あっちもこっちも将軍、将軍、将軍だらけ!三国志の将軍の位がわかると上下関係がわかる!

征東(せいとう)、征南(せいなん)、征西(せいせい)、征北(せいほく)将軍





陸遜

 

鎮東(ちんとう)、鎮南(ちんなん)、鎮西(ちんせい)、鎮北(ちんほく)将軍

 

この8種類の将軍号は方面軍司令官です。

征○将軍は攻撃軍の称号で、鎮○将軍は防衛の為の称号であり、

軍隊司令権と都督の地位を持ちます。

全ての将軍号が任命されるわけではなくその方面に敵がいない場合には、

設置される事がないようです。

蜀の武将、黄権(こうけん)は夷陵の敗戦で魏に捕まり、曹丕(そうひ)によって

鎮南将軍に任命されています。



安東(あんとう)、安南(あんなん)、安西(あんざい)、安北(あんほく)将軍

羌族

 

平東(へいとう)、平南(へいなん)、平西(へいせい)平北(へいほく)将軍

 

こちらの将軍号は、三品官で、またワンランク低下します。

元々は、異民族討伐用の将軍号で、戦争には強いけど、あまり高い地位では

ありませんでしたが、三国時代になると、元々は上だった前後左右将軍よりもランクが上という形になりました。

それだけ異民族の侵入が活発になり重要度が増したのでしょう。

 

錦馬超の従兄弟である馬岱(ばたい)劉禅(りゅうぜん)即位後に平北将軍に任命されています。

元々、羌族とも血縁がある馬氏に相応しい将軍号です。

 

関連記事:後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

関連記事:三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

関連記事:三国志に出てくる羌族ってどんな民族?




伝統的な将軍号 前(ぜん)・後(ご)・左(さ)・右(う)将軍

黄忠

 

前後左右将軍は、三品官です、三国時代になると随分下になりましたが、

元は平時には、驍騎、車騎、衛将軍の下にあった高い地位です。

九卿(きゅうけい:大臣)並で皇帝隣席の会議にも参加して意見を述べる事も出来ます。

名前の由来も、天子の軍の前後左右を守備していたという所から来ています。

 

蜀の黄忠(こうちゅう)が後将軍に任命され、同時期に前将軍に任命された

関羽(かんう)が不満をぶちまけて将軍位辞退騒ぎを起した他。

呂布(りょふ)も曹操(そうそう)の上奏により左将軍に任命され、

それに気を良くして袁術(えんじゅつ)との縁談を蹴るなど、

色々いわくつきの将軍号でもあります。

 

関連記事:実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介

関連記事:時空を超える関羽、琉球の民話に登場

関連記事:なんで関羽の顔は赤いの?京劇が関係している?

関連記事:【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

上から順番に数えた将軍号は以下のようになります。

え?まだ、気になる将軍号が出てきていない・・そりゃあそうでしょう!

この下には、まだまだ、たくさん雑号と呼ばれる将軍号が控えているのです。

次回は、さらに下、うんざりする程、うじゃうじゃある将軍号を紹介します。

 

本日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

関連記事:【三国時代】英雄の地位はどの位?

関連記事:丞相、校尉、都督……? 三国時代の役職(官職)が分かりづらい!

関連記事:孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した?

関連記事:後宮の美女達にも階級ってあるの?気になる~♪



よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

 

< 1

2

関連記事

  1. 泣く子も張遼
  2. 天下三分の計
  3. 劉備 孫権 ゆるキャラ

    デザイン担当:よりぶりん

    73話:孔明、大論陣を張り呉の降伏派を叩き潰す

    魯粛(ろしゅく)に付き添い、船で長江を下る…

  4. 曹操丞相えらいねんで!
  5. 袁術
  6. 龐統

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP