英雄の死因
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

張魯の配下には以外にも優秀な人材がいた!!

曹操に降伏する教祖・張魯




関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟

 

蜀の劉備(りゅうび)には関羽(かんう)張飛(ちょうひ)

趙雲(ちょううん)などの優れた将軍がいっぱいいました。

また馬良(ばりょう)諸葛孔明(しょかつこうめい)龐統(ほうとう)法正(ほうせい)など

優れた政治家や軍略家など多くの人材がいます。

 

また魏の曹操(そうそう)の配下には

張遼(ちょうりょう)于禁(うきん)夏侯惇(かこうとん)夏侯淵(かこうえん)などの優れた将軍や

郭嘉(かくか)荀彧(じゅんいく)陳羣(ちんぐん)司馬懿(しばい)など優秀な文官がいます。

 

孫権(そんけん)の部下には甘寧(かんねい)淩統(りょうとう)程普(ていふ)など軍事経験豊富な将軍から

周瑜(しゅうゆ)魯粛(ろしゅく)呂蒙(りょもう)陸遜(りくそん)などの司令官級の指揮者がいました。

 

このように三国志には多くの国家に優秀な人材がいましたが、

漢中を長い間占拠していた張魯(ちょうろ)の元にも優れた人材がいたのでしょうか。

今回はこの張魯の部下を紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:劉備は張魯のおかげで三国志の英雄になれた!?

関連記事:卑弥呼の鬼道を探る。卑弥呼-張魯-安倍晴明のつながり

 

 

張魯を間違った方向へ向かわせないアドバイザー・閻圃

 

張魯が占拠していた漢中は魏、呉、蜀の国のように広い国家ではなかったため、

たくさんの優秀な人材を抱えていたわけではありません。

しかし誰も張魯の元に優秀な家臣がいなかったわけでもありません。

 

例えば張魯が間違った方向へ向かわせなかった閻圃(えんほ)と言う人物がいました

この閻圃は張魯の軍師的な人物で彼に直接注意することのできる貴重な人物でした。

例えば張魯が治めていた漢中で玉印が発見されたことがありました。

 

張魯はこの玉印を見つけた民衆からもらい、

会議でどうすればいいのか会議に諮ります。

すると張魯の配下たちは

「この玉印が手に入ったのは漢中で王様になった方がいいとの天命だ」

と進言をしてくる人が多数いました。

 

そのため張魯も王様になるつもりになっていましたが、

軍師・閻圃が張魯へ

「教祖。ここで王様になるのは早計です。

この地には兵力もいっぱい集めることができますし、

土地も豊かで多くの作物が手に入ります。

さらにこの漢中の土地は守りに強い土地であります。

これだけの力があれば後漢王朝の皇帝を助けて、

反乱を起こしている群雄を討伐し、

天下平定に貢献することもできます。

また皇帝を助けることをしないでも

豊かで平和な生活を手に入れることも今後の情勢次第では可能でしょう。

これらのことを考えれば、

今ここで王様になるのは得策と言えないと思います。」

と進言。

 

張魯はこの閻圃の進言を採用し、

王様になることをやめるのでした。

もしここで王様になっていれば、

後に曹操へ降伏を申し入れても許されることはなかったかもしれません。

 

このように考えれば閻圃の進言は優れたものであり、

張魯を間違った道へ進ませなかった貢献者と言えるのではないのでしょうか。

 

 

張魯の軍事面で活躍した張衛

 

張魯の配下には閻圃ともう一人優れた人物がいます。

それは張魯の弟の張衛(ちょうえい)です

彼は張魯の国家における将軍の役割を果たし、

五斗米道を討伐しようと戦を仕掛けてくる

劉璋(りゅうしょう)の軍勢から漢中の国家を守り続けてきた人物です。

 

張衛は劉璋から国を守り続けてきた事のほかに

漢中へ軍勢を進めてきた曹操軍と戦いを行った人物としても知られます。

結果は張衛の敗北で終わってしまいますが、

この時張衛が曹操と戦ったおかげで張衛が曹操へ降伏した際、

その武勇が認められて将軍の位を与えられることになります。

 

また閻圃は張魯が降伏した際、

曹操から高い評価をもらって領土を加増され、

爵位をもらって優遇されることになるのでした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は張魯の配下について紹介しました。

閻圃と張衛がいなければ漢中を占拠した後、

張魯が長く独立体制を保つことができなかったでしょう。

 

このように三国志には魏、蜀、呉の三国志の主役ともいえる国家の他にも、

呂布(りょふ)袁術(えんじゅつ)袁紹(えんしょう)などの

三国時代のわき役ともいえる勢力の中にも優れた人がいるので

このような小さい勢力にも目を凝らしてみるとなかなか面白いのではないのでしょうか。

 

参考文献 【正史三国志魏・蜀書】など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上

関連記事:彗星のごとく駆け抜けた小覇王・孫策

 

【三顧の礼は孔明の脳内イメージだった?】
三顧の礼特集バナー

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 周昭が諸葛瑾をベタ褒め 孫権の部下に三君有り!孫呉三君とはいったい誰を指すの?
  2. 日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?
  3. 李儒と三国志 超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表
  4. 曹嵩 曹嵩(そうすう)はどこの誰なのか?徐州大虐殺の切っ掛けにもなった…
  5. 諸葛孔明 諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで?
  6. 蜀の劉備 【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?蜀軍の配置から北伐…
  7. 孔明 郭嘉 周瑜 諸葛亮、周瑜、郭嘉…誰がお好み?ときめき軍師メモリアル
  8. 曹丕を生む卞夫人と曹操 三国志の将軍たちは家族サービスできていたの?三国時代の軍生活

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操の使者を斬り捨てる武闘派の孔明
  2. 陸抗
  3. ナポレオンと曹操
  4. 山頂に陣を敷いた馬謖

おすすめ記事

  1. 江藤新平と佐賀の乱について語り佐賀を観光しよう! 江藤新平 幕末
  2. 鎌倉時代の悪党とはどんな人たち?アウトローな連中だった? 悪党(鎌倉)
  3. 土方歳三に妻はいたの?モテモテ副長は独身主義 新選組の土方歳三
  4. 郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物
  5. 趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に!
  6. 播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣

三國志雑学

  1. 周泰(しゅうたい)
  2. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  3. 華陀
  4. 馬騰
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  2. 呂布VS劉備三兄弟
  3. 陳寿(晋)
  4. 病気になった兵士
  5. 太平道 黄巾賊

おすすめ記事

黒田官兵衛 明智光秀は黒田官兵衛のせいで山崎の戦いで敗北した!その理由とは? 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) いい部屋ネットが必要?三国志時代の家事情 はじめての三国志 4コマ劇場 「関羽単騎駆け」 李斯 【キングダム】転職によって人生を劇的に変えた李斯(りし) 弩(ど)を発射させる蜀兵士達 【科学面や発明品から知る三国志】三国時代の発明品ってどんなものがあったの? 【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法律編】 明治政府最初の対等条約―日清修好条規― 孫権が張昭を呉の丞相に任命しなかったのはどうして?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP