姜維と司馬懿、直接対決はあったの?正史三国志と三国志演義を比較してみた




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孔明 vs 司馬懿

 

司馬懿(しばい)は魏の軍事を司る人物であり、諸葛亮(しょかつりょう)のライバルと言えるでしょう。

 

姜維と孔明

 

そして姜維(きょうい)は諸葛亮が目をかけた武将であり、後期の蜀を支えていました。諸葛亮亡きあとに「三国志」の中心人物となっていく二人ですが、はたしてその直接対決はあったのでしょうか?

 




司馬懿という人物

司馬懿

 

先ずは司馬懿について解説しましょう。司馬懿は江南の出身で、高級官僚の一族に生まれました。

 

司馬懿と曹丕

 

幼少のころからその聡明さは有名であり、のちに曹操(そうそう)の重臣である「荀彧(じゅんいく)」に推薦され、曹操の元で働くことになり、その後は曹操の息子「曹丕(そうひ)」に仕えることになります。

 

司馬懿と曹叡

 

曹操の死後は曹丕の側近として信頼され、その死後も皇帝「曹叡(そうえい)」に仕えます。曹丕のころは司馬懿はもっぱら後方支援にあたり、全線で戦の指揮を執ることは少なかったです。

 

司馬懿と諸葛亮孔明のトランプ勝負

 

しかし、曹叡の時代になると諸葛亮が北伐を開始し、司馬懿は大将軍としてその対応にあたることになります。諸葛亮の死後は徐々に魏の実権を握り、その息子、孫の代に魏を滅ぼすことになるのです。

 

関連記事:魏の二代目皇帝・曹叡が病で倒れなければどうなっていたか?

関連記事:曹叡が有能だったのは本当?曹叡を歴史上の人物でも例えてみる

 




元々は魏の武将であった姜維

魏から蜀に下る姜維

 

姜維は天水地方の生まれで、元々は魏の武将でした。しかし、天水の太守の配下の武将であり、司馬懿がその時の姜維を知っていたかは不明です。

 

降参する姜維

 

諸葛亮が北伐で天水を攻略し、その地の武将は次々に蜀に降伏しました。姜維も上司に裏切りを疑われ、魏に帰ることが出来なくなり、やむを得ず蜀に降伏します。

 

 

 

その後は諸葛亮にその才能を高く評価され、北伐などに従軍。諸葛亮の死後は蔣琬(しょうえん)費禕(ひい)が蜀の実権を握り、姜維も蜀軍の中枢を担うようになります。

 

姜維の地位を落とす文官

 

費禕の死後は何度も北伐を繰り返しますが、蜀の国力を低下させ、また宮廷も混乱します。

 

前人未到のルートで蜀にたどり着いた鄧艾(トウ艾)

 

そこに魏が侵攻。姜維は剣閣(けんかく)で抵抗しますが、魏の鄧艾(とうがい)が前人未到のルートで蜀に到達し、蜀の劉禅(りゅうぜん)を降伏させます。

 

鍾会を独立するようそそのかす姜維

 

魏に降伏することになった姜維ですが、蜀再興をめざし反乱を計画します。

 

無残な最期を遂げた姜維と鍾会

 

しかし失敗し、姜維は殺されてしまいます。

 

関連記事:出自が正反対の鄧艾と鍾会、蜀を滅ぼした功績者の悲しい末路

関連記事:野心家と言われる鍾会だけど、そのものズバリ「面白い」

 

【邪悪なエリート官僚が起こした乱】
鍾会の乱

 

 

直接対決はあったのか?

司馬懿

 

司馬懿が魏に仕えたのは西暦201年で、亡くなったのは251年です。姜維が蜀に仕えたのは228年。そこから推測すると、姜維と司馬懿が敵国同士だったのは228年から251年の間という事になりますね。

 

孔明と司馬懿

 

この間の大きな戦いというと司馬懿と諸葛亮の宿命の対決の場「五丈原(ごじょうげん)の戦い」(234年)となります。この場で二人は会いまみえることになります。五丈原の戦いのとき司馬懿は55歳、姜維は32歳でした。

 

関連記事:魏延はどうして五丈原の戦いの後王平の軍に敗北し馬岱に斬られたのか?

関連記事:姜維は五丈原で何をしたのか?諸葛亮死す!愛弟子の姜維が取った行動とは?

 

北伐の真実に迫る

北伐

 

五丈原でのふたり、直接対決は?

司馬懿

 

五丈原では魏軍と蜀軍はにらみ合いを続けていました。守備に徹する司馬懿に対し、諸葛亮は様々な手段で挑発しますが、司馬懿は動きません。しかし、魏の諸将の突き上げにあい、出撃も考えます。そこに皇帝からの使者が到着し、「動くな」と司馬懿に命令します。この情報をキャッチしたのが姜維でした。

 

そこで姜維は「もはや司馬懿は出撃しないでしょう」と諸葛亮に伝えました。諸葛亮はその皇帝の命令も諸将の不満を抑えるための司馬懿の策略だろう、と語っています。「五丈原の戦い」で姜維が登場するのはこれだけで、直接対決と言えるかは正直、微妙です。

 

関連記事:走れ、李福!五丈原への神速メッセンジャー

関連記事:五丈原の戦いは緊張感に乏しい戦だった?

 

「三国志演義」での五丈原の姜維

三国志演義_書類

 

小説「三国志演義」では姜維は諸葛亮の後継者として見せ場を与えられます。先ずは諸葛亮の死の直前、彼から兵法の極意を授けられます。

 

孔明の延命儀式のろうそくを倒してしまう魏延

 

また、諸葛亮の延命のための祈りの場の警護を命じられ、駆け込んだ魏延(ぎえん)を一喝したりもします。

 

孔明

 

そして有名な「死せる孔明(こうめい)、生ける仲達を走らす」の場面です。ここで司馬懿と姜維は会いまみえます。生きていたと勘違いした諸葛亮が木造だと気が付き、司馬懿は慌てて蜀軍を追撃するのですが、蜀の殿(しんがり)を担当していたのが姜維でした。

 

ここで姜維は追撃する司馬懿軍を撃退し、諸葛亮の後継者として名乗りを上げるのです。

 

関連記事:【冷気骨に徹る】秋風五丈原、そんなに寒かったの?

関連記事:【危篤の孔明そっちのけ!】始まっていた五丈原の権力争い

 

姜維と司馬懿、結局直接対決はほぼ無かった!

蜀の姜維

 

諸葛亮亡きあとは姜維は何度も北伐を繰り返すことになります。一方司馬懿は更に魏の権力を握り、謀反の鎮圧や、宮廷の政治に奔走することになるのです。そのため、司馬懿は北伐対応に直接関与することが少なくなるため、姜維との直接対決は実現することはありませんでした。

 

三国志ライターみうらの独り言

みうらひろし(提供)

 

三国志後期を代表する司馬懿と姜維ですが、残念ながら直接対決は小説も含め、ほとんどありませんでした。2人は年齢が大きくちがうので、司馬懿は姜維の事を知っていても「若造が」とあまり関心が無かったかもしれませんね。

 

関連記事:永安攻防戦とは?姜維とは別の所で蜀を守った羅憲

関連記事:姜維とはどんな人?鍾会の乱を利用し蜀復興を目論んだ忠臣

 

【孤高の忠臣・姜維の壮絶な人生】
姜維特集

 




関連記事

  1. 鍾会の独立が成功しても最後は姜維に殺されただろうと予想している歴史家たち
  2. すぐに戦争したがる姜維
  3. 男気溢れる趙雲
  4. 無残な最期を遂げた姜維と鍾会
  5. 北伐したい姜維を止める費禕
  6. 魏から蜀に下る姜維

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP