三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第5部




 

ナレーション:さあ、大変な事になったぞ!

蜀のダークホース法正(ほうせい)が、魏の軍師の荀彧(じゅんいく)を名指しで挑発

曹操(そうそう)への態度が「上から目線の保護者気取りで軍師失格!」と指摘

荀彧は、まさかの轟沈!鮮烈のデビュー戦、勝利を飾ったのだ!!

 

いやー孔明(こうめい)と言い、法正といい、親分の劉備(りゅうび)と言い

蜀はツラの皮が厚いヤツだらけだ、さぁ、ここから魏は反撃できるのか?

 

関連記事:朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第1部

前回記事:朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第4部




荀彧・・・メンタル面強ッ!!

 

※担架で医務室に運ばれた荀彧が、

5分程度で何事も無かったように戻ってくる・・

 

荀彧「すみません、皆さん、ご迷惑をお掛けしました」

 

 

Kawauso「もう大丈夫なの?」

 

 

陸遜「無理しない方がいいですよ・・」

 

 

荀彧「はい!法正君に指摘されて、自分の欠点に気がつきました。

今後は、殿にウザいと思われないように、もっと徹底して

少しの不満も出ないような、完璧で完全な助言を心がけようと思います」

 

※荀彧、決めのメガネ、クイクイ  一瞬、凍りつく円卓

 

 

陸遜「その態度が駄目だと思うんですけど・・」

 

 

周瑜「なんて自分勝手な解釈を・・素敵な性格だッ!」

 

周瑜が嫉妬と羨望のまなざしを向ける

 

 

郭嘉「我が子房、、ぷぷっ」

 

 

法正「ちっ、、おしゃれメガネめ、思っていた以上に精神が強いな!

ならば、もう一人のヤツの精神を破壊してやる・・

おい、郭嘉(かくか)!次は貴様だ!」

 

 

袁術「異議あり!一人で二回質問するのは不公平ぢゃ」

 

袁術(えんじゅつ)が、椅子に乗ったまま移動してくる

 

 

法正「黙れ!お猿!俺様は最初に、

魏の二人の評判を落とすと言ったはずだ!

それが嫌なら司会が最初から発言を却下すべきだろう」

 

 

袁術「うぐぐ・・反抗期の癖に」

 

 

法正「ふん、、もっとも、今の荀彧の体たらくに怖気づいて

少し時間をくれというのなら、待ってやってもいいが?」

 

※黒いマントを翻し、法正が馬鹿にした笑いを浮かべる

 

 

郭嘉「怖気づく? ぷぷっ!まさか・・」

 

郭嘉が真顔になり、特大の屁をブチかまし、

たまたま背後を椅子で走っていた袁術に命中した。

 

 

袁術「くさあっ!くささっ!!目に、目に染みるっ!」

 

椅子から転げ落ちて悶絶する袁術

 

郭嘉「今のは偶々、ぷぷ・・」




郭嘉のスーパー軍師ぶりを3連発紹介

 

※郭嘉は、風呂敷のマントの中から、一枚の紙を取り出した。

 

郭嘉「これ読んで ぷっ!・・」

 

郭嘉は、禰衡(でいこう)にサッと手紙を手渡した。

 

 

禰衡「あ、はーい、じゃあ、郭嘉の武勇伝を朗読しまーす

 

 

――西暦200年、官渡の戦いに乗じて江東の孫策が許を陥れるという噂があった。

魏の臣は皆、恐れたが、郭嘉が言うには、

 

孫策が殺したのは、皆、英雄豪傑であり人の死力を得られるものばかりである。

そんな豪傑を殺したのだから、孫策は深い恨みを受け、国力を疲弊させている。

おまけに孫策は慎重さが足らず、軽はずみであり、例え100万の護衛がいても、

無人の野を歩くのと同じで、もし、刺客の一人が立てば、一対一で戦う事になる

私の見立てでは、遠からず、つまらない人間の手にかかり死のう』

まもなく、孫策は長江を渡ろうとして、刺客の手にかかり死んだ」――

 

 

※観客が大きくどよめく 郭嘉の目が車輪眼になる。

 

 

陸遜「おおっ!凄い、ほとんど予言者だ」

 

 

禰衡「もっとありまーす・・えーっと、、

 

 

――曹操が官渡の戦いで勝利、敗戦に気を病んだ袁紹が病死した。

その後、息子の袁譚袁尚が立ったが、曹操はこれを撃破し、

群臣はこれに乗じてさらに攻めるべきだと進言した。

 

しかし、郭嘉はそれを制して、言うには、

袁紹は、袁譚袁尚を愛して後継者を決めませんでした。

さらに二人は、陰謀好きの郭図と逢紀を自分のブレーンしております。

間違いなく、遠からず喧嘩になるでしょう。

ここで、我が軍が攻めれば、二人は共闘し呉越同舟になります。

よって、我らは知らん顔をし、荊州に向かって劉表を征するようなフリをし

二人を争わせるだけ争わせ、その後に介入すれば一網打尽に出来ましょう』

 

曹操は郭嘉の進言に従うと、袁譚袁尚は冀州の領有を巡って争い、

共倒れし、郭嘉の言うとおりになった」――

 

 

※観衆から大拍手、郭嘉、Ⅴサイン

 

 

司馬懿「ちっ、、自慢が過ぎるぞ、郭嘉」

 

 

法正はうんともすんとも言わず、不敵な笑みを浮かべている・・

 

 

禰衡「もっとありまーす・・

 

 

――郭嘉の死後、曹操は赤壁で大敗した。

その後、巴丘で伝染病に遭遇すると船を焼き嘆いて言うには、

『もし、郭奉孝が存命なら、この敗戦も無かったであろう

嗚呼、哀しいかな奉孝! 痛ましいかな奉孝! 惜しいかな奉孝!』

 

このように曹操は、郭嘉を失った事をとても残念がった、以上」――

 

 

※一部の観客がスタジアムに降りてきて

郭嘉を点滴スタンドごと胴上げしている。

 

法正 激白、郭嘉の事績の大半は傅玄の捏造!

 

Kawauso「うーん、禰衡の朗読を聞く限りは、

ほとんど予言者のようなスーパー軍師ぶりだけど、

法正は反論があるの?」

 

 

法正「ふん!反論があるかだと?笑わせるぜ、

さっきまで全裸野郎が紹介していた

郭嘉の武勇伝の大半は捏造なんだよ!」

 

 

※スマホで文字入力をしていた諸葛亮(しょかつりょう)が

一瞬、こっちを向く

 

 

Kawauso「へえ、捏造!それは証拠があるの?」

 

 

法正「あるさ、、三国志魏志、郭嘉伝には、陳寿(ちんじゅ)の正史以外に、

裴松之(はいしょうし)が十項目の資料を補っているが、その中の7つまでが傅子だ。

これを書いた、傅玄(ふげん:217~278)は熱狂的な郭嘉ファンなんだよ」

 

 

Kawauso「禰衡、傅玄って誰?」

 

 

禰衡「傅玄は傅幹(ふかん)の子で、父を早くに失い困窮の中で学問をして出世し

司馬昭(しばしょう)の参軍になった人物で司馬炎(しばえん)が帝位に就くと

散騎常侍(さんきじょうじ)になっています

著作に傅子があるみたいですが、当人が司馬昭の側近だったので、

司馬氏を褒め称え、曹爽(そうそう)一派を罵倒する内容のようです」

 

※禰衡は鼻をほじりながら解説した

 

 

Kawauso「なるほど、つまり、傅玄の本は陳寿と違って、

あまり公正な内容じゃないって事?」

 

 

法正「傅玄は個人としては、厳正で有能な人物と言えるが、

彼が記した傅子は少なくとも、郭嘉に関しては、

あまりにも持ちあげ過ぎていて信用が出来ない!」

 

 

郭嘉「ぷぷっ!口先だけで何と言われても効かないよ♪」

 

※点滴スタンドを振り回し、不思議な踊りを踊る郭嘉

 

魏書と傅子で正反対 多重人格な郭嘉

 

法正「そうかな?、この傅玄は王沈(おうちん)の書いた魏書を引用して

郭嘉の事績を記しているが、そこに、呂布(りょふ)によって徐州を追われて

曹操を頼った劉備(りゅうび)に対する郭嘉の進言がある。

だが!魏書を引用しているハズの傅子では、郭嘉の発言が正反対なんだよ」

 

 

※どよめく観客席

 

法正「まず、魏書に記された郭嘉の言動から紹介するぞ!

 

 

―― 劉備呂布に追われてくると、曹操は迎えて豫州牧とした。

ある者が曹操に進言するには

劉備には英雄の志があり、今、殺さないと後々厄介な事になりましょう」

曹操がこれを郭嘉に相談すると、郭嘉が言うには

「確かに一理あります、公は、剣一本で義兵を起し、百姓の為に賊を除き、

誠の心を持って人材を召集して、それでもなお、足りない事を恐れています

現在、劉備には英雄の名声があり、困って殿を頼った者を殺せば、

それは賢者を殺した事になります。

 

天下の智者は、自らもまた殺されると疑い、公の下を離れてしまうでしょう。

そうなっては、公は誰と天下を定めるのでありましょう?

たった一人の劉備を排除して、天下の名声を失うのは割に会いません、

この事はよくよく考えて頂きたいのです」―

 

 

袁術「うむ!納得、劉備は毒ぢゃが、外顔だけは良くて名声がある。

これを殺して、天下の名声を失うのは引き合わないから飼い殺せ!か

郭嘉とやら、わが袁術軍の軍師を任せても良いぞ!」

 

※相変わらず、態度がデカい袁術だが郭嘉は無視

 

 

周瑜「さっきの荀彧の助言と違い、全く押しつけがましくないな・・」

 

 

司馬懿「郭嘉も、たいがい、腹黒いからな・・」

 

 

法正「次は、これを下敷きにしたと思われる傅子の記述を読むぞ、、

 

―― 劉備がやってきた当初、曹操は賓客の礼で迎え豫州刺史にした

このときに、郭嘉が曹操に進言するには

 

「劉備には雄大な才能があり甚だ人心を得ています、その従者の張飛関羽は、

一人で万人を相手に出来る豪傑であり、劉備の為には命を捨てて働く勇士であります。

私の見た限り、劉備は他人の配下として終わる人間ではなく真意は測れません。

古人の言葉にも、“一日敵を放てば、数世代の憂患となる”と言います。

出来るだけ、早く殺すべきです」

 

この時期、曹操は献帝を奉じて天下に号令し、英雄を招いて大義を標榜していたので、

郭嘉の進言には従えなかった、たまたま曹操は劉備に袁術を要撃させたが、

郭嘉は程昱と倶に籠で往って曹操を諫めるには 『劉備を放てばきっと叛きますぞ!』

しかし、劉備はすでに去って、遂に兵を挙げて叛いた。

曹操は郭嘉の言葉を用いなかった事を後悔した」――

 

 

Kawauso「まるで正反対だね、、魏書では厄介だが名声があるから飼殺せと言い

傅子では、一刻も早く殺せと言っている」

 

 

法正「果たして、一人の人間が同時期に正反対の事を言うなら、

これは嘘つきか、多重人格という事になります。

いかに曹操でも、そんな人間を信用しないでしょう

郭嘉の素行は悪いですが、相反する意見で主君を混乱させる人間ではない

つまり、魏書と傅子、どちらかが郭嘉の言動について嘘を書いている!

 

※法正が、郭嘉をビシッと指差す、郭嘉が少し汗をかいている。

 

動かぬ証拠!傅子は後付けで郭嘉伝を盛った!

 

法正「俺様は、傅子が嘘をついて郭嘉伝を盛ったと考えている。

どうして魏書では、劉備を飼殺しにしておけに留めた郭嘉を、

傅子では殺すように進言した事になっているのか?

 

それは、後に劉備が益州に入って漢中王になり曹操の脅威になったからだ!

西暦200年前後は、ただの傭兵隊長だった劉備を魏書の郭嘉は、

そこまで脅威とは思わず、強いて殺す必要はないと言っていた。

 

 

それでは、郭嘉のスーパー軍師ぶりを目立たせないから、傅玄は、

郭嘉は劉備が後に強大な敵になるのを見抜いていたと言いたい為に

魏書の記述を改変してしまったのだ!」

 

 

禰衡「つまり、傅玄は、禁じ手の未来の後付け知識で

郭嘉の記録を捻じ曲げ、手柄を捏造した?」

 

※鼻をほじっている禰衡

 

 

荀彧「異議あり!法正君の言い分は、その可能性が「ある」だけで、

証拠とは呼べないと思います!」

 

追い込まれた郭嘉を庇って、荀彧が前に出る。

 

 

法正「そうかな? その証拠が、さっき紹介した傅子の

赤線の記述に出ているぞ、もう一回、読んでやろうか・・

 

――「劉備には雄大な才能があり甚だ人心を得ています、その従者の張飛関羽は、

一人で万人を相手に出来る豪傑であり、劉備の為には命を捨てて働く勇士であります。

 

 

どうだ?オカシイだろう、、関羽(かんう)はともかく張飛(ちょうひ)の名前が

天下に轟くのは西暦208年、長坂の戦いのときの事だ。

実際、関羽張飛を万人の敵と評価しているのは、魏志の程昱(ていいく)伝だが、

これは、曹操が荊州を陥落させた後、つまり長坂の戦いの後の記述でしかない。

どうして、西暦207年に死没する郭嘉が、長坂の戦いで活躍する以前に

張飛の武勇が万人に敵すると知っているのか?

 

考えられる可能性は2つ、郭嘉が軍師兼エスパーだったか

或いは、傅玄が未来人の特権で後付け知識を使い郭嘉の記述を盛ったかだ。

さあ、どうする郭嘉? 試しにスプーンでも曲げてみるか(笑)」

 

 

Kawauso「郭嘉、反論があれば、どうぞ!!」

 

 

郭嘉「ぷ、、ぷぷぷぷぷ・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・ブリッ!!

 

※最悪の効果音でスタジアム全体が凍りつく・・

 

郭嘉の最終兵器でスタジアムが収拾不可能にww

 

※画面に、「しばらくお待ちください」のフリップが出る

 

 

袁術「ぎゃーーーーっ!!こいつ信じられん・・

大人なのに大の方をーーー!!」

 

 

周瑜「くさっ、くささっ!!」

 

 

陸遜「あわわわ・・ほ、放送事故にッ・・」

 

 

荀彧「ああ、とうとうやってしまいましたか・・

スタッフさん、すみませーん!

預けておいた、おむつとティッシュをお願いします

皆さん大丈夫です、落ち着いて私に万事お任せ下さい!」

 

 

Kawauso「皆さん!落ち着いて、静粛にーー!」

 

※ウ○コを漏らした郭嘉に、スタジアム大パニック!

異変を察知して、いち早くスタジアムから楽屋に非難した諸葛亮

取り残されて、茫然とする周瑜と陸遜、法正、

鼻をつまんで観客席に逃げ込んだ司馬懿(しばい)、

堂々としている郭嘉と後始末に忙しい世話焼きの荀彧、

そして、対応に追われる、kawausoと禰衡。

 

 

法正「ば、、ばかな、、ありえん、大の大人がウ○コを・・」

 

 

郭嘉「ぷっ、俺は荀彧に比べると、ちと怒りっぽい性質でな

感情が昂ると、脱糞して気持ちを静める事にしているんだ」

 

 

※すっきりした顔で瞳をキラキラさせている郭嘉

 

 

法正「エシディシかいッ!しかも常習犯だな貴様っ!

ちっ!しかし、なんだ、この敗北感わっ」

 

 

ナレーション: おおっと!スタジアムを特大爆弾炸裂でパニックに陥れた郭嘉!

少しも反省する様子もなく、大の大人が、おむつ一丁で涼しい顔をしているぞ!

禰衡一人でも、おなか一杯なのに、それを上回る暴れん坊の腸の持ち主が降臨だ!

さあ、郭嘉の活躍で、ウン・・じゃない特大爆弾の処理は進んでいるが、

パニックが収まる様子がないので、放送事故になる前に一旦CМだあっ!

数分後に、いきなり別番組に差し替えられなかったらいいねっ(泣)

 

【CM】李傕郭汜祭りを開催するよ!さぁ、祭りだ!ワッショイ!

 

三国志演義はおろか、正史三国志を読んでも全貌が分からない

6年間に及ぶ、熾烈な戦いの経緯を、2年前、袁術祭りを手掛けた

朝まで三国志のメインライターkawausoが描き切る超話題作!

その名も「李傕郭汜祭」が、電子書籍で販売中だ!

 

三国志の裏側で、こんなドラマが展開していたとは・・

驚き、きっと、誰かに話したくなる、熱き三国志の裏の物語

 

 

つづく(第6部 26日(日) 00時30分配信開始)

次回記事:朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第6部




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 郭嘉(かくか)の死因は結核だった?【はじさん臨終図巻】
  2. 魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志
  3. ホリエモンが舛添都知事を庇った理由と晏嬰で考える政治家倫理
  4. 【転職面接を攻略】呂布、陳琳、孔明に学ぶ面接必勝法
  5. 【祝】はじめての三国志!月間50万PVを達成!
  6. 蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義
  7. 【シミルボン】自分を褒めまくり、曹丕の自叙伝が意識高い系でウザい…
  8. はじめての三国志 【祝・はじめての三国志】3周年記念の御礼を申し上げます!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志編集長 kawauso
  2. 幕末 帝国議会

おすすめ記事

  1. はじさんが劉備を丸裸に!素顔は?身長は?劉備を徹底追及!
  2. 曹丕が早死の原因は呪術?それとも病気?曹丕の死因に迫る
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第七話「検地がやってきた」の見どころ紹介 三国志ライター黒田レン
  4. 李厳(りげん)とはどんな人?自分の出世の為に孔明の足を引っ張った蜀の将軍
  5. 三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計
  6. キングダムネタバレ570話「バジオウ死す」レビュー解説

三國志雑学

  1. 海賊時代の孫堅
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札

おすすめ記事

于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人 あまりにも短命すぎた後漢の皇帝達14選 第六天魔王・織田信長は本当に天下統一がしたかったの? みにおん三国志とはどんなアプリゲーム? 関羽と法正、正反対のイメージの二人の意外な共通点 梁鵠(りょうこく)とはどんな人?魏の宮殿を飾った全ての題字を書いた文化人 西郷どんの師、赤山靱負(あかやまゆきえ)が切腹になるのは見せしめ? 【妄想】はじ三 SPA RESORT三国湯 in 沖縄

おすすめ記事

  1. 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立の秘密
  2. 【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~張郃篇~
  3. まだ漢王朝で消耗してるの?第1話:改革なき破壊者 董卓
  4. 【西楚覇王項羽】彼の性格は○○で、○○の高さは誰にも負けない人物だった
  5. 中国・西安の秦兵馬俑博物館に行ってきた
  6. 「耳で聞いて覚える三国志」をはじめました
  7. 【センゴク】新事実かも!武田滅亡の原因は信玄のせいだった? 真田丸 武田信玄
  8. 【真・三國無双8】新キャラ周倉(しゅうそう)とはどんなキャラ?実際に存在した人?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP