日常生活

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる

この記事の所要時間: 727




劉備 黒歴史

 

三国志演義が、史実6:虚構4の物語である事はよく知られています。

しかし、正史三国志ですら、その時代の執筆者の都合で真相が捻じ曲げられている、

という事に気がつく人は、あまり多くないでしょう。

 

特に、三国志演義の最大のハイライト呉蜀同盟には胡散臭さが満載されています。

今回のはじさんでは、三国志演義はおろか、正史三国志さえ引っ繰り返る、

周瑜(しゅうゆ)魯粛(ろしゅく)龐統(ほうとう)孔明(こうめい)

そして劉備(りゅうび)という呉を喰い物にした詐欺師達の話を分かりやすく解説します。




孫権(そんけん)の頼れる兄貴とは、後世の創作、独立勢力だった周瑜・・

周瑜の魅力

 

三国志演義では、張昭(ちょうしょう)・張紘(ちょうこう)の二張と並び、

孫権が困った時には、頼るべしとされていた周瑜(しゅうゆ)ですが、

それは正しくありません。

孫策(そんさく)とは、親しく付き合い、断金の交わりを結んだ周瑜ですが、

その弟、孫権とは、初期には、ほぼ接点がありませんでした。

 

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

西暦200年に、孫策が死んで、孫権が当主になってから、

周瑜は一応、喪を発して、呉に進駐して、孫権の国内平定に、

協力していますが、自身が積極的に動いた様子は皆無・・

孫権にとっては、父の仇である江夏の黄祖(こうそ)を討伐した時でも、

黄祖が盧江に派遣した武将、鄧龍(とうりゅう)の兵力数千を

自ら撃ち破った位の記述しかありません。

 

しかも、黄祖討伐では、周瑜は表彰さえされていないのです。

これはつまり、周瑜が孫権の勢力下では、干されていたか、、

手柄を立てさせて、呉での発言力が大きくなる事を恐れ

「もう!いいから、じっとしてて!」と動かさなかったのでしょう。




周瑜が呉の重鎮、程普に辛くあたられたのは他所者だから・・

周瑜

 

また、周瑜は、年少であったので年長の呉の重鎮、程普(ていふ)に疎まれ

意地悪をされましたが、穏やかな対応をして周囲の尊敬を得たというような

記述があります。

 

これは、年若いのに、心が広い周瑜の徳望を称える記述に見えますが、、

そもそも、周瑜が当主の孫権とツーカーの仲なら、重鎮の程普が

周瑜に対してそんな扱いをするでしょうか?

 

ここには、

 

「前代の当主と親しい程度で、呉でデカイ顔をするなよコラ!」

 

という孫権の重臣、程普の態度と、それを受けた周瑜の

 

「滅相もない、そんなつもりは微塵もありません」

 

というアピールがあり、結果として程普が周瑜の丁重な態度に、

強い猜疑心を解いた、、とも考えられるのです。

 

つまり、周瑜と孫権の間には、孫策との間にはあった、麗しい君臣の

友情など当初はなく、孫権にとっての周瑜とは、早い話が・・

 

「兄貴が残してくれた、強いけど、色々煙たいライバル」

 

だったという事になるのです。

 

関連記事:呉の大都督、周瑜の魅力がありあまり過ぎて困る7つの理由

関連記事:【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!

関連記事:孫策・周瑜の断金の交わりを生み出したのは袁術のおかげだった!?

 

曹操の南下が、居候状態の周瑜の境遇を変化させる

周瑜 孫策

 

孫策にゾッコン惚れこみ、その手勢の面倒を見た周瑜ですが、

孫策の若死で弟の孫権が立つと、一気に軽んじられ、

また有能であるが故に、警戒されるようになります。

 

それが顕著に出てくるのは、曹操による呉への降伏勧告に対して、

「どう対応しようか?」という呉の進退を決める重要な会議に、

当初、周瑜が呼ばれもしないという点でも分かります。

 

孔明と魯粛

 

三国志演義でも、魯粛(ろしゅく)や

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)の頑張りで、

孫権の気持ちが、主戦論に傾き、では、周瑜の意見を聴いてから

最終決定しようとなりますが・・・

 

そもそも、孫策が弟の為に就けた重臣の位置に周瑜がいたなら、

国の浮沈に関わる重大会議に召集されないわけがありません。

 

孫権「あ?これは、呉の会議だからよ、他所者は入ってくんな!」

 

正史では、孫権の周瑜への態度は、このようなもので、

上客として迎えていた魯粛(ろしゅく)が、、

 

「開戦となれば周瑜の協力は不可欠ですから意見を聞くべきです」と、

孫権に進言して、渋々、招かれたというのが真実なのです。

 

関連記事:周瑜はどうやって時代を超越した軍師・魯粛を手に入れたの?

関連記事:周瑜(しゅうゆ)ってどんな人?赤壁の戦いで曹操軍を破った智将軍

関連記事:孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!

 

周瑜・魯粛、生き残る為に、呉を詐欺る事を決意

魯粛と周瑜が詐欺を決行

 

招かれた周瑜と魯粛は、古くからの親友でした。

三国志演義では、温厚な性格で内政官僚として有能、

でも外交では、お人好しで優柔不断が玉にキズ、てへ♪

 

というドジっ子特性の魯粛ですが、事実の魯粛は、、

 

「この魯子敬の名を天下に轟かせるには、まだ乱世が必要だ、、

曹操ごときに簡単に中華をまとめさせてたまるものか!!」

 

などという不遜な事を平気で考える、天命なんぞクソ喰らえという

アナーキーで、ラディカルで詐欺師的な喰わせ者でした。

 

地元では、名門魯家にアレな人間が産まれたと嘆かれる程で、

ある意味では、韓信(かんしん)に独立して、天下を取るように進言した、

蒯徹(かいつう)に似ているスケールのデカイ男です。

 

大地主の魯粛は、周瑜に二つあった米蔵の一つをポンと与えています。

それは、周瑜を使える男だと見込んでいたからです。

これによって、周瑜は、袁術(えんじゅつ)に仕える所を変心して、

魯粛と交友を結び、やがて孫策にくっつくようになります。

 

魯粛「公瑾、、このまま、曹操が呉侯を説き伏せて天下を統一すれば、

歴史家は曹操とその群臣のみを、あたかも後漢の光武帝と

雲台二十八将のように賞賛するだろう・・

私の名も君の名も歴史には、残るまい・・惜しい事だ、、

ここは、何としても、呉侯に曹操に逆らってもらい、

曹操の天下統一の業を阻止しなければならぬ・・」

 

周瑜「子敬、、全く同感だ、、このままでは、私は呉侯に警戒され、

一生の飼殺し、その上、曹操に降伏などされてしまえば、、

かつて、孫伯苻や、君と共に夢見た中華統一の夢も潰える、、

だが、単独で曹操に挑む程の度胸は、呉侯にはあるまい、

そこを何とするのか?」

 

魯粛は、そこでニヤリと笑い、荊州で曹操に追われて右往左往している

劉備の名を挙げ、これを抱き込んで上手く使うと打ち明けました。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話
  2. 【出世の花道】三国志時代の人々はどのように出世した?
  3. 【諸葛亮 vs 織田信長】戦争費用捻出法!あれやこれやの財源探し…
  4. 【シミルボン】人間の発想怖過ぎる!血も凍る三国志時代の処刑方法
  5. 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操?
  6. 司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指してい…
  7. 曹操の北伐~袁氏の滅亡~
  8. 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【三国志の民話】情けない顔で帰ってくる周瑜に小喬ブチ切れ!
  2. 気が抜けない!三国志時代の旅行は命がけだった!
  3. 【天下分け目の最終戦】広武山の戦いで勝ったほうが天下の覇者になる重要な戦
  4. 三国志の時代にダムがあった!蜀が豊かであったのはダムのおかげ
  5. え?まるでバカ殿?三国志時代の愛されメイクを紹介。どんな風にお化粧してたの?
  6. 呂布の裏切りについて考察してみた

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【曹操の妨害工作】呂布と袁術の同盟を曹操は恐れていた! 【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何? 三国志の時代を彩った烈女たちの生涯を紹介! 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係 【5分で分かるビジネス三国志】三言で田嬰(でんえい)を動かした男 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース43記事【3/13〜3/19】 44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介

おすすめ記事

  1. 4話:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる
  2. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第12部
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース10記事【2/29〜3/6】
  4. 丁原(ていげん)とはどんな人?天下無双の豪傑でもあり呂布パパ
  5. 「豎子に名を成せり」とはどのような意味なの?龐涓(ほうけん)の名言
  6. 【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは?
  7. 劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴
  8. 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【前半】

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP