架空戦記
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

はじめての変

【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!

この記事の所要時間: 558




孔明 郭嘉 周瑜

 

三国志の軍師と言えば、必ず名前があがる、

孔明(こうめい)周瑜(しゅうゆ)郭嘉(かくか)の3名。

いずれも大体、同時代を生きていて、また多くの逸話で知られています。

そこで、はじさんでは、3名を比較して、ランキング形式で

紹介していこうと思います。




若くして活躍ランキング1位 周瑜

袁術と周瑜と孫策

 

3名は、それぞれ、かなり若い頃から歴史に登場していますが、

その中でも断トツに若いのが、周瑜公瑾(しゅうゆ・こうきん)です。

西暦175年生まれの彼が、生涯の盟友となる孫策(そんさく)と行動を

共にするのは194年の事なので、弱冠19歳、孫策も同じ年齢です。

世にもまれなティーンズ主従の誕生でした。

 

孫策は「君が配下に入ってくれれば、僕の夢は叶ったも同然だ」

周瑜の参陣をとても喜んでいます。

 

周瑜 美男子

 

翌年には、袁術(えんじゅつ)の勢力と小競り合いを起こしていた

劉繇(りゅうよう)を倒し、孫策は袁術の影響力から離脱します。

戦勝によって、数万という兵力を確保した孫策は、自分の手勢だけで

江東の征覇は可能と考え周瑜に丹陽の守備を任せて、

さらに進軍してゆきました。

 

その頃、袁術は、袁胤(えんいん)を周瑜の代わりに丹陽に送り込み、

周瑜を寿春に召還します。

 

袁術

 

周瑜の才能を見込んだスーパーエリート袁術は彼をスカウトし、

しばらく周瑜は袁術の臣になりますが、袁術の時代を超越した

エキセントリックさには、ついてゆけず、見切りをつけて、

つまらない県の長になる事を志願、許されると、

これ幸いと呉の孫策を頼って亡命しました。

 

廬江郡に赴任した周瑜は、24歳で美しい容貌をしていたので、

人々から周郎と呼ばれます、周の若旦那という意味です。

それだけ、指揮官にしては若く美しい容姿をしていたのでしょう。

 

一方の、郭嘉と孔明は、それぞれ、27歳で曹操、劉備に仕えています。

孔子の言葉には、男子三十にして自立とあるので、それに倣ったのか

いずれにしろ、若さでは周瑜がナンバー1でしょう。




ちょい悪度 ランキング 1位 郭嘉

郭嘉

 

郭嘉奉孝(かくかほうこう)は、西暦170年生まれです。

曹操の直臣メンバーでは、一世代若く、その透徹した、

先を見通す目で知られています。

 

郭嘉

 

例えば、官渡の戦いの後、病没した袁紹(えんしょう)の後継者の

地位を巡り、袁尚(えんしょう)と袁譚(えんたん)が

内部抗争を繰り広げた事があります。

曹操はこれにつけこんで勝利を得て、両者を撃破します。

 

そこで、曹操の家臣は、さらに袁氏を攻撃するように進言しますが、

郭嘉は、これに反対しました。

 

郭嘉

 

「袁尚と袁譚には、好きなだけ喧嘩させて自滅させるのが得策です。

今、閣下が、さらに攻撃を加えては、反目している二人は団結して、

返って攻略が遅れます、黙ってみていればいいのです」

 

曹操は郭嘉の意見に従い、袁譚と袁尚を争わせ疲れ切ったところを

攻めて、難なく攻略しました。

 

郭嘉

 

そんな郭嘉ですが、素行が悪い不良成年だった事も知られています。

それは同僚の陳羣(ちんぐん)に告発される程ですが、

具体的に、どんな不品行だったかは不明です。

 

郭嘉

 

しかし、当時の儒教倫理に反する事でしょうから、

ギャンブル、過度の飲酒、女遊び辺りが該当するのではないでしょうか?

一説には、郭嘉は当時の不治の病、結核を患い、命が長くない事を知り

その反動でプライベートでは、刹那的な行動が多かったようです。

 

あとの二人、孔明と周瑜は、品行については極めて良く、

むしろ、品行が悪い人間を告発する側にあると言えます。

 

郭嘉

 

しかし、冴えわたる権謀術数と刹那的な生き方こそ、

郭嘉の持ち味だと言えるでしょう。

 

関連記事:中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か?

関連記事:郭嘉(かくか)の死因は結核だった?【はじさん臨終図巻】

関連記事:【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち

関連記事:陳平(ちんぺい)とはどんな人?詐欺師か、天才軍師か?謀略の達人

 

24時間働けるランキング1位 孔明(こうめい)

孔明 コペルニクス

 

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)は、

西暦181年生まれで、郭嘉よりは11歳下、

周瑜よりは6歳下という事になります。

 

孔明

 

27歳頃まで、荊州の隆中という所で、晴耕雨読して過ごしていますが、

この頃までが、孔明の人生で一番暇な時期でした。

 

㈱三国志 劉備 孔明

 

劉備(りゅうび)が入蜀して、蜀漢が建国されると

劉備の軍師であった孔明の仕事はどんどん増加していきます。

まず、蜀漢帝国の丞相と禄尚書事(ろくしょうしょじ)を兼務し、

また仮節を与えられ、軍令に違反した兵士を処罰する仕事も担当します。

 

孔明

 

さらに、張飛(ちょうひ)が殺されると、

張飛のポストである司隷校尉(しれいこうい)も兼務します。

これは、首都の警視庁長官のような地位です。

総理大臣の職と、皇帝への上奏文のチェック、さらに首都警視庁長官

これでは、寝る間もない忙しさです。

 

魏延 孔明

 

孔明は元々、人に任せるという事が出来ない完璧主義者であり、

オーバーワークだと知りながら、仕事を減らせなかったのです。

 

実際に、襄陽記には、孔明が金銭や穀物の出納記録を調べていると

部下の丞相主簿(しゅぼ)、楊顒(ようぎょう)がやってきて・・

 

「丞相、、このような仕事は、どうか私達にお任せ下さい

あなたには、あなたの仕事があり、私達には私達の仕事があります。

それぞれの職責を尊重して、侵さず信頼しあわないといけませんよ」

 

と説教をしたので、孔明は、「いやすまない、、忠告感謝する」と

に楊顒に感謝したと言われます。

 

孔明過労死

 

ですが、孔明は、生来の何でも自分でやる癖は直らず、

夜も眠れないようになり最後には過労死してしまうのです。

 

周瑜や郭嘉も忙しかったでしょうが、自ら三役も四役も買って出て

部下に働きすぎを叱られても、改めず過労死してしまった孔明には

流石に及ばないでしょう、元祖ワーカホリックに相応しいです。

 

関連記事:【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデオロギー

関連記事:諸葛亮孔明の愛に溢れた手紙に感動!歴史に残るほどの親バカぶりに思わずホッコリ笑顔になれる!【誡子書】

関連記事:孔明はニートなのに、どうして劉備が飛び付いたの?ーー誰も教えてくれないキャリアアドバイス

関連記事:孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較

 

趣味ランキング 1位 周瑜

周瑜

 

さて、軍師の能力ばかりではなく、プライベートな趣味を比較してみましょう。

仕事ばっかりで無趣味では、人間的魅力も半減するというものです。

 

もっとも、趣味で秀でている軍師と言えば、周瑜でしょう。

彼は今でいう絶対音感を持っていたようで、宴席で酒が三杯回っても、

奏楽に間違いがあれば、振り向いて、それを指摘したそうです。

 

周瑜 周郎

 

また、周瑜は、孫策の配下になった時に2000の兵力と

軍馬五十を与えられますが、その中には軍楽隊もあったかも知れません。

だって、これだけ音楽にうるさいのですから、それが自然でしょう。

 

孔明 コペルニクス

 

仕事人間で、無趣味のように見える孔明ですが、実際は発明マニアです。

紙芝居から、鎧、饅頭まで様々なモノを発明した事にされていますが、

それも、実際に孔明が色々の道具を工夫した事実から出ている、

噂の尾ひれだと言えるでしょう。

 

確実に孔明の手が加わったものと言えば、現在の土砂搬送用の

一輪車の原型である木牛があります。

これは、北伐時に兵士が、自分の消費する食糧を自分で運べるように

考えて発明されたようです。

 

一応趣味ですが、仕事の実益を兼ねているので、純粋に趣味としては、

周瑜の音楽には一歩及びませんね。

 

郭嘉

 

最後の郭嘉ですが、これといって趣味らしいものは発見できませんでした。

ただの仕事人間には見えない、ちょい悪な郭嘉なので、

女性を口説くのが趣味とか、あったかも知れませんが伝わっていません。

ですので、第3位とさせて頂きます。

 

関連記事:三国時代の音楽ってどんな感じだったの?

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

関連記事:1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活

関連記事:寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

孔明、周瑜、郭嘉、三国志で人気のある軍師を比較ランキングしてみました。

それぞれに個性があり、超人的な部分があり、少しも被らないのが、

素晴らしいですね。

享年については、周瑜が35歳、郭嘉が37歳、孔明53歳と、

孔明がやや長生き、あとの二人は短命です。

それでも全体からみると、三人とも生き急いだという感じですかね。

 

本日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

関連記事:【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖

関連記事:【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった!

関連記事:そうだったのか!武器の特徴を知ると三国志の時代の戦い方が分かる!

関連記事:【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!!

 

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

 

関連記事

  1. 82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る
  2. なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占い…
  3. 魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志
  4. 子玉(しぎょく)って誰?三国志にも名前が出る楚の猛将・成得臣
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/19〜6/2…
  6. これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじ…
  7. 【シミルボン】進化する名将?張飛は決して脳筋ではなかった!
  8. 黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 王濬(おうしゅん)とはどんな人?呉を平定し、三国時代の終焉させた功労者【晋の将軍列伝】
  2. さよなら2015年!年忘れだよ♪三国武将の名言・珍言語録
  3. 【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?
  4. 曹操が人材集めに熱中していたのは曹騰(そうとう)の影響だった!?
  5. 荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?地味だけど的確な献策を行った軍師
  6. キングダムの史上最悪の宦官、趙高(ちょうこう)はどうやって浮き上がる?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

27話:良い事が無かった曹操に勝機が訪れる!青州兵誕生秘話 【三国志の誤植集】何平や喬国老や橋玄って誰?うっかりミスが大惨事! 【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察 これはヒドイ!流浪していた献帝の悲惨な生活 96話:孔明の計略炸裂!馬超は劉備の軍門に下る 徐邈(じょばく)とはどんな人?曹操の禁酒令を破ったのに逆に出世した男 「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる! 東方明珠って、何者?

おすすめ記事

  1. 呂岱(りょたい)とはどんな人?三国志第一の老将で孫権からのミッションを忠実にこなす異民族討伐隊長
  2. 【燕の名将・楽毅の名言】古の君子は交わりを断つとも悪声を出さず
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十四話「徳政令の行方」の見どころ紹介
  4. 山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎
  5. 孫権は名君?それとも暴君だったの?5分で分かる君主の評価
  6. 気が抜けない!三国志時代の旅行は命がけだった!
  7. 蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従の真実
  8. はじめての三国志 アンケートのお願い

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP