広告募集
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孔明の死後から三国志の統一までをザックリ紹介

この記事の所要時間: 738




劉備 黒歴史

 

吉川英治の小説の影響で、孔明の死後は、あっけなく終わる三国志。

ですので、三国志の最後は、司馬懿(しばい)の孫の司馬炎(しばえん)により統一されるという

事は知っていても、具体的なプロセスを知る人は案外少ないようです。

そこで、はじさんでは、三国志を知ったかぶりできる、孔明の死後から、

三国の統一までをポイントを押さえてザックリ紹介します。




ポイント1 名君だった曹叡がいきなりオカシクなる

孔明過労死

 

西暦234年、五丈原において、蜀の丞相、

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)が死去。

劉備(りゅうび)の唱えた、後漢の復活は絶望的になります。

これにより、国力最強の魏の三国志統一が実現するかに見えました。

 

 

曹叡

 

しかし、孔明の死で北伐の重圧から解放された魏の2代皇帝、

曹叡(そうえい)が突然にオカシクなります。

いきなり、巨大な宮殿の造営に乗り出し、民に重労働を課したり

兵士を一定数常備する為に、兵士の家柄同士の結婚を奨励し、

兵士以外の家に嫁いだ女性は離婚させて、再度、兵士の家に嫁がせるなど、

かなり強引な政策をします。

 

これにより孔明が死んだ、優位性は消し飛んでしまい、

魏の国力は疲弊するようになるのです。

 

関連記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

関連記事:【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!

関連記事:現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!!




ポイント2 魏の没落と共に、司馬懿が実力をつける

司馬懿 仲達

 

 

そんな中、西暦238年、遼東の公孫淵(こうそんえん)が、

魏についたり呉についたりの綱渡りの外交をしながら、

最後は独立するという事件が起きました。

曹叡は、司馬懿(しばい)を鎮圧軍として派遣し、

司馬懿は鮮やかな手腕で公孫淵を撃破して凱旋します。

 

これにより、司馬懿の名声はさらにあがりますが、

その為に、司馬懿は、野心を疑われ警戒を受けるようになります。

 

関連記事:公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自らの力を知らずに過信した男【遼東三代記】

関連記事:公孫康(こうそんこう)とはどんな人?虚を捨て、実を取り遼東に安寧をもたらした男【遼東三代記】

関連記事:公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になった男【遼東三代記】

 

ポイント3 曹叡死去、曹芳が即位し、司馬懿は退けられる

司馬懿

 

西暦239年、晩年は残念だった曹叡が重病に罹り、危篤になります。

子供のいない曹叡は養子で幼い曹芳(そうほう)を立てて、

皇族の曹爽(そうそう)と、重臣の司馬懿を後見役にして、

力を合わせて国を盛りたてるように遺言します。

 

当初は、司馬懿を立てた曹爽ですが、取り巻きから、司馬懿の勢いを

排除すべきだと進言を受け、司馬懿は太傅(たいふ)という名誉職を与えられ、

政治からは遠ざけられ軍事長官のような地位に押しやられます。

 

しかし、今、騒ぐのは得策ではないと判断した司馬懿は、

あえて争わず、黙って、この人事を受け入れました。

 

権力を握った曹爽は、大した事のない人物で、取り巻きの人士を

要職につけて、贅沢の限りを尽くし、魏はバブリーで

腐敗した時代に突入してゆきます。

 

ポイント4 司馬懿、曹爽一派をクーデターで倒し権力を握る

司馬懿

 

曹爽は、皇族らしい典型的な坊ちゃんで、政治的には無能、

しかもお人よしなので、政治は、取り巻きが動かす事になりました。

しかし彼の取り巻きの何晏(かあん)や李勝(りしょう)は、

文学論を戦わすだけで、政治的な手腕も、軍事の才能もありませんでした。

 

次第に自分の人気が落ちてきたと感じた曹爽は、西暦244年、

突如、蜀攻めを敢行しますが、蜀の名将、王平(おうへい)に防がれて惨敗します。

これにより、さらに人気が凋落した曹爽に、司馬懿が牙を剥きます。

 

用意周到な司馬懿は、「すでに私は年老いてしまいました」とばかりに

隠居して、病に伏せる演技をします(まさに司馬懿の芝居)

これに安心した曹爽は、西暦249年、取り巻きと皇帝、曹芳を連れて、

先帝、曹叡の墓参りに出て、都、洛陽を留守にしました。

 

司馬懿は、この機を逃さず、司馬師(し)・司馬昭(しょう)の

二人の息子を伴い洛陽に入り、武器庫を襲って武器を得、

さらに、洛陽に残る郭(かく)皇后を兵で脅して、逆臣曹爽を排除する勅命を得ます。

これを高平陵(こうへいりょう)の変(へん)といい、

このクーデターで曹爽以下、その取り巻きも、すべて処刑され、

魏の実権は司馬懿に握られます。

 

ここで、事実上、曹操が興した曹氏の天下は終了しました。

 

関連記事:【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは

関連記事:眼球が飛び出て死亡!強烈すぎる司馬師(しばし)のエピソード【はじさん臨終図巻】

関連記事:曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?

 

ポイント5 孫権、後継者問題でつまづき、多くの賢才を失う

孫権

 

蜀で孔明が死去し、魏では、司馬懿のクーデターが起きていたこの頃、

じゃあ、呉は万全だったのかというとそうではありませんでした。

 

孫権(そんけん)が、健康で長生きした結果、だれを後継者にするかで、

呉の家臣団が真っ二つに割れてしまったのです。

 

そんろは 孫魯班

 

 

孫権が最初に皇太子としていた、孫登(そんとう)は、孫権より先に病死、

その為に、孫権は次の皇帝候補を孫和(そんわ)と孫覇(そんは)から選ぼうとします。

当初は孫和が後継者で優勢だったのですが、孫権が優柔不断で、

扱いに差をつけないので、家臣の抗争が激化、双方を貶める讒言が飛び交い、

嫌気がさした孫権は、孫和も孫覇も選ばず七男の孫亮(そんりょう)を

後継者にします、これを二宮(にきゅう)事件と言います。

 

孫奉 孫奮

 

孫和は廃太子になり、孫覇は自殺に追い込まれ、陸遜(りくそん)のような

重臣まで流罪になり、屈辱の中で陸遜は憤死します。

ここで大勢の賢才が巻き添えで死ぬ事になり、呉は大きく弱体化します。

 

西暦252年、孫権は死亡し、孫亮が即位しますが僅か10歳でした。

その為に後見人が立てられ、政治の実権は、後見人に指名された、

太傅で大将軍の諸葛恪(しょかつ・かく)が握ります。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎ…
  2. 匡亭の戦いを図解で解説!袁術の華麗なる転落のプレリュード
  3. 三国志の時代にもいた遊侠(ゆうきょう)とはどんな人達のこと?
  4. 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の…
  5. 三国志でイラク戦争を考えてみようじゃないか
  6. 賈充(かじゅう)とはどんな人?司馬氏の地位確立と晋建国の功臣【晋…
  7. 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる
  8. 三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだっ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 秦の丞相・李斯が秦を救った!逐客令を認めさせるな
  2. 劉備の蜀攻略戦で活躍したのは武将ばかりではなく、みんな知っている○○があったから
  3. 木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?
  4. 髀肉の嘆(ひにくのたん)って何?劉備が嘆いた言葉とは?
  5. 晏嬰(あんえい)とはどんな人?孔明の好きな梁父吟を作った春秋戦国時代の名宰
  6. これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだった件 ライバルへの最期の言葉、劉備と曹操のイイ話 孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース38記事【1/23〜1/29】 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース9記事【7/25〜7/31】 【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして起きたの? 【お知らせ】はじめての三国志を常時SSL化しました。 【1周年記念】厨二病中年、石川克世とはどんな人物か?

おすすめ記事

  1. 三国志:前半戦のまとめその1(董卓登場まで)
  2. 鄭渾(ていこん)とはどんな人?民衆の利益を第一に考えた魏の行政官
  3. 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は?
  4. 陳登(ちんとう)とはどんな人?劉備や曹操に認められた大才の持ち主
  5. 中国四大美人も完璧ではないのです、欠点もあるんです(汗)
  6. 【曹髦編】三国最強の魏はなぜ滅びることになったの?
  7. 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【後半】
  8. 刑顒(けいぎょう)とはどんな人?三国志時代の曹植家に仕えていた執事

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP