ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
馬超


はじめての三国志

menu

はじめての魏

趙嚴(ちょうげん)ってどんな人?人材豊富な魏の武将達を取りまとめた影の功労者

魏の武将をまとめた趙嚴(ちょうげん)




魏の武将をまとめた趙嚴(ちょうげん)

 

いきなりですが、魏の趙嚴(ちょうげん)を知っていますか。

かなりマイナーな武将ですので知っている人はかなり少ないと思います。

曹操(そうそう)が建国した国家は、人材豊富で優秀な武将達が数多くいましたが、欠点もあります。

それは魏の武将達が優秀なため、甲乙つけがたい状態になってしまったのです。

 

優秀な武将達は、勲功を争って対立したり、性格の不一致で対立したりと殺伐とした状況が続いておりました。

そのため、優秀な武将達を戦場で機能的に扱うためにはどうしても管理する人間が必要でした。

そこで曹操は武将を束ねて、機能的に軍隊を進退させるため趙嚴を起用することになるのです。

今回は武将達を束ねた管理人・趙嚴(ちょうげん)を紹介していきます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

関連記事:陳矯(ちんきょう)とはどんな人?忠誠心と優れた決断力を持っていた魏の文官

 

 

統治者として優れた功績を残す

抜き出た曹操

 

趙嚴は、戦乱に荒れている中原から避難し、比較的安全であった荊州へ行きます。

曹操が後漢皇帝である献帝(けんてい)を「許」へ向かい入れたと知ると、荊州を出て曹操に仕える事にします。

趙嚴は曹操から郎陵の県長(現代で表すと県知事クラス)に任命されます。

趙嚴は任地に赴くと飴(恩恵)と鞭(刑罰)を上手に使い分け、さらに私情を政治に持ち込まず、公正な統治を進め、民衆から信頼された県長であったそうです。

趙嚴は県長時代に、同僚であった李通の家族が罪を犯します。

趙嚴は同僚の家族であろうが、一切私情を挟まず、厳罰に処して彼の家族を処刑します。

李通は、家族が処刑されたことを聞きましたが、恨むことなく趙嚴の判断を評価して、趙嚴と親交を結んだそうです。

 

 

袁紹の策略によって寝返る地域が頻発

官渡の戦いと2

 

また官渡の戦いの時、袁紹(えんしょう)の策略によって曹操の領内で袁紹の勢力に寝返る地域が頻発します。

趙嚴が治めていた領地も動揺しますが、彼は民心を安定させるため、上司である荀彧(じゅんいく)に「民への徴税を緩めて治安を安定させたいと思いますが、よろしいですか」と相談します。

荀彧からの返答は「徴税した税をすべて民に返してあげなさい」とアドバイスをもらいます。

趙嚴はこのアドバイスを取り入れて、民から徴税した税をすべて返すことで、民心が安定します。

この結果、袁紹からの誘いがあっても領地は動揺せず安定していたそうです。

趙嚴はこの功績が認められて、司空(現代で言うと内務大臣的な地位)を補佐する主簿に任命されます。

 

関連記事:孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した?

関連記事:荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

関連記事:曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ?

 

軍を統括する管理者へ

曹操軍

 

曹操は荊州の攻略を完了すると、趙嚴(ちょうげん)を都督護軍に任命し、于禁(うきん)張遼(ちょうりょう)張郃(ちょうこう)朱霊(しゅれい)、李典(りてん)などの諸将をまとめる事になります。

さらに章陵の太守(行政長官)を兼任することになります。

趙嚴は、しっかりと彼らをまとめ上げ、機能的な軍を作り上げる事に成功させます。

赤壁の戦いで敗れましたが、諸将をまとめた功績が認められて、丞相を補佐する主簿へ任命され、長安近辺の県を統治する扶風太守を兼任することになります。

当時長安近辺の土地は賊が横行しており、非常に治安が悪い地帯でした。

しかし趙嚴は、この土地にのさばっていた賊を討伐し、治安を安定させ、民衆の人心を安定させました。

民衆の不安が取り除かれたことで、生産性は向上し、豊かな土地へと変貌を遂げるのです。

 

関連記事:レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!

関連記事:赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?

関連記事:赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い

関連記事:曹操最大の失敗赤壁の戦い

 

影の統率者として本領を発揮

 

趙嚴は統治者として優れ、自尊心の強い魏の武将達をまとめ上げる、敏腕管理者として名を挙げていきます。

目立ちませんが、彼の能力は魏の国ではなくてはならない存在になっていきます。

敏腕管理者・趙嚴の本領を発揮する舞台がやってきます。

 

【三顧の礼は孔明の脳内イメージだった?】
三顧の礼特集バナー

 

蜀の関羽が荊州へ侵攻

関羽神様

 

蜀の関羽(かんう)が大軍を率いて、荊州へ侵攻を開始します。

曹操は、荊州を守備していた曹仁(そうじん)を救出するため、援軍の大将に徐晃(じょこう)を任命し、徐晃の軍事アドバイザーに趙嚴つけて派遣します。

徐晃と趙嚴は、関羽軍に包囲されている樊城(はんじょう)近辺に到着すると、軍議を開きます。

そこで趙嚴は「樊城に籠城している曹仁の軍勢を勇気づけるため、まずは援軍が到着した事を告げましょう。」と提案します。

徐晃はこの提案を採用し、早速援軍が来たことを城内に知らせるため矢文を射こみます。

援軍が到来した事を城内に知らせた後、趙嚴は再度徐晃に「わが軍は寡兵(兵が少ない事)であるため、新たな軍勢が表れた後、関羽を攻撃しましょう」と提案します。

 

関連記事:曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生

関連記事:赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜)

関連記事:曹仁が繰り出した高度な陣形 八門金鎖の陣を繰り出す。劉備軍はどうやって攻略したのか?

 

徐晃は趙嚴の提案を受け入れる

関羽 死

 

徐晃はこの提案も受け入れ、新たな援軍が来援するまで、樊城近辺で待機します。

徐晃は新たな援軍を受け入れます。

ここで彼の本領が発揮します。

援軍到着によって武将の数が多数になり、指揮系統に支障をきたさないようにするため、彼は軍の配置や武将の配置をしっかりと決め、軍勢が機能的に動けるようにします。徐晃は、趙嚴(ちょうげん)がしっかりとした配置決めを行った事で、大軍勢を自らの手足のように動かすことができたのです。

そのおかげで徐晃率いる魏の軍勢は、機能的に関羽軍に猛攻をしかける事が出来き、関羽軍は樊城から退却します。

樊城に入城した、援軍の諸将らは関羽を追撃すべきか議論を行います。

 

趙嚴は、関羽を追撃しない方が良いと提案、その理由とは?

関羽 激怒

 

趙嚴はこの席で「関羽には孫権の脅威になってもらわねば困るから、関羽を追撃しない方がいいでしょう。」と発言します。

曹仁はこの発言を褒め、関羽追撃戦を行わず、戦闘態勢を解除します。

趙嚴が居なければ現場指揮官達は勝手な行動を取って、関羽の包囲を破れなかったかもしれないと思うと、趙嚴の人と人を結びつける管理能力は、卓越しており、魏にとってはなくてはならない存在であったと思います。

 

関連記事:実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介

関連記事:これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行

関連記事:関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇

関連記事:なんで関羽の顔は赤いの?京劇が関係している?

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

趙嚴は曹丕(そうひ)の時代になると、対呉戦線の総司令官・曹休(そうきゅう)軍師になります。

また曹叡の時代には昇進し大司農(国家の財政を管理する役職)に任命され、前線から退きます。

しかし卓越していた人材管理能力は政治にももちろん役立ち重宝されたそうです。

今回のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?

関連記事:実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹操 詩 曹操の詩の世界を体験してみよう
  2. 陳登を救うために曹操に会見する陳矯(ちんきょう) 陳矯(ちんきょう)とはどんな人?忠誠心と優れた決断力を持っていた…
  3. 曹植 曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる?…
  4. 魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志
  5. 人材マニア 曹操 三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操
  6. 犯人探しをする名探偵国淵 国淵(こくえん)とはどんな人?三国志時代にも名探偵は存在した!魏…
  7. 賈逵(かき) 賈逵(かき)ってどんな人?地味で目立たないが、居ないと困る魏の将…
  8. 合肥の戦いの満寵 満寵(まんちょう)ってどんな人?曹氏三代に仕え呉の天下統一を阻み…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 徐晃
  2. 張燕
  3. 徳川家を守った篤姫
  4. 張遼・楽進・李典
  5. 司馬懿
  6. 赤兎馬にまたがる呂布
  7. 小帝(少帝劉弁)と董卓
  8. 真田丸
  9. ホウ徳、馬超

おすすめ記事

  1. 諸葛亮の末裔たちの村がある!諸葛八卦村と諸葛亮の子孫についてご紹介 親バカな諸葛孔明
  2. 信陵君(しんりょうくん)はどんな人?生まれ故郷を救うために舞い戻ってきた戦国四君 信陵君
  3. 情報も貴重な戦力!天候は戦場の勝敗の行方を左右する天候事情 魏曹操と魏軍と呉軍
  4. もしも呂布が悪人・董卓を成敗しなかったら三国志はどうなる? 袁家をイジメる董卓
  5. 契丹と日本の関係性は?未知の契丹語に挑んだ日本人研究者も紹介 完顔阿骨打(太祖)
  6. まだ漢王朝で消耗してるの?第5話:統一国家 晋の礎 司馬懿 司馬懿

三國志雑学

  1. 袁術
  2. 曹丕
  3. 兵士と禰衡
  4. 蜀の姜維


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 茶を楽しむ劉備
  2. 上杉謙信
  3. 曹操と夏侯惇
  4. 大村益次郎 幕末
  5. 徐晃と夏侯淵
  6. 三国志っておいしいの
  7. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)

おすすめ記事

梅干しと酒を楽しむ上杉謙信 上杉謙信はお酒大好きの飲兵衛おっさんだった?酒豪のおもしろ雑学 【戦国時代と三国時代の類似点】権力者に抵抗して戦い抜いた曹髦と織田信孝 皇帝になった徳川慶喜 西郷どんと最強ライバル徳川慶喜との関係は? よかミカンさん はじめての三国志ライター 【妄想】はじ三 SPA RESORT三国湯 in 沖縄 岳飛(南宋の軍人) 【岳飛】現存している出師の表の執筆者は諸葛亮ではなく岳飛だった 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【4/10〜4/16】 王粲(おうさん)とはどんな人?建安の七子であるが容貌の貧弱さでは龐統や張松より上 袁術は異常気象のせいで天下を握り損ねたってホント?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP