【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!!




関帝廟 関羽

 

三国志を代表する軍神、その名は関羽雲長(かんう・うんちょう)。

そんな関羽を引き立たせているのは、一体誰だと思いますか?

張飛(ちょうひ)張遼(ちょうりょう)徐晃(じょこう)

それとも夏侯惇(かこう・とん)? 全然違いますネ!

関羽が目立つのは、関羽が惨殺した噛ませ犬武将がいるお陰なのです。

さあ、今回は、我こそが最強の噛ませ犬と自負する4人の強者に、

情け容赦がないバトルロワイヤルを戦ってもらおうではあーりませんか。




我こそ最強の噛ませ犬!華雄、紀霊、顔良、文醜、最強決戦

kawauso

 

kawauso :さあ、軍神関羽を作り上げた、関羽に殺された被害者達。
紀霊(きれい)、顔良(がんりょう)、文醜(ぶんしゅう)、

華雄(かゆう)では誰が一番強いのか頂上決戦は、とうとう、

4人のバトルロワイヤルで、決着をつける事になりました。

 

4将軍、コロシアムの東西南北のゲートから、愛馬にまたがり入城です。
流石、全員、堂々とした姿です、所詮は関羽の咬ませ犬とは思えない。

 

華雄「一番、強いのはワシに決まっておる!関羽に敗れたのは、
その前に3人も敵将を斬り、疲れておったからじゃわい」

 

紀霊「ふん!拙者は、関羽と三十合も打ち合いをしたのだ、、
お主のように、あっさりと関羽に斬られておらぬ!!」

 

顔良「拙者は、劉備から、関羽に伝言を頼まれたのだ!!
そうでなければ、あのヒゲ男に不覚など・・」

 

文醜「ふんがー!!ふんがー!!!」

 

kawauso:さあ、今回の戦いは、4将軍によるバトルロワイヤルです。
落馬するか、相手が参ったというまで続くエンドレスな戦い、
誰が、最初の一撃を下すのでしょうか?




華雄、いきなりの脱落、理由は?

関羽VS華雄完成

 

華雄「ぐわっはっは!!貴様ら、全て、ワシの一撃で葬ってやるわ!!」

 

ブブ――――――――ッ!!!

 

おおっと、いきなりの警告ブザーです、一体、どうした事でしょう?
ちょっと、待って下さい、ここで資料が入って来ました。

おっと、これはいけません、華雄は実は関羽に斬られていない、、

という衝撃の事実が発覚しました。
資料によると、本当の華雄は、董卓(とうたく)軍の胡軫(こしん)と

呂布(りょふ)の仲違いに振り回され、陽人の戦いで
孫堅(そんけん)の攻撃を受けて捕まり、縛り首にされた・・

これはいけません、華雄、本当は関羽と戦っていなかった!

それどころか、上司同士の喧嘩のとばっちりで死んだ可哀そうな人でした。

 

係員の手で強制退場させられます、イヤ―強そうだったのに残念。

 

関連記事:これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう)

関連記事:孫堅(そんけん)ってどんな人?「江東の虎」と群雄達から恐れられた孫策・孫権の父親

 

さらに紀霊将軍が脱落・・その理由は何と!

朝まで三国志

 

紀霊「ふん、ああいう偽物が、三国志演義には、多いものだ!!
どれ、文醜、顔良、貴様らまとめて、ワシの三尖刀で葬ってやる!
皇帝袁術(えんじゅつ)バンザイ!!」

 

さあ、自称、袁術軍、最強戦士紀霊、袁紹軍の二枚看板
顔良、文醜のコンビに、襲いかかる、凄い勢いだぞーーーー!!

 

ブブブーーーーーーーーーーーーッ

 

あーっと、また、ここで警告ブザーが鳴り響いたぞーー
ここで、資料が入ってきました、、、

なーんと!紀霊が関羽と打ち合ったというのは、

またもや、演義のフィクション、、
正史の紀霊は、徐州に劉備(りゅうび)を討伐に行き、

そこで呂布の仲裁を受けて軍を引き返し、以後は所在不明、、
おまけに、最期に張飛(ちょうひ)と打ち合い、斬られたも嘘・・

 

あーっと、、これはいけません、紀霊、本当は関羽と戦っていない、、
それどころか張飛にさえ斬られてもいないようです。

これはひどいねつ造だ、まさに殺られる詐欺です。

 

紀霊「うおおおおおーっ!!袁術血盟軍、ばんざーーーい!!」

 

紀霊将軍、絶叫虚しく、、係員の手によって強制排除されます。

いやーー残念、非常に残念です!!

 

関連記事:蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!?

関連記事:そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)

関連記事:実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介

関連記事:これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行

 

顔良、文醜と一騎打ちか?と思いきや・・

顔良&文醜

 

顔良「ふっふっふ、結局、残ったのは、拙者とお前だけか、、
袁紹(えんしょう)軍の双壁と呼ばれた我ら、ここで決着をつけようぞ!!」

 

文醜「プピプー―――!!!」

 

さあ、最期に残ったのは、袁紹軍の二枚看板、顔良と文醜だー
二人は、どっちが強いのか、これは見物だぞーーー!!

 

ブーブーブブーーーーー!!!

 

あーっとぉ!!ここで、まさかの警告ブザー、

今度の嘘つきは誰だ!!さあ、資料がやってまいりました。
文醜は、白馬・延津の戦いで、曹操(そうそう)軍の

荀攸(じゅんゆう)の計略にハマり、曹操軍の兵糧部隊を狙い過ぎて、

敵陣に孤立、戦乱のどさくさの中で、どこの誰とも分からぬ者に斬られる・・

おおーっと、ここでまさかの文醜までもが本当は関羽と戦っていない
という事が判明致しました。

 

しかも、混戦の中で誰に殺されたのかも分からない、これはキツイ、

三国志の密室殺人状態だったようです。

 

文醜「バーブー!チャーンチャーン!!」

 

文醜、必死に抗議しておりますが、駄目です、関羽に斬られていない以上
このバトルロワイヤルには、参加できません。
係員に引きずられて、会場を退場していきます。

 

関連記事:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる

関連記事:田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが無駄になった智謀の臣

関連記事:顔良と文醜の裏話、顔良って実はいい奴?

関連記事:三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない

 

関羽の噛ませ犬、最後の勝者は・・・

馬超フルボッコ02 関羽

 

おおーっと、と言う事は、コロシアムに残ったのは、顔良一人!!
そうです、顔良こそ、正史でも演義でも確かに、関羽に斬られた事が

唯一確認される人物なのです。

つまり、関羽に斬られた最強の咬ませ犬は、顔良に決定でーす!!

 

顔良「ほ、、ほーほけきょー!!!(泣)」

 

という事で、関羽の名をあげた、最強噛ませ犬対決、
華雄、紀霊、顔良、文醜で一番、強いのは誰という答えは、
顔良が、関羽の最強の咬ませ犬であるという事で決着しました。

 

それでは、皆さん、この辺で、さいなら、さいなら、さいなら!!

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

関羽は、三国志演義が登場する頃には、結構な神様になっていて、

その扱いも別格、一種のスピンオフである、関羽の千里行や、

曹操を赤壁で見逃す逸話など、見せ場満載な武将です。

 

また、関羽を殺す羽目になる呂蒙は、祟りで殺され、

その首を送られた曹操も、また亡霊に悩まされて死ぬなど

死んでからも面倒くさいキャラぶりがパワーアップしています。

 

今回は、そんな関羽の虚構と実像を交差させる為に、

こんな趣向を考えてみました。

 

本日も三国志の話題をご馳走様です。

 
関連記事:【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖

関連記事:【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった!

関連記事:そうだったのか!武器の特徴を知ると三国志の時代の戦い方が分かる!

関連記事:【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!!

 

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

 

関連記事

  1. 張飛
  2. 真田丸
  3. 劉備にアドバイスをする法正
  4. 関帝廟 関羽

    デザイン担当:よりぶりん

    関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法

    三国志の英雄関羽は死後、道教の神様として祀られました。…

  5. 呉蜀と魏に二股をかけている孫権

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP