架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての魏

趙嚴(ちょうげん)ってどんな人?人材豊富な魏の武将達を取りまとめた影の功労者

この記事の所要時間: 457




 

いきなりですが、魏の趙嚴(ちょうげん)を知っていますか。

かなりマイナーな武将ですので知っている人はかなり少ないと思います。

曹操(そうそう)が建国した国家は、人材豊富で優秀な武将達が数多くいましたが、欠点もあります。

それは魏の武将達が優秀なため、甲乙つけがたい状態になってしまったのです。

 

優秀な武将達は、勲功を争って対立したり、性格の不一致で対立したりと殺伐とした状況が続いておりました。

そのため、優秀な武将達を戦場で機能的に扱うためにはどうしても管理する人間が必要でした。そこで曹操は武将を束ねて、機能的に軍隊を進退させるため趙嚴を起用することになるのです。

今回は武将達を束ねた管理人・趙嚴(ちょうげん)を紹介していきます。




統治者として優れた功績を残す

抜き出た曹操

 

趙嚴は、戦乱に荒れている中原から避難し、比較的安全であった荊州へ行きます。

曹操が後漢皇帝である献帝(けんてい)を「許」へ向かい入れたと知ると、荊州を出て曹操に仕える事にします。

趙嚴は曹操から郎陵の県長(現代で表すと県知事クラス)に任命されます。

趙嚴は任地に赴くと飴(恩恵)と鞭(刑罰)を上手に使い分け、さらに私情を政治に持ち込まず、公正な統治を進め、民衆から信頼された県長であったそうです。

趙嚴は県長時代に、同僚であった李通の家族が罪を犯します。

趙嚴は同僚の家族であろうが、一切私情を挟まず、厳罰に処して彼の家族を処刑します。

李通は、家族が処刑されたことを聞きましたが、恨むことなく趙嚴の判断を評価して、趙嚴と親交を結んだそうです。

 

関連記事:【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由!

関連記事:ブチ切れる献帝、曹操暗殺を指示

関連記事:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操

袁紹の策略によって寝返る地域が頻発

官渡の戦いと2

 

また官渡の戦いの時、袁紹(えんしょう)の策略によって曹操の領内で袁紹の勢力に寝返る地域が頻発します。

趙嚴が治めていた領地も動揺しますが、彼は民心を安定させるため、上司である荀彧(じゅんいく)に「民への徴税を緩めて治安を安定させたいと思いますが、よろしいですか」と相談します。

荀彧からの返答は「徴税した税をすべて民に返してあげなさい」とアドバイスをもらいます。

趙嚴はこのアドバイスを取り入れて、民から徴税した税をすべて返すことで、民心が安定します。

この結果、袁紹からの誘いがあっても領地は動揺せず安定していたそうです。

趙嚴はこの功績が認められて、司空(現代で言うと内務大臣的な地位)を補佐する主簿に任命されます。

 

関連記事:孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した?

関連記事:荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

関連記事:曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ?


軍を統括する管理者へ

曹操軍

 

曹操は荊州の攻略を完了すると、趙嚴(ちょうげん)を都督護軍に任命し、于禁(うきん)張遼(ちょうりょう)張郃(ちょうこう)、朱霊(しゅれい)、李典(りてん)などの諸将をまとめる事になります。

さらに章陵の太守(行政長官)を兼任することになります。

趙嚴は、しっかりと彼らをまとめ上げ、機能的な軍を作り上げる事に成功させます。

赤壁の戦いで敗れましたが、諸将をまとめた功績が認められて、丞相を補佐する主簿へ任命され、長安近辺の県を統治する扶風太守を兼任することになります。

当時長安近辺の土地は賊が横行しており、非常に治安が悪い地帯でした。

しかし趙嚴は、この土地にのさばっていた賊を討伐し、治安を安定させ、民衆の人心を安定させました。

民衆の不安が取り除かれたことで、生産性は向上し、豊かな土地へと変貌を遂げるのです。

 

関連記事:レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!

関連記事:赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?

関連記事:赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い

関連記事:曹操最大の失敗赤壁の戦い

 

影の統率者として本領を発揮

 

趙嚴は統治者として優れ、自尊心の強い魏の武将達をまとめ上げる、敏腕管理者として名を挙げていきます。

目立ちませんが、彼の能力は魏の国ではなくてはならない存在になっていきます。

敏腕管理者・趙嚴の本領を発揮する舞台がやってきます。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指してい…
  2. 周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子…
  3. 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだっ…
  4. 三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計
  5. 玉(ぎょく)が大好きな中国人
  6. 頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹…
  7. 【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったW…
  8. 孫策・周瑜の断金の交わりを生み出したのは袁術のおかげだった!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?
  2. 曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯
  3. どうして劉備は呂布を胡散臭いと思ったの?
  4. 【真・三國無双8】新キャラ周倉(しゅうそう)とはどんなキャラ?実際に存在した人?
  5. 三国志ならともかく戦国時代は興味がないから大河ドラマを見ないあなたへ。こうすれば真田丸も楽しめる!
  6. 【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

島津家久(しまづいえひさ)とはどんな人?最大の戦果を挙げ続けた島津四兄弟の闘将 【はじめてのスキッパーキ】スキッパーキって、どんな犬なの?【第1話】 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【4/17〜4/23】 実在した仙人?史実でも孫策に殺されてしまう于吉(うきつ) 【センゴク】何で信長は比叡山焼き討ちをしたのか? ケチで有名だった曹洪の子孫はどうなったの?ケチが災いし処刑されかけた曹洪 官渡の戦いで袁紹が勝っていたら三国志はどうなっていたの? 規制緩和は正しいの?2100年前の中国で起きた経済論争

おすすめ記事

  1. 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆するつもりだったの?
  2. 全員主役級!三国志を日本で映画化するならキャスティングはこれだ!
  3. 10話:実は、最初から作戦に失敗していた黄巾賊
  4. 【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?
  5. 袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの?
  6. 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【後半】
  7. 何で陸遜は呉書の単独伝で記述されているのに蜀書の孔明の単独伝よりも地味なの?
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【1/30〜2/5】

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP