楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん

范増は項羽に劉邦の抹殺を提案





劉邦おんぶ 優秀な人材

 

范増は項羽と共にこの話を聞いていました。そして項羽に「あなた様にとって劉邦はなんの利益にもならないばかりか、害になる存在です。ですから明日会見が終わった後、宴会を行い、その席上で劉邦を殺すべきです。」と進言します。

項羽は頷き「あなたの言うとおりにしましょう」と約束します。

翌日劉邦と張良が項羽の前に現れ、劉邦は項羽に対して必死に謝り、項羽も彼の言い分を認めます。

会見は無事終了し、その後運命の宴会が開始。

范増は宴会の時に何度も項羽に合図を送りますが、彼は無視。

范増は諦めず何度も合図を送りますが、項羽は気づかないふりをして劉邦と談笑する始末。

范増が提案した策は項羽に取り上げられず、項羽は天下を取る最大のチャンスを逃すことになるのです。




呂布にも優れた軍師、陳宮がいた

裏切り 呂布

 

呂布も優れた知略を持った軍師・陳宮(ちんきゅう)がいました。

陳宮は初め曹操に仕えておりましたが、彼は曹操の領地である兗州で反乱を起こした際、呂布を迎え入れ、仕える事になります。

兗州の戦いの時に陳宮は、呂布に様々な策を進言しますが、呂布は彼の進言を採用せず、独自の戦術で曹操と戦いますが、曹操にいたるところで敗北し、兗州を放棄する事になります。呂布と陳宮は兗州を放棄した後、徐州へ逃げ込みます。徐州の太守であった劉備は、呂布を快く受け入れ、小沛城を与えます。

呂布は徐州を巡って劉備と袁術が争っている隙をついて徐州を略奪。

徐州略奪後、曹操と劉備が連合して侵攻してきます。

陳宮は呂布に「迎撃に出るべきです。」と進言しますが、呂布は陳宮の作戦を取り上げず拒否。

呂布は曹操と劉備軍が下邳城を包囲した時に、出陣しますが、敗北に終わってしまいます。

陳宮は下邳城が包囲され、身動きできない状態を打破するため、呂布に策を進言しますが、彼は採用しませんでした。

そのため下邳城は陥落し、陳宮と呂布は捕縛されてしまいます。

陳宮の策を一つでも採用していたら、兗州の戦いや下邳城攻防戦の結末は変わっていたかもしれませんね。

 

関連記事:陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」

関連記事:陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「呂布編」

関連記事:曹操、陳宮の裏切りで兗州を呂布に奪われる!!




項羽と呂布の共通点その3:配下に裏切られてしまう

韓信 項羽

 

項羽は優れた軍師の意見を聞かずに天下を取り逃がしてしまいます。

天下を取れなかった原因その2は家臣の裏切りです。

項羽は身内にはすごく優しい人物でしたが、身内以外には厳しく恩賞も多くは与えない人物でした。

さらに優れた発言をしてもほとんど取り上げられる事はありませんでした。

韓信(かんしん)もその一人です。韓信は項羽の側近として仕えておりました。

彼は項羽に対して意見を述べますが、一切取り上げられる事はありませんでした。

 

韓信 PR

 

韓信はそのため、楚から脱走し、劉邦に仕える事になります。

同じ理由で、陳平も項羽に嫌気がさし、劉邦に仕えています。

さらに楚の重臣である黥布(げいふ)は、項羽から九江王の位を与えられ、領土をもらっていました。

黥布はもっと大きな領土を獲得するため、各地を転戦しながら実績を挙げますが、項羽からなんの恩賞ももらえませんでした。

そのことが不満となり、楚漢戦争末期に項羽の元から離れ、劉邦に味方する事になります。

黥布以外にも楚が不利になると次々と劉邦の元へ寝返る武将が多くなり、項羽は窮地に陥ります。

項羽は一時期天下最大の兵力と強さを兼ね備えていた君主でしたが、最後はわずか数百人の騎馬隊しかいなかったそうです。

このように名将や知将を用いる事をしなかったため、彼の元から離れていき、天下最強の武を有していても天下を取れませんでした。

 

関連記事:史上最高の天才将軍 韓信(かんしん)は性格にかなり問題あり?

関連記事:成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!

 

優秀な部下・高順の意見も取り入れない呂布

高順

 

呂布も同じです。軍師・陳宮の意見を取り上げず、曹操軍に敗北し続けています。

軍師の意見だけではなく、彼の元にいる優れた武将の意見も採用しませんでした。

陥陣営(攻めた陣を必ず落としていた事から着いたあだ名)の異名を持つ高順(こうじゅん)も呂布に意見するも取り上げられなかった一人です。

呂布は莒城の城主を降伏させましたが、独立勢力である臧覇により、莒城が陥落します。

呂布はこの報告を聞き、すぐさま出陣しようとします。しかし高順は「殿。莒城は険阻な場所にあり、攻めにくい場所であるため、攻め込むのは止めた方がいいでしょう」と進言します。しかし呂布は高順の意見を聞かず飛び出していきます。莒城は陥落する事無く、高順の予想通りの結末を迎えてしまいます。

 

呂布 あっけない 最後

 

呂布は他人の意見を全く聞かない事が災いして、下邳城攻防戦の最後は、配下に裏切られ、捕縛されてしまうのです。

呂布も人の意見を聞かなかったため、最後は配下の裏切りに遭い、曹操に斬られてしまう残念な結末を迎えてしまうのです。

 

悲劇の英雄 項羽1

 

項羽と呂布には優秀な配下が何人もおりましたが、配下の意見を聞いて採用しなかったため、配下に裏切られてしまう。

こんな悲惨な最後を迎えてしまった二人でした。

 

関連記事:高順(こうじゅん)ってどんな人?張遼と双壁を為す呂布軍の名将

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

関連記事:劉備と劉邦

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

今回は天下最強の誉れ高い項羽と呂布の二人を取り上げて見ました。

あんなに強かったのに、配下の意見を聞かなかったため、天下を取る事が出来ずに終わってしまった二人。

優秀な君主の家臣として軍勢を率いて戦っていれば、後世には天下最強の将軍として名を馳せていた二人に違いありません。

今回のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~♪

 

関連記事:「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:「楚」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




よく読まれている記事

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

兵馬俑 kawauso

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

黒田廉

■自己紹介:

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。

好きな歴史人物:張遼夏候惇文鴦

何か一言:好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

< 1

2

関連記事

  1. 呂雉(りょち)
  2. おんな城主 直虎
  3. 塩が途切れて白旗を挙げるイギリス海軍の帆船
  4. 解煩督 呉

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 海江田四郎
    • 2021年 1月 02日

    まったく同感です!
    項羽と呂布は武力が高い人物というだけでなく、おのおの有能な軍師(范増と陳宮)や有能な武将(英布と高順)を重んじないで自滅したという最期までそっくりですね!




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP