はじめての三国志

menu

はじめての魏

趙嚴(ちょうげん)ってどんな人?人材豊富な魏の武将達を取りまとめた影の功労者

この記事の所要時間: 457




 

いきなりですが、魏の趙嚴(ちょうげん)を知っていますか。

かなりマイナーな武将ですので知っている人はかなり少ないと思います。

曹操(そうそう)が建国した国家は、人材豊富で優秀な武将達が数多くいましたが、欠点もあります。

それは魏の武将達が優秀なため、甲乙つけがたい状態になってしまったのです。

 

優秀な武将達は、勲功を争って対立したり、性格の不一致で対立したりと殺伐とした状況が続いておりました。

そのため、優秀な武将達を戦場で機能的に扱うためにはどうしても管理する人間が必要でした。そこで曹操は武将を束ねて、機能的に軍隊を進退させるため趙嚴を起用することになるのです。

今回は武将達を束ねた管理人・趙嚴(ちょうげん)を紹介していきます。




統治者として優れた功績を残す

抜き出た曹操

 

趙嚴は、戦乱に荒れている中原から避難し、比較的安全であった荊州へ行きます。

曹操が後漢皇帝である献帝(けんてい)を「許」へ向かい入れたと知ると、荊州を出て曹操に仕える事にします。

趙嚴は曹操から郎陵の県長(現代で表すと県知事クラス)に任命されます。

趙嚴は任地に赴くと飴(恩恵)と鞭(刑罰)を上手に使い分け、さらに私情を政治に持ち込まず、公正な統治を進め、民衆から信頼された県長であったそうです。

趙嚴は県長時代に、同僚であった李通の家族が罪を犯します。

趙嚴は同僚の家族であろうが、一切私情を挟まず、厳罰に処して彼の家族を処刑します。

李通は、家族が処刑されたことを聞きましたが、恨むことなく趙嚴の判断を評価して、趙嚴と親交を結んだそうです。

 

関連記事:【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由!

関連記事:ブチ切れる献帝、曹操暗殺を指示

関連記事:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操

袁紹の策略によって寝返る地域が頻発

官渡の戦いと2

 

また官渡の戦いの時、袁紹(えんしょう)の策略によって曹操の領内で袁紹の勢力に寝返る地域が頻発します。

趙嚴が治めていた領地も動揺しますが、彼は民心を安定させるため、上司である荀彧(じゅんいく)に「民への徴税を緩めて治安を安定させたいと思いますが、よろしいですか」と相談します。

荀彧からの返答は「徴税した税をすべて民に返してあげなさい」とアドバイスをもらいます。

趙嚴はこのアドバイスを取り入れて、民から徴税した税をすべて返すことで、民心が安定します。

この結果、袁紹からの誘いがあっても領地は動揺せず安定していたそうです。

趙嚴はこの功績が認められて、司空(現代で言うと内務大臣的な地位)を補佐する主簿に任命されます。

 

関連記事:孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した?

関連記事:荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

関連記事:曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ?


軍を統括する管理者へ

曹操軍

 

曹操は荊州の攻略を完了すると、趙嚴(ちょうげん)を都督護軍に任命し、于禁(うきん)張遼(ちょうりょう)張郃(ちょうこう)朱霊(しゅれい)、李典(りてん)などの諸将をまとめる事になります。

さらに章陵の太守(行政長官)を兼任することになります。

趙嚴は、しっかりと彼らをまとめ上げ、機能的な軍を作り上げる事に成功させます。

赤壁の戦いで敗れましたが、諸将をまとめた功績が認められて、丞相を補佐する主簿へ任命され、長安近辺の県を統治する扶風太守を兼任することになります。

当時長安近辺の土地は賊が横行しており、非常に治安が悪い地帯でした。

しかし趙嚴は、この土地にのさばっていた賊を討伐し、治安を安定させ、民衆の人心を安定させました。

民衆の不安が取り除かれたことで、生産性は向上し、豊かな土地へと変貌を遂げるのです。

 

関連記事:レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!

関連記事:赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?

関連記事:赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い

関連記事:曹操最大の失敗赤壁の戦い

 

影の統率者として本領を発揮

 

趙嚴は統治者として優れ、自尊心の強い魏の武将達をまとめ上げる、敏腕管理者として名を挙げていきます。

目立ちませんが、彼の能力は魏の国ではなくてはならない存在になっていきます。

敏腕管理者・趙嚴の本領を発揮する舞台がやってきます。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2
  2. 韓遂と王国の反乱が後漢王朝の基盤を揺るがした
  3. 主人公になるべく登場した男、劉備玄徳
  4. 黄祖(こうそ)とはどんな人?正当防衛なのに孫家に恨まれ続けて殺さ…
  5. やる気ゼロ!三国志の軍隊が弱すぎた理由
  6. 残念ながら本当です!三国志赤壁の手柄は99%呉のモノ
  7. 剣と刀ってどう違うの?【いまさら聞けない三国志の大疑問】
  8. 張緝(ちょうしゅう)とはどんな人?ドケチで自らの権力を誇っていた…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術
  2. 【大三国志 攻略3】滅亡も覚悟の8・8青州外交 どうなる同盟・天下乱舞の運命!
  3. 蜀漢(季漢)後期の歴史をザックリと解説!蜀漢を支えた蒋琬、費禕、姜維が活躍した時代
  4. 王濬(おうしゅん)とはどんな人?呉を平定し、三国時代の終焉させた功労者【晋の将軍列伝】
  5. 【センゴク】何で将軍・義昭は織田信長の和睦交渉に応じたの?それは信長の幸運と反攻作戦にあった!
  6. 劉備の人肉食は何故美談になったのか?よかミカンが考察

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

夏侯玄(かこうげん)とはどんな人?夏候家の逸材として称えられた名士 諸葛孔明の影に隠れる劉備 【数奇な人生】三国志演義には登場しない臧洪(ぞうこう)と袁術の奇妙なニアミス! 孫呉を滅亡させた晋の将軍は誰だったの?杜預それとも王濬? 黄崇(こうすう)と蒋斌(しょうひん)はどんな人?蜀の名将・黄権の息子と蜀の名宰相・蒋琬の息子 【3分で分かる】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の華麗な生涯 【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧 キングダム 533話 ネタバレ予想:桓騎が単独で鄴を落とす?

おすすめ記事

  1. 「ざっくりとわかる三国志」をはじめました。
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【1/9〜1/15】
  3. 李靖(りせい)とはどんな人?曹操と孔明の二人から学んだ初唐の名将
  4. 【図説】三国志の戦争の基礎になる「隊」について徹底解説
  5. 107話:関羽の死|桃園三兄弟の悲しい別れ
  6. 三国志の英傑達は正月に何を食べていたの?呉の人々の正月料理がまるで某有名ボクシング映画
  7. 甘過ぎるおかん孔明!部下に厳しく出来ない事実が発覚!
  8. 舜水樹(しゅんすいじゅ)は実在したの?李牧の右腕は史実通りなのか?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP