蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図った政治家

成都での留守居役の仕事を完璧に務める




孔明過労死

 

蒋琬は、成都で異変を起こさずしっかりと蜀の政権を治め、

北伐中の軍勢には補給を滞らせる事無く行い、成都での留守居役の仕事を完璧に務め上げます。

孔明が北伐から帰国し、この事を伝え聞くと、

内密に劉禅に上表を行い「もし、私が亡くなったら蒋琬に蜀の軍事・政治を任せるべきです」と伝えています。

孔明から次世代の政権を担う人材として期待を受けた数少ない人物です。

その後孔明は、再び北伐に出陣しますが、

五丈原で魏軍と対陣中に危篤状態に陥り、そのまま帰らぬ人となってしまうのです。

 

関連記事:孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?

関連記事:孔明の北伐の目標はどこだったの?

関連記事:張翼(ちょうよく)ってどんな人?歴代丞相と共に北伐へ参加した蜀の重臣




国のトップとなる

蔣琬

 

蒋琬は、孔明の遺言により、蜀の二代目トップとなります。

孔明が亡くなったことで、蜀の臣は動揺しますが、彼は全く動揺する事無く、

堂々と蜀の今後の方針を示し、蜀の臣を安心させます。

また彼の優れた政治手腕で、北伐を行った事で国力を低下させている国を癒すべく、

民の生産力を増加させる案を実行し、民を安心させ、動揺を抑えることに成功します。

彼は、蜀の臣や民の動揺が収まったことを確認すると、魏を討つべく北伐の計画を立案します。

孔明は漢中から北上していく作戦を行っていたが、この作戦は成功する事がなかった。

そのため、蜀の近くを流れる漢水を利用して、魏の領土を攻撃する案を提案します。

この作戦は、退却時の困難や彼の健康が危ぶまれて、作戦は中止になったのです。

 

関連記事:費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人

関連記事:趙雲(ちょううん)ってどんな人?蜀の五虎将軍の中で寿命を全うした猛将

関連記事:廖化(りょうか)ってどんな人?蜀漢成立~滅亡まで戦い続けた蜀の将軍




姜維が孔明の意志を継いで北伐を行う

姜維

 

その後、姜維(きょうい)を雍州刺史に任命し、彼に北伐を行わせます。

蒋琬自身は、後方の軍事基地・涪(ふう)にとどまり、作戦を指揮します。

蒋琬は、北伐作戦の指揮を執っていましたが、

前々から悩まされていた持病が重くなり、亡くなってしまうのです。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

蒋琬や費禕(ひい)董允(とういん)

孔明から「社稷之臣(国家を支える臣)」と称された三人の内の一人です。

彼は後年、孔明や龐統(ほうとう)、黄権(こうけん)

と共に四人は蜀の四相と称されております。

 

彼の政治は自分を批判する者や礼を失している者でも、

私情を絡めて政治や刑罰を行うことなく、常に公正明大であったそうです。

三国志の作者である陳寿(ちんじゅ)も「小さな政治を任すことはできないが、

万事において威厳があり、大きな土地を統治することのできる人物である」と

蒋琬を評している程の人物でありました。

今回はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~♪




よく読まれている記事

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

袁紹 曹操

 

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

曹操議員

 

よく読まれてる記事:これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?

 

曹萌

 

よく読まれてる記事:曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

黒田廉

■自己紹介:

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。

好きな歴史人物:張遼夏候惇文鴦

何か一言:好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

< 1

2

関連記事

  1. 曹植は軟弱ではなかった曹植
  2. 後継者を決めた劉表
  3. 袁術と曹操と黄巾賊
  4. 賈詡
  5. 影の薄い孫権

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

三国志って何?




PAGE TOP