キングダム
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志時代にタイムスリップしたらあなたはどこに仕えたい?魏?呉?それとも蜀?

曹操に憧れる荀彧




荀彧 曹操

 

魏、蜀、呉。いずれの国家も魅力に富んでいるのが、三国志

そんな三国に、あなたがもしお仕えするなら、どこがいい?

今回は、そんなお話です。

※なお、曹操が君主の頃には魏は魏として独立していませんが、

ここでは陣営としての「魏」を国家としての「魏」に代替可能として仮定します。




圧倒的魅力に富んだ魏

荀彧

 

私がもしも三国のどれかに仕えるなら、絶対に魏に仕えたいと思います。

それにはいくつかの理由がありますが、

それを見れば、皆さんも魏がどれだけ仕官するに適した国か、お分かりになるでしょう。




敵をも受け入れる懐の深さ

関羽 曹操 ゆるキャラ

 

さて、これは曹操(そうそう)の話になりますが、彼は自分の敵であった武将や軍師を何人も自分の軍門に下らせています。

代表的なのは、張遼(ちょうりょう)賈詡(かく)といったところでしょうか。

 

呂布 あっけない 最後

 

たとえば、張遼の場合、彼は呂布(りょふ)の部下きっての勇将でした。

そんな彼も、呂布曹操に敗れて捕らわれるとともに捕らわれてしまいます。

しかし、曹操は首を斬る直前、陳宮(ちんきゅう)張遼に尋ねました。

「我が配下に加わる気はないか?」

 

陳宮

 

陳宮は首を横に振り、張遼は頷き、それで二人の運命は決しました。

陳宮は殺され、張遼の命は助けられました。

 

泣く子も張遼

 

張遼はこのことを生涯恩に着て、曹操のために懸命に戦ったのです。

その張遼の活躍ぶりは、三国志を紐解けば一目瞭然でしょう。

このように、元は敵であった者に対しても、偏見なく、才能があると思えば自分の部下に来いと言うのが、曹操の良いところです。

 

徐庶 曹操 下る 三国志

 

まあ、あまりの人材オタクぶりに、徐庶(じょしょ)のような悲劇も生まれるのですが……。

 

関連記事:三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操

関連記事:【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!

関連記事:沢山の人材を発掘した呉の孫権

 

内政重視主義

曹丕 残忍

 

さて、曹操の時代と違い、曹丕(そうひ)の時代になると、だいたい三国の境界も決まって、情勢が落ち着いてきます。

そこで、二代目の曹丕は内政を重視しました。

 

曹丕 曹植

 

曹丕の内政は、たいへんしっかりとしていて、どちらかと言えば文官を重視したといえます。

ここで、それまで蔑ろにされてきていた文官の生きる場所が出てくるのです。

どちらかと言えばインドアな筆者は、この時代の魏にお仕えできたらな……とひそかに思っております。

 

関連記事:曹丕(そうひ)ってどんな人?魏書には正当性を表す記述ばかり!?

関連記事:そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!

関連記事:実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

 

版図の広さ=財政収入の大きさ

三国志地図

 

魏は、三国の中では明らかに一番大きい領土を獲得しています。

ということは、税制の単位が穀物だったこの時代において、つまり、一番多くの税制収入を獲得できるということ。

漢時代の貴族たちも多くは魏に属していますし、魏が一番裕福な国であったということは間違いないと思います。

 

関連記事:誰かに話したくなる!三国志にまつわる都市伝説『後漢・魏・呉・晋の●●●』

関連記事:【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由とは?

関連記事:赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは?

 

政権も安定していた魏

孫権

 

呉では晩年に孫権(そんけん)の後継者争いが起こり、これが血で血を洗う内部争いに発展します。

それまでは落ち着いた政権運営をしてきた孫権の、最期にして唯一の汚点です。

 

劉禅

 

一方蜀では、ご存じ二代目の劉禅(りゅうぜん)は才能がなく、全然頼りがい無し。

孔明が早世してからは目立った文官もおらず、蜀は斜陽の一歩を辿ります。

また、北伐と称して何度も魏に攻め込んでいるので、そこでかかった軍費もかなりのものでしょう。

劉備がいた頃の蜀はきらめいていますが、その後は、こんな感じだったのです。

仕えている官吏たちは、三国の中で一番苦労したことでしょう。

 

曹植

 

そう考えると、魏の政権は比較的安定しているといえます。

曹操の後継者争いが曹丕曹植(そうしょく)の間で起きてはいますが、これも国中を二分する、

というほどのものではありません。

その後は、しばらく何ごともありません。

次に問題が起きるのは、曹操の曾孫の代、曹芳(そうほう)のとき。

 

曹叡

 

この曹芳曹叡(そうえい)の養子であり、政治的に何の権力もなく、

権力は全て曹爽(そうそう)が握って権威をふるっていました。

 

孟達 司馬懿

 

しかし、これに対して老齢の司馬懿(しばい)がクーデターを起こし、見事成功。

曹爽派の人間たちは次々と粛清されます。

 

司馬氏が権力を握って以降は司馬氏に対立する人間が次々と暗殺されたりと物騒な状態になりますが、

それまでは、官吏にとって比較的安全な国であるといえましょう。

 

関連記事:【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

関連記事:【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは

関連記事:誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選

 

三国志ライター秋斗の独り言

秋斗

 

こうして見ていくと、文官として内政に関わりたい筆者としては、一番安全なのは魏のように思えます。

収入も安定していただけそうですしね。

もちろん、呉や蜀にも良さはあります。

 

陸遜 孫権

 

孫権の若かりし頃の呉は民政が安定していて、若者の登用にも積極的、

かと思えば孫堅(そんけん)時代からの老将も現役で活躍し続けることができる、理想の職場です。

 

孔明

 

蜀も孔明に内政の才能があり、英雄も多く、あの関羽の下で働いてみたい!という方も多いのではないでしょうか。

さて、これを読んだあなたは、一体どの国で働きたいですか?

そういった変わった視点で三国志を見てみるのも、ひとあじ違った楽しさをもっているのではないでしょうか。

 

 
関連記事:【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖

関連記事:【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった!

関連記事:そうだったのか!武器の特徴を知ると三国志の時代の戦い方が分かる!

関連記事:【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!!

 

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:秋斗

秋斗

■自己紹介:

三度の飯より歴史と本が好きな三国志女です。

イチオシは周瑜さま。周家の家人になって周瑜さまのおはようからおやすみまでを見つめたい日々です。

 

■好きな歴史人物:

周瑜項羽、土方歳三、今井四郎兼平

 

■何か一言:

数少ないかもしれない女ライターですが、女ならではの視点でやっていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします!

 

草津仁秋斗

草津仁秋斗

投稿者の記事一覧

■自己紹介:

三度の飯より歴史と本が好きな三国志女です。

イチオシは周瑜さま。周家の家人になって周瑜さまのおはようからおやすみまでを見つめたい日々です。

■好きな歴史人物:

周瑜、項羽、土方歳三、今井四郎兼平

■何か一言:

数少ないかもしれない女ライターですが、女ならではの視点でやっていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします!

関連記事

  1. 関羽に惚れる曹操 【まさかアッチ?】美女を退けた関羽の劉備愛が凄い
  2. 【はじめてのスキッパーキ】船乗り犬?それとも牧羊犬?意外に謎の多…
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第5部
  4. 日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?
  5. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Par…
  6. 【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!?
  7. 老荘思想(ろうそうしそう) 【老荘思想の創設者】老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた
  8. 袁術のもと、孫家を守り抜いた孫賁(そんふん)、孫輔(そんほ)兄弟…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム53巻
  2. 海賊時代の孫堅と孫策
  3. 三条実美
  4. 文帝(前漢)
  5. キングダム53巻
  6. 幕末 魏呉蜀 書物

おすすめ記事

  1. 「サムライ」が今熱い!E3 2018で話題の侍アクションゲームを紹介!
  2. 何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介! 読書する劉備
  3. 空城の計って何?門を開けて敵軍をお出迎え? 空城も計 孔明
  4. キングダムの秦王・政がドハマリした韓非子(かんぴし)ってなに? 韓非の本を熟読して感銘を受ける政
  5. 村上義清(むらかみよしきよ)とはどんな人?武田家キラーとしてその名を馳せた戦国武将 合肥の戦いの満寵
  6. 西郷糸子はどんな人?西郷どんの3番目の妻は冗談好きのしっかり者 幕末 西郷糸子

三國志雑学

  1. 愛馬に乗る張遼
  2. 孔明もコペルニクスに似ていた
  3. 魏三国時代の兵器(魏軍合体ロボ) 曹操
  4. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 于禁

おすすめ記事

劉備を警戒する王粲 「男尊女卑」と「疑心暗鬼」の出典は『列子』? 陸遜の考察は三国志ライターろひもと視点ではこんな感じ 老黄忠に迫る!黄忠が夏侯淵を討ち取ったのは本当に法正のおかげ? 【春秋戦国時代】時代の主人公であった魏の文侯の厳選エピソード どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂の考察】 【え!狩猟の話じゃないの?】曹操の狩りの誘いにビビる孫権 はじめての三国志 コンテンツ品質向上に向けてアンケートご協力のお願い 于禁を虐める曹丕 于禁と共に関羽に降伏した浩周と東里袞のその後とは?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP