魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

曹操が鄴を首都としていた意外な理由

董卓えらそう 独裁

 

では、どうして曹操は、旧都であった洛陽ではなく鄴を本拠地にしていたのでしょう。

一つの理由には、洛陽が董卓(とうたく)による暴政の被害から回復していないという事もありますが本当の理由は、袁家の残党に睨みを効かす為だと言われています。

 

三国志演義では、曹操に敗れた優柔不断なダメ君主のように描かれる袁紹(えんしょう)ですが、

彼が地盤を置いた北方四州の民心は、袁家に非常に懐いていました。

袁紹が曹操に敗れた直後も、好機と見た反対勢力が反乱を起していますが、

いずれも簡単に袁紹に鎮圧されてしまっている程です。

 

特に本拠地であった鄴は、袁家を懐かしむ声が袁家が滅亡して数十年しても

あったという程に親袁・反曹の気風があったようで、曹操は造反を防ぐ理由からも

鄴に拠点を置き続けないといけなかったようです。

 

関連記事:後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)

関連記事:うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!

関連記事:洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓

 

[adsense]

もし、曹操が本拠地を鄴に置かなかったら、魏は斉になっていた!

少帝と弟の劉協を保護した董卓

 

鄴は、春秋時代の斉の桓公(かんこう)が城塞都市を建設した事に遡る都市ですが、

戦国時代には、魏の領地になり、一時、趙の領地になった後、

秦の将軍、王翦(おうせん)により攻略されて秦に編入されます。

その事から、鄴は魏領として考えられたので曹操も国号を魏と称していました。

 

もし、曹操が鄴を拠点としないで、故郷の譙を本拠地にしていたなら、

その土地は、元は斉の領地だったので、曹操も国号を斉にしていた事でしょう。

そうなれば、斉・呉・蜀の三国志という事になり、曹操は斉の武帝と呼ばれた

かも知れないのです。

 

関連記事:「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

[adsense]

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

そうなると、曹操の書いた魏武注孫子は、斉武注孫子になってしまい、

曹丕は斉文帝になってしまい、晋が滅ぼすのは、曹斉という事になります。

別に、斉がカッコ悪いという訳ではないですが、なんか、間の抜けた

イメージになると思うのは、私だけでしょうか?

やはり曹操は、魏=赤色というのがカッコいいのではないかと思います。

 

本日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

[adsense]

こちらの記事もよく読まれています

大喬 小喬 三国志当時のファッションとは!

 

よく読まれてる記事:三国時代のファッションはどんなのだったの?

 

 

後宮 美女 階級

 

よく読まれている記事:後宮の美女達にも階級ってあるの?気になる~♪

13人の妻達(曹操)

 

よく読まれてる記事:三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

< 1

2

関連記事

  1. 飛頭蛮
  2. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  3. 矢を集める諸葛亮孔明
  4. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  5. 魯粛
  6. 戦で活躍する凌統

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“三国志データベース"




PAGE TOP