日常生活

はじめての三国志

menu

三国志の基礎知識

128話:諸葛亮孔明、ついに五丈原に堕つ・・

この記事の所要時間: 642




孔明

 

第四次北伐を、李厳(りげん)の虚偽報告で断念せざるを得なかった

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)は、毎年の遠征による蜀の疲弊を

考慮して、数年間北伐を断念し、国力の回復に励みます。

そして、西暦234年、五度目になる北伐の軍を起こしました。

この戦いこそ、孔明の生涯、最後の戦いとなる五丈原の戦いです。

 

前回記事:127話:迫る第四次北伐と蜀の抱える二つの問題点

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




司馬懿、天文を読み、魏の勝利を察知する

司馬懿

 

孔明の北伐には、反対の声があがりました。

しかし、孔明は聞かず出陣します、孔明の側近達は孔明の焦りを

感じとりましたが、その理由については考えるのを避けていました。

 

孔明は再び、祁山に出陣します、毎度のように涼州との交差点である

祁山を抑えて、魏から涼州を分断し精強な騎馬兵を手にいれる構えです。

 

司馬懿

 

孔明北伐の噂は魏の皇帝、曹叡(そうえい)に届きました。

曹叡は重臣、司馬懿(しばい)を呼び寄せて、質問します。

 

曹叡「また孔明が北伐の軍を起こすという、我が軍は勝てようか?」

 

司馬懿「御心配には及びません、天文を見たところ、魏は勝利し、

蜀は不利であると出ました、孔明は必ずや敗れ去るでしょう」

 

そうして、司馬懿は長安を出発し渭水に沿って陣を敷きます。




孔明、孫権に使者を送り、共同作戦を提案

孔明

 

その頃、孔明は副官の費禕(ひい)に命じて呉の孫権(そんけん)に手紙を届けます。

そこには、北伐に呼応して呉も魏を攻めて欲しいと書いてありました。

孫権は、常に狙いながら、まだ落としていない合肥城を落そうと

孔明の申し出を快諾しました。

 

孫権、魏延の反乱を予言

魏延と孫権

 

費禕が帰る途中に、孫権は、このように言いました。

 

孫権「魏延(ぎえん)将軍は、実力はあるが、

自分勝手でうぬぼれが強すぎる。

孔明殿の死後、反乱を起こさないとも限らないので、

まあ、注意されるがよいと思う・・」

 

それを費禕から伝え聞いた孔明は、こう言いました。

 

孔明「さすが孫権殿は名君であられる、

魏延の問題を見抜かれた。

だが、蜀の人材不足を考えると

彼の武勇を使わないというわけにもいかないのだ・・」

 

この孫権の忠告はやがて現実のものになっていきます。

 

孔明、司馬懿親子に奇策を仕掛ける

孔明と司馬懿

 

司馬懿は、息子の司馬師(しばし)を連れてきていました。

戦法はいつも通り、豊富な物量を活かしての持久作戦です。

途中、鄭文(ていぶん)という男を蜀に偽装工作で送り込みますが、

孔明に見破られて失敗しました。

 

毎回の北伐の困難であった補給の問題も孔明が発明した、

輸送兵器である木牛、流馬で解決し、同時に屯田を行って

穀物を栽培している蜀には今回は余裕がありました。

 

そこで、孔明は、司馬懿をおびき出し火計で破ろうと

奇策を考えます。

 

上方谷に偽の食料倉庫を建設し司馬懿を誘き出す

司馬懿と魏延

 

司馬懿は蜀軍のアキレス腱が補給である事を知っています。

だから、争いを避けて守備を堅くして持久しているのです。

そこで孔明は、それを逆手に取り、上方谷(じょうほうこく)という所に、

大きな食糧倉庫を建設しました。

 

しかし、これはダミーであり、倉庫の中は火薬で一杯でした。

孔明は高翔(こうしょう)という武将に命じて、毎日この上方谷の倉庫に、

荷車を運び込んで、食糧が備蓄されているように見せ掛けます。

 

それを知った司馬懿は、早速、上方谷の食料倉庫を襲撃する計画を立てます。

司馬懿は一軍を祁山に向かわせ、自身は司馬師と共に部隊を率いて、

上方谷の食糧倉庫を襲撃します。

途中には魏延の部隊がいて、慌てふためいて食糧倉庫に走っていきます。

 

司馬懿「しめた、思ったより敵の備えは少ないぞ!!」

 

司馬懿は自信を深めて、魏延を追って深入りしていきます。

ところが、全ては孔明の罠でした、魏延は食糧倉庫を通り抜けて、

合図を出します。

 

すると伏兵の弓隊が登場し、食糧倉庫に入りこんだ

司馬懿の部隊に火矢を浴びせました。

 

火薬を満載した食糧倉庫は燃え上がり、司馬懿と司馬師は、

火炎の中に包みこまれました。

 

無情、突然の雨で司馬懿と司馬師は、命拾いする

司馬懿と司馬師

 

司馬懿「しまった、、孔明の罠か、、うぬぬ、、我ら一族は、

このまま、ここで滅んでしまうのか」

 

司馬懿は息子と抱き合って涙を流しますが、そこで奇跡が起きます。

なんと、突然、天がかき曇り、大雨が降りだしたのです。

このチャンスを逃さず司馬懿の部隊は、食糧倉庫を脱出しました。

 

魏延から報告を聞いた、孔明は暫く押し黙り、そして言いました。

 

「事を謀るに人にあり、事を成すに天にあり」

 

作戦を計画して実行するまでは、人の仕事だが、

それが成功するかどうかは、天が決める事で人にはどうしようもない。

千載一遇の好機に、司馬懿を滅ぼせなかった孔明は、すでに、

天の時が蜀から離れ、魏に移っている事を感じずにはいられませんでした。

 

孫権、合肥城攻略失敗・・

孔明

 

孔明の頼みの綱、孫権の合肥攻略ですが10万の大軍で合肥城を包囲した

孫権は、魏将、満寵(まんちょう)の決死の防衛戦に手こずり、

いまだに城を落とせませんでした。

そうこうしている間に、魏帝曹叡が大軍を持って合肥に援軍に来る事が

分ると、孫権は怖じ気づき、軍を撤退させてしまいます。

 

呉の失敗を聞いた、孔明の顔には失望の色が浮かびます。

しかし、それでも孔明は、退却しようとはしませんでした。

彼には、もうやり直せる時間が無かったのです・・・

 

孔明、五丈原に陣を移し、魏軍を挑発する

司馬懿

 

孔明は、陣を祁山から、より長安に近い五丈原に移します。

そして、持久戦を取る司馬懿に、あの手この手の挑発を行います。

ある時には、女物の衣服を送りつけ、

 

「決戦を避けるお前は臆病者だ、女のようなヤツだ」

 

と司馬懿を罵倒したりします。

 

突然、孔明が戦法を変えた事で、司馬懿はピンと来ます。

ある時、孔明の使者が来ると、食事を与えて、

手厚くもてなし、さりげなく孔明の近況を尋ねます。

 

司馬懿「諸葛丞相においては、ご機嫌はいかがかな?

よく眠れているだろうか?」

 

使者は正直者だったのか、孔明が夜遅くまで仕事をし、

小さな仕事まで自分で決済し、最近はあまり食事を取らない事を

全て、喋ってしまいます。

 

司馬懿(ふっふ、、孔明、、貴様、もう長くはないな・・)

 

司馬懿は孔明が重病である事を確信し、

ますます挑発に応じなくなります。

 

使者から、司馬懿が孔明の仕事ぶりや健康状態の事ばかり

聞いていたと報告を受けた孔明は、溜息をつきました。

 

「ふっ、、司馬懿は、私をよく知っているな・・」

 

孔明、喀血し倒れる・・

魏延と姜維

 

それから暫く後、執務をしていた孔明は、激しくせき込み、

そして、血を大量に吐いて倒れました。

 

孔明「騒ぐな・・動揺してはならぬ・・」

 

駆け付けた重臣達に告げて、孔明は何事もないように立ちあがり、

魏延を呼び寄せると、魏軍に備えるように命じ、

次に姜維(きょうい)を呼ぶと、孔明が設計した、

一台で10本の矢が同時に放てる連弩の設計図を与えます。

 

そして、最後の力を振り絞り、陣中をくまなく巡ります。

それは普段と変わらない、穏やかな姿でした。

 

自分の幕舎に戻ると、孔明は、倒れこむように床につき、

みるみる病状は悪化していきました。

 

臥龍(ふくりゅう)、五丈原に堕ちる・・

孔明と劉備、関羽、張飛

 

ある時、孔明は夢を見ました、あの懐かしい隆中の草庵で

孔明は夏の太陽を避けて昼寝をしています。

 

そこに、劉備がやってきます、不思議な事に孔明よりも

ずっと若い、二十代の劉備です。

 

劉備「なんだよ、孔明、昼寝か?起きてくれよ!

俺っちの義兄弟に、お前の天下三分の計を聞かせてくれ」

 

孔明「天下三分の計・・・」

 

孔明は目をパチクリさせます。

そこに、劉備の背丈を追い越して、盛り上がるように、

虎髭の張飛(ちょうひ)と美しい髭をなびかせた関羽(かんう)が、

現れて孔明を見下ろしています。

 

張飛「なんだー?この青っちょろい にーちゃんは?

こんなヤツが、天下一の軍師なのか、兄者!」

 

関羽「こら張飛!悪態をつくな!!

失礼、我らは劉玄徳の弟分で関雲長と張益徳、

孔明先生に、天下三分の計を御教授願いたく参った」

 

孔明「どうして、両将軍がここに・・・」

 

事態が飲みこめずに孔明は辺りを見回します。

 

劉備「ま、いいじゃねーか!孔明、細かい事はよ!

それより、お前のドデカイ天下三分の計を聞かせてくれよ、

俺っちを皇帝にしちまう中華がひっくり返る、大計略をよ!!」

 

劉備は全て承知しているかのように、

人懐っこい笑顔で孔明にウインクしました。

 

孔明「我が君、それは・・」

 

孔明が起き上がろうとすると、そこは、桃の花が咲き乱れる庭園でした。

柔らかな陽光の中で、劉備、関羽、張飛が、漢を再興する為に生き、

死ぬ時は共にと誓いを立てています。

 

孔明「そうか、、ここは、、桃園・・これは夢か・・」

 

劉備と関羽と張飛は、孔明の姿を見つけると、

満面の笑みで、手招きをしました。

 

「孔明、、もういいんだ、もういいんだよ、、

長い間、どうもありがとうよ・・」

 

まばゆい光の中で、どこか照れくさそうに劉備の声が響きました。

 

薄暗い幕舎の中で、孔明は目を覚ましました。

先程までと違い、体は鉛のようで起き上がる事さえ出来ません。

 

孔明「我が君、、もう私はそちらに行っていいのですね」

 

死期を悟った孔明は、馬岱(ばたい)を呼び自身の最後の言葉を伝えます。

 

孔明「・・・私の後任は、蔣琬(しょうえん)に託すように、

彼は物事に動じず職務に忠実だ・・私が亡き後も、

帝を助け働いてくれるだろう・・」

 

馬岱が畏まり、さらに蔣琬の次の丞相を聞きます。

 

孔明「蔣琬の次は費禕がよい、、蔣琬程に融通は利かないが、

器用で全てに目が行き届く、費禕がいる限り、、蜀は安泰だ・・」

 

馬岱は、畏まり、さらに、次の丞相を聞きました。

 

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

 

しかし、孔明の口が再び開く事はありませんでした。

 

馬岱「丞相ッ!!・・・・・・・・・・・」

 

時に西暦234年、旧8月23日、秋風が吹く五丈原で、

諸葛亮孔明は、54年の生涯を閉じました。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

ついに三国志後編の主人公である諸葛亮孔明が五丈原に没します。

この話にも演義の脚色は多くあり、例えば孫権が孔明に魏延は、

裏切りそうだから、気をつけろと忠告したというのは脚色です。

 

また、孔明が上方谷に偽物の食糧倉庫を造り、そこに司馬懿をおびき出し

火計で焼き殺そうとして雨が降り失敗したというのも演義の創作です。

女物の衣服を司馬懿に贈り「臆病者」と挑発したのも史実ではなく

三国志演義の創作であるようです。

 

なんだか最後は、創作づくしですが、これが三国志を代表する

スーパーヒーローの最後と思えば、色々な逸話も足したくなりますよね。

そんなわけで、孔明が夢の中で、若い頃の劉備や張飛、

関羽に会うのもkawausoの創作です(笑)。

 

でも、これだけ頑張った孔明ですから

劉備は、孔明が生きている間に感謝の気持ちを

伝えたかったんじゃないですかね?

一介の傭兵隊長から、蜀漢の皇帝になれたのは、孔明のお陰ですしね。

 

あ!はじさんの基礎知識編は、まだまだ続きますよ。

本日も三国志の話題をご馳走様・・

 

次回記事:129話:死せる孔明生ける仲達を走らす

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?

関連記事:孔明の北伐の目標はどこだったの?

関連記事:孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較

 




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 三国志とキングダムのそっくり武将は誰?|信と呂蒙
  2. 「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  3. 【秋射】命中率が低ければ降格処分も!厳しい三国志時代の勤務評定
  4. 曹操と劉備はどうしてライバル扱いなの?【三国志の素朴な疑問】
  5. 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は?
  6. はじ三の生き字引!kawausoが読者の疑問に答えます
  7. 【特別企画】kawausoがあなたの夢を叶えます!三国志にタイム…
  8. 119話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐本戦

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹嵩(そうすう)はどこの誰なのか?徐州大虐殺の切っ掛けにもなった曹操の父親
  2. 『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわざ
  3. 77話:老将黄蓋、身体を痛めつけて曹操を欺く
  4. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – あなたの心の中にも袁術が住んでいる 【完003】
  5. 毛沢東(もうたくとう)とはどんな人?中国の赤い星の生涯
  6. 【軍師連盟】魏の名君・曹叡が長生きしたら司馬一族の天下取りは不可能だった?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の将軍【前半】 関羽は本当に忠義の士だったの?三国志のタブーに挑む! 三国志の結婚事情、不公平?女は早く嫁がないと罰金があった 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第三話「おとわ危機一髪」の見どころ 華歆(かきん)とはどんな人?孫呉の英雄達に仕えた文官 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった? 20話:激突、菫卓対反菫卓連合軍 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!

おすすめ記事

  1. 【お知らせ】全記事一覧(アーカイブ)機能を追加しました!
  2. 【出世の花道】三国志時代の人々はどのように出世した?
  3. 【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる?
  4. 狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切り刻んだ劉氏の怨念
  5. エリート袁術が逃げ込んだド田舎の揚州に住む異民族とはどんな民族だったの?
  6. 朱然(しゅぜん)ってどんな人?名将亡き後、呉の重鎮として孫家を支え続けた将軍
  7. 松本清張も注目!邪馬台国(やまたいこく)はどこにあったの?
  8. 呂蒙(りょもう)ってどんな人?男子三日会わざれば刮目して見よ

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP