正史三国志の張遼はどんな生涯を送ったの?呂布に仕える前は何をしていた?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

敵を相手にして奮闘する張遼

 

この記事では、三国志でのいぶし銀の脇役こと張遼(ちょうりょう)について解説していきたいと思います。

 

怪獣大決戦のような兀突骨 vs 孔明軍

 

張遼はもちろん、劉備(りゅうび)曹操(そうそう)諸葛亮(しょかつりょう)のような主役級の人物ではありませんが、知る人ぞ知る名将というイメージがあるのではないでしょうか。

 

魏志(魏書)_書類

 

そこでこの記事では、張遼の活躍がどのように正史三国志(せいしさんごくし)で描かれているか、という点に着目して解説していきます。




張遼の生い立ち

張遼 カカロットーーーー!

 

張遼は并州雁門郡(へいしゅうがんもんぐん)の出身といわれています。并州雁門郡は、万里の長城を隔てて後漢王朝と遊牧民がにらみあう前線地帯でした。こうした地域からは、住民と長城以北の遊牧民との交流が進み、優れた馬術を身につけた勇猛な武将が数多く輩出されています。

 

方天画戟を持つ呂布

 

例えば、三国志最強の猛将である呂布(りょふ)は并州五原郡の出身であり、若き日の張遼と呂布は似たような境遇でその経歴をスタートさせていると言えるでしょう。

 

関連記事:呂布が時々敗走している理由は?本当に最強なの?

関連記事:呂布が愛した人妻って?貂蝉のモデルとなった正史三国志の侍女とは?

 

時空を越えた最強の将軍対決
呂布対項羽

 




丁原・董卓の配下時代

丁原(ていげん)

 

張遼は若いころからその卓越した武勇で名が通った存在であり、并州刺史の丁原(ていげん)に見出され、丁原配下の武将となります。

 

宦官を一掃することを決意する何進

 

後漢の朝廷で、189年(中平6年)に外戚の何進(かしん)と宦官たちが争った際には、大将軍であった何進を援護するため、并州刺史の丁原が首都洛陽に駆け付けました。

 

宦官を倒す袁紹

 

その際、張遼は同じく并州出身の呂布とともに、丁原に従っていたと言われています。その後、何進が宦官に暗殺され、宦官も袁紹(えんしょう)らによって排除されると、皇帝を擁した董卓(とうたく)が後漢王朝の実権を握ってしまいます。

 

呂布に殺害される丁原(ていげん)

 

丁原は董卓の専横に異を唱えますが、配下の呂布が董卓に与して裏切り、丁原を殺害して董卓の配下になってしまいます。この時、張遼は呂布と同様に董卓に従ったと言われています。

 

関連記事:呂布の生い立ちが謎すぎて、三国志演義では魏の人になった丁原を考察

関連記事:丁原(ていげん)とはどんな人?天下無双の豪傑でもあり呂布パパ

 

【宦官の知られざる世界を一挙紹介】
宦官

 

 

呂布配下の猛将

呂布に暗殺される董卓

 

192年(初平3年)に董卓が呂布に殺害されると、董卓の配下たちは呂布の陣営と李傕(りかく)郭汜(かくし)らの陣営に分かれて争い始めます。張遼は呂布の陣営に参加しますが、呂布は李傕・郭汜との戦いに敗れ、各地を流浪することになります。

 

高順と張遼

 

この際、張遼は陳宮(ちんきゅう)高順(こうじゅん)らとともに呂布陣営を支える主要な武将としてその名が知られるようになっていきます。

 

矢を当てる呂布 呂布、紀霊

 

都を追われた呂布は兗州(えんしゅう)徐州(じょしゅう)を転戦し、曹操や劉備といった群雄と戦っていますが、張遼の働きはその中でも目立っていました。

 

劉備を裏切る呂布

 

呂布が劉備に代わって徐州を支配すると、劉備を救援すべく曹操が派遣した夏侯惇(かこうとん)を張遼は破り、劉備の立て籠もる小沛(しょうはい)を攻め落とし、劉備の妻子を捕えています。このように、張遼の武勇は呂布本人を除けば、呂布軍随一のものであり、曹操や劉備を恐れさせるものだったのです。

 

関連記事:不臣の礼からわかる激動の時代!曹操と夏侯惇の立場

関連記事:夏侯惇の外見ってどんなイメージ?理想の夏侯惇像をちょっと描いてみる

 

【天下無双の豪傑・呂布の放浪記】
呂布

 

曹操に仕官する張遼

曹操と呂布と劉備

 

小沛を追われた劉備は曹操の下に身を寄せ、曹操と劉備は協力して徐州を攻めて呂布を追い詰めます。

 

曹操に捕らわれる高順、呂布、陳宮

 

曹操の計略の前に呂布は追い詰められ、ついには呂布とその配下の将軍たちは曹操に捕らえられてしまいます。

 

高順が呂布に疎んじられた理由07 高順

 

曹操は呂布・陳宮・高順らを処刑したものの、張遼は処刑されることなく曹操に取り立てられ、中郎将(ちゅうろうしょう)関内侯(かんだいこう)(「関内侯」は後漢王朝の官位二十階のうち、上から2番目にあたる。)に任ぜられるなど、むしろ出世を果たしています。

 

進撃が止まらない張遼

 

この異例の厚遇を見る限り、士を好む性格らしく、曹操は自らの軍勢を幾度もはねのけた張遼の才能に惚れ込んでいたのでしょう。その後、張遼は曹操配下の武将として、これまで以上に功績を積み重ねていくことになります。

 

関羽の降伏を説得しにいく張遼

 

200年(建安(けんあん)5年)に曹操と袁紹との間に起こった官渡(かんと)の戦いにおいて張遼は、曹操に一時降伏した関羽(かんう)とともに先鋒を務め、袁紹軍第一の猛将である顔良(がんりょう)を破っています。

 

曹操

 

張遼と関羽は確かに卓越した武勇を誇るものの、彼らは、かつて曹操と敵対しながら曹操に降伏した武将たちです。こうした武将たちをきちんと信頼し、先鋒を任せる曹操の器量の大きさと、曹操の期待にいかんなく応える張遼と関羽の忠義が見て取れますね。

 

関連記事:呂布と貂蝉の愛を超えた!愛する人のために他国に降伏した呉三桂とは誰?

関連記事:【三国志究極の選択】徹底抗戦とあっさり降伏どっちが偉い

 

【豪傑を支えた軍師・陳宮】
陳宮

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 敵を相手にして奮闘する張遼
  2. 病気になった兵士
  3. 太史慈
  4. 愛馬に乗る張遼
  5. 取り残された部下を助けに行く張遼
  6. 取り残された部下を助けに行く張遼

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 月友
    • 2021年 8月 09日

    ちょっとだけ言わせてくださいな。

    何でも丁原と言えば并州刺史と言うのは…ちょっとね。洛陽入りの時は騎都尉として河内に駐屯しており、入城してからの丁原は執金吾となってます。なので呂布に殺られた時は執金吾の丁原となります。

    その頃の洛陽入りを焦らしていたのが并州牧の董卓です。董卓と言えば涼州だから長安方面から迫るイメージですが、実際には董卓は并州牧で何進の誘いで河東まで進出していました。少帝が洛陽の北にある芒山(漢室の帝王陵墓群の山)に到るとそれを保護しました。解りやすく言うと董卓軍が北方から南下してきた構図なんですよ。

    纏めると丁原は并州刺史として洛陽に入ったのではなく、寧ろ董卓こそが并州牧として洛陽に入ったのです。この辺りを間違えてはいけないかな。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP