ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

はじめての変

彗星のごとく駆け抜けた小覇王・孫策

呉の小覇王・孫策


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

項羽

「西楚の覇王」と呼ばれる項羽(こうう)

漢を建国した劉邦(りゅうほう)と天下を争ったことで有名な英傑です。

そんな項羽の「覇王」という称号を譲り受けたのが、呉の小覇王・孫策(そんさく)です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫策が生きていたら三国志はどうなったの?

関連記事:もう誰も信じられない?実は袁術と絶交していなかった孫策!


孫家の命運を託された少年・孫策

孫策

 

董卓連合軍の中でも異彩を放っていた父・孫堅(そんけん)

董卓(とうたく)はその勢いを恐れ、洛陽を焼き払い、

遷都までして長安に逃げていくほどでした。

 

しかし、そんな孫堅の死はあっけないものでした。

袁術(えんじゅつ)孫堅に荊州・襄陽の劉表(りゅうひょう)を攻めるように命じます。

 

孫堅はその期待に応えて劉表軍の大将・黄祖(こうそ)を追い詰めますが、

峴山に一人でいたところを黄祖の兵に射殺されてしまいます。

このとき、長男である孫策はまだ17歳でした


袁術の元で牙を研ぐ

袁術と孫策

 

父・孫堅が董卓討伐に奮闘していたころ、

孫策は母や弟たちと楽しく暮らしていました。

 

孫策は江淮一帯で名をはせるほどの少年でした。

周瑜(しゅうゆ)もこの名声に惹かれて孫策とまみえ、

断金の交わりを結びます。

 

父・孫堅の死後、孫堅軍は袁術軍に吸収されていました

孫策は孫家を復興するために、

袁術の元で静かに牙を研ぐ日々を過ごすことになります。

 

時空を越えた最強の将軍対決
呂布対項羽

 

袁術への不満を募らせる

孫策をシカトする袁術

 

袁術軍の傘下に下った孫策でしたが、

袁術に孫堅軍の返還を求めて1000人ほどの兵を得ます。

たったの1000人ですが、孫堅軍の名将が名を連ねていました

 

江東の人々も孫家が復興したと大喜び。

孫堅の忘れ形見ともいえる彼らと共に、孫策は次々と武功を重ねていきます。

 

そんな孫策の活躍を見て袁術も

「孫策が自分の息子だったなら…」

とため息をつくほど。

 

しかし、目まぐるしい成長を遂げていく孫策に何を思っていたのか、

袁術は孫策の武功に見合う褒賞を与えません。

やれ九江太守にするだの廬江太守にするだの言っては、

何やかんや理由をつけて約束を反故にします。

周瑜と孫策を紹介する袁術

 

そんな袁術に嫌気が差していた孫策は、優秀な人材を集めようと奔走します。

張紘(ちょうこう)張昭(ちょうしょう)をはじめとする智将や、蒋欽(しょうきん)周泰(しゅうたい)をはじめとする武将の面々。

孫家を興す立役者たちが揃い始めます。


袁術軍からの独立、江東支配の宣言

独立する孫策

 

袁術からの独立の機会を虎視眈々と窺っていた孫策。

袁術が劉繇(りゅうよう)と揚州支配をめぐって対立を深めているのを見て、

叔父・呉景(ごけい)の応援に向かいたいと袁術に伺いを立てます。

 

袁術は何の疑いもなくそれを許します。

まさか1000人ほどの軍勢が独立を宣言するとは思ってもいなかったのです

 

しかし、孫策が呉景のいる歴陽へ到達する前に、孫策軍は5000人以上に膨れ上がっていました。

更に、孫策は歴陽で周瑜と再会を果たします。

 

孫策は破竹の勢いで劉繇軍を退けていきました。

途中で太ももに矢を受けますが、そのことで孫策が死んだと勘違いした敵を伏兵でもって撃退。

次々と劉繇に属していた県を攻略していきました。

太史慈と一騎打ちをする孫策

 

そんな折、孫策は劉繇軍の武将であった太史慈(たいしじ)に出会います。

太史慈は孫策に一騎打ちを挑み、孫策もこれに応じました。

激しい打ち合いを繰り広げたものの勝負はつきません。

このとき孫策は、太史慈の力を見抜き、配下に迎えたいと考えたといいます。

 

しばらくして勝機が無いと見た劉繇は逃亡。

孫策は劉繇が去った曲阿を拠点に勢力を強めていきます。

袁術に睨まれないように、袁術に兵を返すなどしていた孫策ですが、

裏ではしっかり独立の準備を進めていました。

孫策

 

親友・周瑜も丹陽に帰り、孫策支配の礎を作るために奔走。

呉郡太守・許貢(きょこう)、会稽郡太守・王朗(おうろう)を優秀な将たちの力を借りて攻略し、

抵抗を続けていた太史慈をも打ち破ってその配下に加えます。

 

ぶくぶくと膨れ上がっていく孫策の勢力に恐れを抱いた袁術は、

袁胤(えんいん)を丹陽太守に任じますが、孫策は袁胤を力づくで追放。

ついに悲願の独立を宣言します。

魯粛を釣る孫策

 

これを受け、袁術の元に返されていた名だたる将軍たちも孫策の元に集結。

周瑜は呉の功臣として名を残すことになる魯粛(ろしゅく)を連れて帰ってきたのでした。


  

 

躍進するも、恨みに倒れる

孫策を苦しませる于吉

 

その後も優秀な人材を登用することに奔走し、次々と領土を広げていった孫策。

しかし、嵐のような苛烈さは人々に受け入れられず、孫策の支配に抵抗する勢力が乱立。

 

そこで、孫策は大粛清を強行します。

あまりの蛮行にかつての呉郡太守・許貢が

「孫策は項羽のようだ」と朝廷に上奏しようとしていることを知った孫策は、

許貢も粛清してしまいます。

 

江南を平らげ、曹操(そうそう)とも姻戚関係を結び、

その曹操をも退けんとする前途洋々の孫策でしたが、

その死は突然訪れます。

 

ある日、許貢の客人と称する3人組に長江のほとりで取り囲まれます。

孫策は3人とも自らの手で葬りますが、戦いの最中に一本の矢をその頬に受けてしまいます。

孫策

 

これにより死を迎えることを悟った孫策は、弟である孫権(そんけん)を後継者に指名。

臣下の言葉によく耳を傾け、江東を守るようにと孫権に言い残し、息を引き取りました。

 

26年という短い人生を彗星のように駆け抜けた小覇王・孫策

彼がいなければ、呉という国は存在していなかったかもしれません。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

元記事:孫策(そんさく)とはどんな人?たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操は諸葛亮を自身に仕官するよう勧誘していた!

関連記事:孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した!

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  


 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 陸遜 五人で国を創るとしたら誰を選ぶ?三国志この五人でしょコーナー
  2. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチ…
  3. イギリスのEU離脱って何?三国志で例えて理解度アップ!
  4. 【三国志で例えるよ】初心者でも『エドワード黒太子』が分かる。西洋…
  5. 張飛益徳参上 策士・張飛 (ちょうひ)が繰り出す瞞天過海の計&暗渡陳倉計ってど…
  6. 酒を飲む曹操と劉備と呂布 【シミルボン】1800年前の三国志時代はご馳走が現代居酒屋風だっ…
  7. 三国志 居酒屋 【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?
  8. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 P…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 解煩督 呉
  2. 三国志 武器
  3. 袁術をバカにする曹操と呂布
  4. 顔良と文醜
  5. kawauso編集長

おすすめ記事

  1. 夏侯淵って実は主戦場よりも○○で活躍している方が多かった!? 魏の夏侯淵
  2. 黄巾の乱を起こした張本人・張角の素顔に迫る! 張角は歴史の表舞台に登場
  3. 袁紹が得意とした坑道戦とは? 袁紹モグラ作戦
  4. 【キングダム】李牧は史実でも凄かった!天才軍略家の史実を分かりやすく解説 剣を持ち戦う李牧
  5. 趙雲が最強イケメンだった3つの理由 五虎大将軍の趙雲
  6. 賈充と羊祜は孫呉討伐の戦略で激闘してた!? 羊コと会話で盛り上がる辛憲英 羊祜

三國志雑学

  1. 鄧艾
  2. 後継者を決めずにダラダラする袁紹
  3. 黄月英


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 後継者争い 劉協と劉弁
  2. 朝まで三国志の公孫瓚
  3. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  4. 司馬懿
  5. 宋代の公務員試験である科挙

おすすめ記事

本当に詩人?シニカルすぎる曹植の史実 織田信長 織田信長の息子達の名前がファンキーでかなりやばい!! 武田信玄と徳川家康 反信長包囲網に参加した諸将の動きを徹底紹介! 篤姫と幾島の本当の関係は? 王元姫 王元姫(おうげんき)とはどんな人?司馬昭の妻となる道理を重んじる女性 蜀の劉琦 【劉琦から学ぶ】諸葛亮へした一生のお願いとは? 諸葛孔明 諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで? 三国志ファンの後漢(五感)をふるわさす三国志フェス2015に参戦しよう!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP