなく、相手も動く、、これらの状況を

将軍は、的確に読んで、手を打つ事が求められるけど

一人の人間の脳で処理できる情報は、そこまで多くはない。

それに、人は純粋に思考だけしているのではなく、

そこに感情が入り込み、時として優先順位を狂わせる

王騎将軍でさえ、婚約者を殺した龐煖を前にして、たかぶり

罠と知りつつも、趙軍の策に嵌るリスクを侵してしまった。

このリスクを減らすのには、どうしたらいい?河了貂」

 

河了貂「そっか!将軍と意識を共有して、多角的な視点から、

戦況を読んで、思考を補う存在が必要になるという事・・

それが、軍師が必要な理由なんだな!!」

 

蒙毅「これは僕の理解だけど・・・多分ね」

 

河了貂「ありゃりゃ・・・・・・」

【次のページに続きます】




ページ:

1

2 3

関連記事

  1. カルロス・ゴーンとはどんな人?日産を立て直した改革者の功罪
  2. 孔子 知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる!
  3. 唐周(とうしゅう) 唐周(とうしゅう)とはどんな人?張角の野望を砕いた元信者
  4. 管仲 諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い
  5. 官渡の戦い 44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介
  6. 後継者を決めずにダラダラする袁紹 袁紹の評価が残念な6つの理由
  7. 【李傕・郭汜祭り 3日目】殺されてしまった悲劇の樊稠(はんちゅう…
  8. 呉の周瑜、孫策、程普 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 赤兎馬にまたがる呂布
  2. 玉磁と孫堅
  3. バナー はじめての三国志コミュニティ300×250
  4. 斬られる迷当大王
  5. はじめての三国志編集長kawauso
  6. 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉
  7. 幕末 帝国議会

おすすめ記事

  1. 秦の身分制はどうなっていたの?夏子、真って何?
  2. 官渡の戦いのMVPは荀彧ではなく郭嘉に与えるべき理由【ビジネス三国志】 郭嘉
  3. 袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめてみた 袁術と孫策
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【6/19〜6/25】
  5. 豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗殺者 はじめての三国志 画像準備中
  6. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに黄忠を追加しました はじめての三国志からのお知らせ バナー

三國志雑学

  1. 朱然に後を引き継ぐ呂蒙
  2. はじめての三国志 画像準備中


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 金栗四三 いだてん
  2. 北伐する孔明
  3. 関羽
  4. 関羽の青銅像
  5. 旅 三国志

おすすめ記事

曹洪の手紙が美文のお手本『文選』に載っていた!しかしその実態は…! 閻行 閻行(えんこう)とはどんな人?韓遂の部下だが曹操の人質アタックに敗れる 水野勝成 水野勝成の墓はどこにある?福山市の賢忠寺へのアクセス方法 袁術と呂布 【曹操の妨害工作】呂布と袁術の同盟を曹操は恐れていた! 亡くなる上杉謙信 上杉謙信の墓はどこにある?林泉寺と林泉寺へのアクセス方法と歴史雑学 橋本左内の本「啓発録」をサクッと解説!西郷隆盛も認めた天才の名言とは? 李斯 ネタバレ注意!政の配下となった李斯の最期が残念すぎる 許チョ(許褚) 許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP